レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

CHEVROLET CORVETTE C5-R ver.(Z51)


CY25E/2001年/アメリカ

大排気量NAを自在に操りアメリカンレーサーを気取ってみる

米国を代表するスポーツカー、シボレーコルベットのC5型のZ51が登録された。
 
ゼネラルモーターが1954年にシボレーブランドでリリースしたコルベットは、C1から端を発し、2018年現在、C7まで進化を遂げ、フェラーリやランボルギーニと肩を並べるポテンシャルを有したスーパーカー的な立ち位置となっている。
 
また、モータースポーツの世界にも古くから参戦し、1958年にC1ベースのコルベットSSやスティングレイ・レーサーでの出走を皮切りに、翌年にはSCCAのプロトタイプカー選手権にエントリー、1960年にはナショナルチャンピオンを獲得している。
 
そのちょうど30年後の1998年、シボレーディビジョンはコルベットレーシングを立ち上げ、打倒ポルシェ911を目標にレース活動に復帰すると宣言。2000年にはC5コルベットベースのレーシングカー“C5-R”がル・マン24時間レースに参戦。FIA・GTレースのGTSクラスにて3位と4位を獲得、その後に行われたアメリカン・ルマン・シリーズ(AMLS)では第7戦についにクラス優勝を果たした。
 
翌2001年でも猛追が続き、デイトナ24時間レースでも総合優勝を達成。ル・マン24時間レースにおいても待望のクラス1-2フィニッシュを成し遂げ、AMLSのタイトルも獲得。2002年でも引き続きセブリング12時間レースやル・マン24時間レースでも1-2フィニッシュで上位を独占、その後のC6-Rへのモデルチェンジ後も、名だたるレースタイトルを総ナメにするほどの圧倒的な戦闘力で復活劇を遂げたことは記憶に新しい。
 
そのキーとなるマシン“C5-R”は、量産モデルのプラットホームやエンジンユニットなど主たるコンポーネンツをベースに、レーシングエクィップメントを装備するなどして仕上げられたものだが、パワーステアリングユニットやアーム類、オルタネーター、ウォーターポンプなど量産モデルのパーツも多数流用するなど、ベースとなったC5の量産モデルがいかに秀逸だったかを物語っている。
 
その多くの要因は、C4から大きく見直されたシャーシ性能だろう。
 
1997年に14年ぶりにフルモデルチェンジし、5世代目となったC5は、先代のC4から基本設計が一新され、セミモノコック構造から一体成型のフルモノコック構造への変更に伴う高剛性化をはじめ、空気抵抗低減のために直線的なフォルムから流線型のデザインに変更、ショートホイールベース&ワイドトレッド化による旋回性能のアップ、トランスアクスルレイアウトによる前後重量配分の均等化など、C4のネガティブな部分を徹底的に見直しつつ、リトラクタブル式のヘッドライトや楕円の4連テールランプ、ダブルウィッシュボーンにリーフスプリングを組み合わせた足回り等のコルベットらしい伝統的な要素は引き継ぎつつ、世界のトップレベルのスポーツカーを作ることを目標に掲げ、全面的にリファインしたのである。
 
その結果、それまでの直線番長的なイメージは、C5-Rによる華やかなレース戦歴で見事に払拭されたのである。
 
今回紹介するのは、大きく躍進したC5-Rをイメージしてモディファイされた個体となる。
 
ベースは2万キロ程度のミレニアムイエローのZ51を中古で手に入れ、ロールケージやコイルオーバー車高調、オーバーフェンダーなど、高剛性化や足回りの強化かから手をつけ、その後、C6のZ06に搭載されているLS7の7リッターOHVドライサンプV8エンジンユニットに換装、さらにハイカムやバルブスプリングなどエンジン内部にも手を入れつつ、ミッションやデフまわりまでC6用に換装。エキマニからエンドまでエキゾースト系もフルチューン、もちろんクーリング対策も抜かりない。
 
そうして仕上がったC5-R仕様のZ51は、富士スピードウェイのフルコースを結構なタイムで1時間ほど周回しても全く問題ないという。
 
今回は多忙につき、やむなく売却の運びとなったが、ストリートでもサーキットでも、本車両が威風堂々と走っている勇姿をぜひ拝ませていただきたい。
 
【外装】
REAL製のフルエアロとGTウイングで、嫌が応にも注目が集まるその出で立ちは、フェラーリやランボルギーニ以上に存在感を放っている。もちろん、大きく目立つようなキズやヘコミもなく、キレイな状態だ。
 
【内装】
高剛性化と軽量化が進んだ内装は、デフォルトのブラックレザーで覆われたグランドツアラー的な雰囲気は無く、フルバケットシートやロールケージなどのレーシングパーツに囲まれた空間は、使用感こそあるものの、レーシーな雰囲気は十分味わえる。もちろんエアコンも効く。
 
【総評】
C5-RをオマージュしたZ51は、ワイドボディ化やLS7エンジンへの換装などの大掛かりなチューンから、固定ヘッドライトユニットやリヤエンドのブラックアウト化などの細部の再現に至るまで、C5-Rにできるだけ近づくように1000万円以上を投じてチューンを進めてきた。静止状態でもかなりの威圧感だが、エンジンに火が入ると、その瞬間から周辺環境を一気にレーシーな雰囲気に変貌させてしまうような影響力の大きい個体だ。それでいて、街乗りレベルのような低速域からサーキットのような高速域まで柔軟かつ快適にドライブできる。C5-Rのようなロー&ワイドなマッスルボディと大排気量NAから放たれる強烈なパワーをあなたの手中に収め、名だたるスーパーカー勢を圧倒してみてはいかがだろうか。
 

車両本体価格:ASK

年式

2001年式

走行距離

不明(約30,000km)

ミッション

6MT

車検

切れ

現在色

ミレニアムイエロー

元色

排気量

6,997cc

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

ー/ー/ー(mm)

車両重量

ーkg

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

AC・PS・PW・ABS

入手経路

国内正規ディーラー車

車両形式

GF-CY25E

車体番号

77Y(下3ケタ)

エンジン形式

エンジン番号

メーター交換

あり

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

複数オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

リサイクル券

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内


タイヤ

F:NANKANG ULTRA SPORT NS-ll(ころがし用)

R:MAIRUN MR500(ころがし用)

F:285/30R18 R:285/35ZR18

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ーJ  後:ーJ

オフセット 前:ー mm 後:ー mm

PCD ー

ブレ-キパッド

不明

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

AP Racing製

ブレ-キキャリパ-

F:AP Racing製 6pod R:AP Racing製 4pod

ダンパー

ADVANCE AUTO製

スプリング

ADVANCE AUTO製

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

EXEDY製

フライホイ-ル

C6 Z06純正

ミッション

C6 Z06純正

レシオ:ー

ファイナルギア

C6 Z06純正

レシオ:ー

LSD

C6 Z06純正

イニシャルトルク:

エアクリ-ナ-

C6 Z06純正

エキマニ

社外製ロングチューブヘッダー

触媒

R32 GT-R純正

サイレンサー

ワンオフ

プラグ

不明

プラグコ-ド

C6 Z06純正

ラジエター

Ron Davis製

オイルクーラー

社外製

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

ロ-ルケ-ジ

6点式

ボディ補強

シート

RECARO

ハーネス

純正

エアロ・カウル

REAL製

消火器

あり

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量:ー L

その他

GTウイング

固定式ヘッドライト

ポリカネードリアガラス

オーバーフェンダー

社外ボンネット

モモステアリング

クイックシフト

レースパックメーター

ステンレスブレーキホース

ローテンプサーモスタッド

エンジンオイルクーラー

ミッションオイルクーラー

デフオイルクーラー

ハイボリュームオイルポンプ

燃料ポンプ

バッテリー車内移設(オデッセイ)


エンジン

LS-7 7000ccドライサンプユニット換装

LPE製 LS7用600HPカム

FERRER製 Wバルブスプリング

チタンリテーナー

補機類・ECU

現車合わせECU

競技歴

草レース数回あり

コンディション

エンジン:良好

駆動系:良好

シャーシ:良好

電装系:良好

足回り:良好

その他:ー

直近の走行時期:ー

点検時期:ー

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■2001年式

■LS-7ドライサンプエンジン換装

■ワイドボディ

■フルカスタム

■動態保存

気になるポイント

※写真を クリックすると拡大します。

■エクステリア

C5-Rをオマージュした1台

『事実上、初のフルモデルチェンジ』と言われたC5コルベットは、ドリキンこと土屋圭市氏も『C5コルベットなら、ドノーマルの状態で満足できる。アメ車史上最高』と高評価をしているほど、それまでの直線番長的なイメージが払拭されたモデルとなった。その契機となったのは、言わずもがな、ル・マンやデイトナ等の耐久レースで輝かしい成績を残したからこそ。そこで大活躍したC5-Rに近づけるべく、Z51ベースでフルカスタムされたのが本車両。よりロー&ワイドになったフォルムは、街中に居ることに違和感を感じさせるほどの凄みがある。

斜め後ろ

REAL製のフルエアロにオーバーフェンダー、そして大型のGTウィングでレーシーに決まったボディは、ミレニアムイエローとブラックに塗装されたリヤとの組み合わせで更なるスペシャル感を煽る。

フロントマスク

Cカーのように超ワイドで地を這うようなフロントマスク。

リヤビュー

C5-Rのリヤにするべく、本車両もブラックに塗装。一気にレーシーさが増している。

フロントマスク

かなり低めのフロントマスク。オーバーハングが短めなので、下を擦ることはあまりないそうで、目立つようなキズや割れはない。ナンバープレート部分の網は、エンジンオイルクーラーのダクト。

リヤビュー

今どきのセンサーやカメラは付いていないが、気になるようなキズや凹みはない。左右の下部にあるルーバー奥には、ミッションとデフのオイルクーラーがそれぞれ備わる。

ボンネット

ダクトが複数備わった軽量なFRP製エアロボンネット。

フロントウィンドウ

目立つような飛び石キズは見当たらない。

サイドフォルム

コイルオーバー車高調によってギリギリまで低められ、サイドシルスポイラーによってボリュームも増したサイドフォルム。

ルーフ

ルーフも色つやは申し分ない。

リヤウイング

小型のトランクリッドも装備したリヤハッチまわり。大型のGTウィングの角度は調整式のようだ。

タイヤ&ホイール

現在装着しているタイヤ&ホイールは転がし用で、純正18インチホイールに前後285幅のタイヤを履かす。成約時には、NEEZ製アドバンスオートオリジナルホイールAP60に、アドバンSタイヤを組んだものが1セット付属する。サイズはフロントが11Jで295/30ZR18、リヤも11Jの295/35ZR18。ブレーキはAP Racing製のフロント6pod、リヤ4podの大型キャリパー&ローターが装備されている。足回りは前後とも減衰力調整式のコイルオーバー車高調にコンバート済み。

下まわり(フロント側)

酷いオイル滲みや派手にヒットした跡は見当たらない。

下まわり(リヤ側)

ディフューザーとワンオフのマフラーが目につくリヤ側の下回り。

■エンジン・トランクルーム

ボンネット裏

酷く吹いたようなオイル跡やシミもないボンネット裏。

エンジンユニット

エンジンは、職人によって丹念に手組みされたオールアルミ製ドライサンプV型8気筒の427ユニット、すなわち6997cc OHV 2バルブのLS-7に換装した上で、ハイカムも導入し、現車合わせのECUでコントロールしている。それに伴い、C6用の純正ミッションとデフにも換装。カタログ公表値で511ps/6,300rpm、64.9kgf・m/4,800rpm以上の、C5-Rに勝るとも劣らないポテンシャルを有したパワーを得ている。もちろん、クーリング対策も抜かりない。

リヤハッチ

リヤハッチ自体はノーマルだが、リヤガラスはアクリル製にして軽量化。細かい線キズはあるが、後方視界に問題は無い。

リヤハッチ内

ハッチ内はカーペットも無く、ロールケージとエンジンルームから移設されたドライバッテリーが鎮座するのみ。

■インテリア

コクピット全景

必要最低限の装備のみで仕立てられたシンプルなコクピットながらも、エアコンユニットは生かしたままなので、夏場でも快適にドライブできる。

メーター

純正メーターの前のステアリングポストに、レースパック製のマルチファンクションディスプレイをマウント。ドット抜けもなく、視認性アップに貢献している。

ドア

ドアの内張りはノーマルのまま。パワーウィンドウは生きているが、開閉用のノブは除去し、スイッチで開閉を行う。

シート

運転席はRECARO製のフルバケットシートが備わる。目立つような破れやホツレは無い。

助手席側

シートレールの取り付け穴のみが残された助手席側。フロアカーペットも剥がされ、本格度が伺える。

消火器

助手席後方に消火器を設置。

天井

ロールケージが張り巡らされた天井。垂れや破れなどはない。

ブリッピング

地鳴りのように凄まじい咆哮を放つLS7のエキゾーストノートを確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。