レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

HONDA CIVIC TYPE R One Make Race Car(Race Base)


FD2/2008年式/日本

ワンメイクシビックRが奇跡の新車で見参!

本サイトでは4台目となるFD2のワンメイクレースカーが登録された。

 
1981年より25年以上にも渡って開催された伝統あるワンメイクレースは、2008年度からは『ホンダ・エキサイティングカップ・ワンメイクレース 〜シビック・シリーズ〜』として開催。その参戦車両として、当時のFF TYPE R史上最速を誇ったFD2型シビックType-Rをベースに、生産段階から極限まで軽量化が施され、ホンダのレーシングスピリットが脈々と継承されたワンメイクレース専用シビックが誕生した。
 
その車両を操るのは、国内でも指折りのアマチュアレーサーや、スーパーGTなどでも活躍するプロドライバー。僅かな隙を狙っては攻め、大きな賭けに挑み続けるという、極めてハイレベルな戦いを勝ち抜いた“シビック使い”だけがポディウムのセンターを占拠できるという、とてもエキサイティングで硬派なレースカテゴリだ。
 
同シリーズは2011年まで続いた他、『無限パワーカップ』や『もてぎチャンピオンカップレース』、現在では『もてぎEnjoy耐久レース』や『スーパー耐久』レースにも、一部の改良を加えれば参戦が可能な戦闘力の高い人気のマシンだ。
 
受注生産終了から10年が経った現在では、激しい戦いから役目を全うした個体がネット上に現れることがあるが、人気車種ゆえ、ボディやエンジンが使い込まれ、くたびれた個体が多いのも事実。
 
しかし今回紹介するのは、オドメーターは僅か4kmという、新車同様の個体が出てきたのである。
 
聞けば、2007年にスーパー耐久ST4クラスにてFD2でシリーズチャンピオンを獲得したニューテックで、翌年よりロールケージやスポット増しなどのフルボディ補強が施され、2009年に現オーナーの元に納車されてからはフリー走行すらしていないというレースベース車両。これまで動態保存状態で屋内に大事に保管されてきた超希少な個体だ。
 
スペースの問題で今回泣く泣く手放すそうだが、あとは好みの足回りや吸排気系等のレーシングエクイップメントを装備し、油脂類や消耗パーツを交換すればニューマシン状態で即参戦可能だ。
 
市販車をいくらチューンしても到達することのできない領域を有す生粋のハコのレーシングカーで、ホンダエンジンならではのレスポンシブルなフィーリングと抜けるような快音を響かせながら、自らに宿る潜在能力を呼び起こしてみてはいかがだろうか。
 
【外装】
市販車でも劣化してチョーキングが起こりやすい外装も、紫外線にほどんど当たっていないおかげでチャンピオンシップホワイトには十分な色ツヤが確認できる。
 
【内装】
ホワイトボディにしてスポット増しや溶接によるロールケージの組み込みが施されたフルボディ補強済みのレーシングボディは、内装も新車時のまま。ドンガラのセンターコンソールやドアの内張りなど、一部のFRPパーツの劣化も皆無だ。
 
【総評】
FF最速王者として君臨したFD2シビックタイプRは、NA最後のタイプRとして市販車のマーケットでも未だに人気のモデルだ。したがって、それをベースとしたワンメイクレースカーもクローズドモデルながらも世界的に人気は高い。しかし、新車のリリースから10年経った現在では、程度の良い個体が流通することは期待できないので、できるだけ程度の良さそうな個体を見つけ、手を入れて行くしかない。しかし本車両は、レースベースの新車にフルボディ補強が施されたのみの未走行車。エンジンのアタリすらついていないような個体だ。これから自分好みのスペックに仕立て上げ、まずは新車のレーシングカーの儀式であるシェイクダウンを愉しみにしてみてはいかがだろうか。
 

車両本体価格:ASK

年式

2008年式

走行距離

4km

ミッション

6MT

車検

現在色

チャンピオンシップホワイト

元色

チャンピオンシップホワイト

排気量

1,998cc

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

4540/1770/1430(mm)

車両重量

1160kg

駆動方式

FF

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

PS・PW・ABS

入手経路

国内新車

車両形式

FD2

車体番号

185(下3ケタ)

エンジン形式

K20A

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

ワンオーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

リサイクル券

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内


タイヤ

BRIDGESTONE POTENZA RE070(純正)

前:225/40R18 後:225/40R18

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ーJ  後:ーJ

オフセット 前:ー mm 後:ー mm

PCD ー

ブレ-キパッド

純正

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正(brembo) R:純正

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:

エアクリ-ナ-

純正

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

オイルクーラー

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

ロ-ルケ-ジ

JAF戦準拠(ニューテック)

ボディ補強

フルスポット補強(ニューテック)

シート

BRIDE

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量:ー L

その他


エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

なし

コンディション

エンジン:良好

駆動系:良好

シャーシ:良好

電装系:良好

足回り:良好

その他:ー

直近の走行時期:ー

点検時期:2018年

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■程度極上

■4km

■サーキット未走行

■フルボディ補強済み

■動態保存

気になるポイント

■なし

※写真を クリックすると拡大します。

■エクステリア

10年前の新車現る

市販車でも見ない新車状態の個体が奇跡的に売りたし登録された。オドメーターは僅か4kmで、エンジンすらアタリが出ていない状態。しかも一旦ホワイトボディにしてからフルボディ補強が施されている。ボディが重要なレーシングカーにとって、これほどありがたい状態の個体は今後は出てこないだろう。

斜め後ろ

マフラーやホイール、サスペンションやデフなど、見える部分から見えない部分まで、ボディ補強以外はレースベース車としてリリースされたままの状態が保持された状態。今後エントリーする見込みのレースカテゴリに合わせて必要なパーツを装備いただきたい。

フロントマスク

市販車同様のフロントマスク。

リヤビュー

リヤも市販車同様。

ボンネット

ボンネットピンすら付いていないノーマルのボンネット。

フロントウィンドウ

もちろん飛び石キズも見当たらない。

サイドフォルム

ノーマルサスペンションゆえに見た目もノーマル然としたサイドフォルム。

ルーフ

チョーキングを起こしやすいルーフも色つやは十分。

リヤウイング

トランクリッドやリヤスポイラーもノーマル同様。

タイヤ&ホイール

タイヤは市販車の純正同様のPOTENZA RE070で、サイズは4本共に225/40R18。ホイールも純正。

下まわり(フロント側)

オイル滲みやガリ傷すらないフロント側から見た下まわり。

下まわり(リヤ側)

足回りのアーム類やエキゾースト系もピカピカのリヤ側から見た下まわり。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

エンジンは市販車のFD2と同様で225ps/8,000rpm、21.9kgf・m/6,100rpmを誇る2L DOHC i-VTECの名機K20Aユニットを搭載。実走4kmという新車レベルの状態故に、これからチューンを進めるにしても、十分な慣らし走行を行いたい。

トランク内

トランク内もカーペットも無いドンガラ状態。水が溜まった跡もない。

■インテリア

コクピット全景

エアコンユニットやナビゲーションモニタなどはもちろん、センターコンソールやシフトカバーやなども省かれ、必要最低限の装備のみで仕立てられたシンプルなコクピット。

メーター

純正のタコメーター下に記されたオドメーターは奇跡の4km。市販車の新車でももう少し走行距離は多いはず。

ドア

ドアの内張りもノーマルのまま。パワーウィンドウも生きている。乗降時に付きがちなヒールキックの跡すらない。

シート

運転席はBRIDE製のフルバケットシートが備わる。使用感はほとんどない。

ペダル

操作性の高そうなABCペダル。右端には、溶接されたロールケージやエアジャッキのケースも確認できる。

リヤ空間

隙間なく溶接で這われたフルロールケージ。

天井

鉄板むき出しの天井にもロールケージが隙間なく這っている。

ボディ補強(その1)

一旦ホワイトボディ化し、JAFの規定に沿ったフルロールケージの設置やフルスポット増しを隅々まで施している。

ボディ補強(その2)

バルクヘッド周辺など、細かなピッチでスポット増しが施されているのが確認できる。

ブリッピング

新車の雰囲気漂う慣らし前のK20Aのエキゾーストノートを確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。