レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

Vanden Plas Princess 1300Mk-II(4MT)


 
12P/年式不明/イギリス

英国の血統が受け継がれた極上の”小さな高級車”現る

またもバンプラの後期型が登録された。
今度はマニュアルミッションのドライバーズカー仕様だ。
 
第二次大戦前よりベントレーやロールスロイス等の高級車の内装やボディを請け負っていた名門コーチビルダー『バンデンプラ』社は、イギリス国内の自動車メーカーの統廃合によって、BMC(British Motor Corporation)より車両がリリースされることになった。
 
その流れで開発されたコード番号ADO16(Austin Drawing Office Project No.16)と呼ばれた車種が、一躍メジャーとなった『バンデンプラ・プリンセス』であり、1963年に発表された1100ccのMk-1と、1968年のマイナーチェンジでSU製ツインキャブの1300ccになったMk-IIが世界中の愛好家に今もなお親しまれている。
 
BMCミニとの共有部品の多い通称”バンプラ”は、本国では高級車ブランドとして位置付けられており、ロールスロイスのセカンドカーとして愛用されたり、ショーファードブリン(運転手付きの車)として使われていた事も多く、格付けの高いホテルのドアマンにもメルセデスよりも先にドアに手を掛け、ロールスと同じように丁寧な対応をされるなどの逸話も今だに語り継がれている。
 
それもそのはずで、コノリーレザーの手縫いの革シート、各所にマウントされたウォールナットのウッドパネル、床に敷き詰められた厚手のカーペット、後部座席用に備わったピクニックテーブル、車内の多くを覆ったモケット、見通しが良く広く感じるキャビン、積載量が多いトランク、最上の乗り心地を提供するハイドラスティックサスペンションなど、4mにも満たないコンパクトボディながらも、このサイズではあり得ないほどに贅の尽くされた仕様にパッケージングされているからである。
 
今回紹介するのは、マイナーチェンジ後の1300Mk-IIの4速マニュアル仕様だ。
前オーナーが本国より並行輸入してきたもののようだが、ずっと屋内で半完成品状態で保管されていたものを現オーナーが買い取り、レストアをしながら組み立てた個体だ。
 
なので、ボディにはサビや塗装の浮きのような腐食部分はほとんど見られず、とても40年以上前の個体とは思えないクォリティだ。
 
シートはオリジナルのままを保持するべく、あえて破れたままにしているが、エンジンも一発始動でアイドリングも安定し、吹け上がりも鋭く快調そのもの、ハイドラスティックサスペンションにも不具合はなく、フラットライドな乗り心地を提供してくれる。
 
そして、マイナーチェンジで1300ccにボアアップ&ツインキャブ化されたたMGベースのエンジンユニットと、フルシンクロ化した4速トランスミッションによって、1tを優に切った軽量ボディと相まって、ショーファードブリンカーとして大人しく乗るにはもったいないほどにスポーティーなテイストに感じる。
 
そんな英国の伝統と気品の詰め込まれたベビーロールスなら、いつもの街を駆け抜けるだけでも、血統正しいサラブレッドに跨った上流階級の気分を味わえるに違いない。
 

■外装

半完成品の状態で倉庫の奥で眠っていた個体を組み立てた状態なので、外装は目立つようなサビや塗装の浮きもなく非常にキレイ。磨きを入れればコンクールコンディションレベルだ。

■内装

シートに傷みが見受けられるが、オリジナルにこだわり、あえてそのままの状態を保持。天井やカーペット、ウッドパーツなどもリペア済で、当時の雰囲気を愉しめる。

■総評

一時抹消状態からレストアを施し、ゴム類も全て新品交換するなどしてパリッとした仕上がりになった本車両。後期型のツインキャブ4MTなので、小気味良いリズムで颯爽と街中をドライブするのもよし、冠婚葬祭などのフォーマルな場面で大切な人を乗せるのもよし、あらゆるシチュエーションにマッチしながらも、国産のエコカーやミニバンには無い、アイデンティティをしっかりアピールできる1台だ。ぜひ本車両で、40年以上前の当時のテイストを極上状態で味わってみてはいかがだろうか。
 

車両本体価格:2,376,000円(税込)

 
年式

年式不明

走行距離

距離不明

ミッション

4MT

車検

一時抹消状態 

現在色

ブリティッシュグリーン

元色

排気量

1275cc

ハンドル位置

乗車定員

5名

車体寸法

3,780×1,500×1,390 (mm)

車両重量

860kg

駆動方式

FF

使用燃料

プレミアムガソリン

装備

入手経路

中古並行

車両形式

不明

車体番号

228(下三桁)

エンジン形式

41

エンジン番号

メーター交換

あり(OH)

エアバッグ

なし

修復歴

不明

オーナー数

複数オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

済み

リサイクル券

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内


タイヤ

DUNLOP SP-4N

前:145/70 R12 後:145/70 R12

初走行:ー

ホイール

 純正

リム径 前:- J×12 後:- J×12

インセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

F:純正 R:純正

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

F:純正 R:純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:ーmm 後:ーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

F:純正 R:ー

アンダーコート

純正

ロ-ルケ-ジ

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

なし

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ー


 

エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

なし

コンディション

エンジン:良好

ミッション:良好

シャーシ:良好

電装系良好

その他良好(スピードメーターOH)

直近の走行時期:ー年ー月

点検時期2018年6

その他仕様詳細:ー

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■後期型

■内外装レストア済み

■ツインキャブ4MT

■程度良好

即走行可能

気になるポイント

■なし

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

極上のバンプラMk-II

最大のウィークポイントであるボディのサビや塗装の浮きなどの傷みが多い中、奇跡的にパリッとした仕上がりの個体が出てきた。ブリティッシュグリーンには十分なツヤもあり、アイアンやメッキパーツ、ゴム類に至るまで新車のようなクォリティだ。

斜め後ろ

ホンダFITやトヨタVitzなどのリッターカーよりもコンパクトながらも、おおよそ想像もできないような優雅な空間と乗り心地を提供してくれるが、その雰囲気を増幅してくれるような質感が未だに保たれている。

フロントビュー

僅か1530mmの全幅ながらも威圧感のあるバーティカルバー型グリルが配されたフロントビュー。

サイドシル

キレイなサイドシル。もちろん、目立つような腐食や凹んだ箇所は見当たらない。

ボンネット

光沢の保たれたボンネット。磨きを入れればもっと輝きそうだ。

フロントウインドウ

目立つような飛び石キズはない。ガラス周りのゴムもキレイだ。

ルーフ

十分な膜厚が保たれたキレイなルーフ。

サイドフォルム

ゴールドのコーチラインが高級車たる気品を引き立ててくれる。

フロントまわり

バーティカルバー型グリルをはじめとしたアイアンやメッキ系のパーツもご覧の通り、輝きを放っている。もちろん、目立つような飛び石キズなども見当たらない。

リヤまわり

筆記体のエンブレムまわりもワックスカス一つ無いキレイなリヤまわり。

マフラー

勇ましく乾いたサウンドを放つセンター1本出しのマフラー。

タイヤ&ホイール

タイヤはDUNLOP SP-4Nで、4輪とも145/70 R12。ホイールは純正。大きく目立つようなガリキズは無い。

フロントの下回り

ミッションケースカバーが目に入るフロントの下回り。気になるようなオイル滲みや凹みはない。

リヤの下まわり

40年前以上の個体とは思えないほどキレイなリヤからの下回り。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

MGのエンジンをベースとしたユニットは、SU製ツインキャブ仕様の1275cc 水冷4気筒OHVユニット。フルシンクロ化された4速マニュアルトランスミッションと1tを優に切る軽自動車並の軽量なボディと相まって、ショーファードブリン仕様の優雅な雰囲気ながらも、小気味良くリズミカルなドライビングを堪能できる。もちろん、始動性や吹け上がりも問題は無い。

ボンネット裏

インシュレータレスの純正ボンネット裏。

■インテリア

車内全景

ウォールナットやカーペット、天井はレストア済みなので、比較的パリッとした仕上がりの車内。使用感はあるものの、当時の雰囲気はうまく残した絶妙なレストレーション具合だ。

メーターまわり

ステアリングやメーター類もオリジナルのまま。埃っぽさやボロボロ感はない。

運転席床面

この年代の個体はほぼほぼ傷んでいる運転席床面は、ご覧の通りのキレイさ。

フロントドア

内張りの剥がれや浮きもない。

運転席

手縫いのシートはあえて張り替えずに純正本革のまま、オリジナル感やビンテージ感を大事にしている。

後席ドア

後席のドア内張りも浮きや剥がれはない。

後席

使用感のあまりない後席もオリジナルのまま。中のアンコもまだ十分残っているので、ハイドラスティックサスペンションと相まって、コンパクトカーとは思えない上質な乗り心地を提供してくれる。

ピクニックテーブル

助手席にも純正装備されたピクニックテーブル。もちろんキレイな状態。

天井

キレイに張り替えられた天井。もちろん目立つシミや汚れもない。

ダッシュボード

比較的キレイなダッシュボード。目立つような浮きやヒビは無さそう。

トランクリッド

歪みやヘコミの無いトランクリッド。

トランクルーム

十分な容量のトランクルーム。気になるようなシミや臭い、サビなどは無い。

付属品

当時の書類が入った唯一の付属品。

ブリッピング動画

ツインキャブの元気な様をご確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。