レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

HONDA S2000 Super Taikyu Spec.


 
AP1/1999年/日本

ホンダイズムが宿るFRオープンスポーツをレースカーで攻める贅沢

 
S2000の初期モデルのレーシングカーが登録された。
 
S2000は、ホンダの50周年記念モデルとして満を持して1999年にリリースされた、S800以来のFR駆動のリアルオープンスポーツカーである。
 
NSXと同じ高根沢工場で生産を開始したS2000は、2リッターNAで250psの高出力と8900rpmからレッドゾーンという高回転型F20C型VTECエンジンをはじめ、超ショートストロークの6速マニュアルミッション、オープンボディながらクーペ並みに高剛性のハイXボーンフレーム構造、50:50の理想的なレイアウトなど、そのほとんどが専用設計されたという、国内の量産モデルとしては珍しくかなり攻めた造りのスポーツカーだった。
 
ホンダイズムの結晶とも云うべく、多くのクルマ好きを唸らせるような仕様でスタートした故に、その後は幾度となくマイナーチェンジを繰り返し、2005年には2.2Lに排気量がアップされるなど、次第にマイルドかつ万人受けしやすい特性へと変化していき、フルモデルチェンジを迎えることなく、2009年のAP2後期モデルで生産終了となった。
 
しかし、モータースポーツの世界では、その尖った仕様が注目され、ホモロゲーションモデルやレースベースの生産無しに、国内外のレースで活躍する個体を多く見ることとなった。
 
今回紹介する個体は、まさにそういったレースにエントリーしていたレーシングモデルのS2000である。
 
某チューニングメーカー保有のS2000を譲り受け、現在のオーナーの元でメンテナンスされた本車両は、AP1のいわゆる100系といわれる超初期モデル。全モデル中、最も軽量で最もピーキーと言われ、アルティメットモデルともいわれた本車両は、2011年にアニメ『インフィニット・ストラトス』とコラボレーションし、スーパー耐久レースに参戦。一躍、“時のレースカー”となった個体だ。
 
その後もいくつかの耐久レースにエントリーし、2017年の初頭まで快調にサーキットを走行していたが、車両整理のため、この度売却の運びとなった。
 
ホンダが本気で造った乗り手を選ぶFRスポーツカーを、今度はあなたの腕で調教してみてはいかがだろうか。
 
 

■外装

今まで数々のアニメのラッピングが施された本車両は、15年以上も前の個体ということもあり、キズや凹みは少なくないが、致命的な箇所は見当たらないので、ラッピングを剥がし、軽く磨いただけでもまだまだいけそうな雰囲気はある。

■内装

さすがに内装は使い込まれた感が否めないが、丁寧にクリーニングを施せば、レーシングカーたる特別な空間に鼓動が高鳴るはずだ。

■総評

当時のホンダF1のピストン形状とほぼ同形状で開発されたともいわれている超高回転型のVTECエンジンを搭載したAP1-100系のS2000だが、まるでイギリスのバックヤードビルダーが造ったような本格的スポーツカーらしいピーキーな部分を延長した結果、レーシングカーたるテイストに至ったという個体が本車両といえる。しかし、そのテイストはサーキットでは水を得た魚のように全てのパフォーマンスを発揮しやすい仕様だ。そんなコンペティティブなS2000で、真のポテンシャルを限界まで引き出してみてはいががだろうか。
 

車両本体価格:4,404,000円(税込)

年式

1999年式

走行距離

30,000km

ミッション

6MT

車検

現在色

ホワイト

元色

排気量

1,997cc

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

4,135×1,750×ー (mm)

車両重量

1150kg

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛ハイオクガソリン

装備

PS・PW・ABSなど

入手経路

正規新車

車両形式

GH-AP1

車体番号

ー(下三桁)

エンジン形式

F20C

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

あり

オーナー数

複数オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

栃木県

保管方法

屋内


タイヤ

F:YOKOHAMA ADVAN A050(M)

R:YOKOHAMA ADVAN

前:215/45 R17 後:240/640 R17

初走行:ー

ホイール

RAYS G07WT

リム径 前:ーJ×17 後:ーJ×17

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

F:エンドレス R:エンドレス

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

STOテクニカルレギュレーションに準拠

ブレ-キキャリパ-

STOテクニカルレギュレーションに準拠

ダンパー

TEIN

スプリング

TEIN

バネレート:前:ー 後:ー

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

STOテクニカルレギュレーションに準拠

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

エクセディ

フライホイ-ル

STOテクニカルレギュレーションに準拠

ミッション

STOテクニカルレギュレーションに準拠

レシオ:ー

ファイナルギア

STOテクニカルレギュレーションに準拠

レシオ:ー

LSD

STOテクニカルレギュレーションに準拠

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

STOテクニカルレギュレーションに準拠

触媒

サイレンサー

STOテクニカルレギュレーションに準拠(ワンオフ)

プラグ

STOテクニカルレギュレーションに準拠

プラグコ-ド

STOテクニカルレギュレーションに準拠

ラジエター

STOテクニカルレギュレーションに準拠

マウント・ブッシュ

サス:STOテクニカルレギュレーションに準拠

エンジン:STOテクニカルレギュレーションに準拠

デフ:STOテクニカルレギュレーションに準拠

ミッション:STOテクニカルレギュレーションに準拠

メンバ-・ロッド

STOテクニカルレギュレーションに準拠

ドライブシャフト

STOテクニカルレギュレーションに準拠

タワーバー

STOテクニカルレギュレーションに準拠

アンダーコート

なし

ロ-ルケ-ジ

STOテクニカルレギュレーションに準拠

フレーム修復歴

あり

ボディ補強

STOテクニカルレギュレーションに準拠

シート

BOMEX製

ハーネス

エアロ・カウル

STOテクニカルレギュレーションに準拠

消火器

あり

使用期限:切れ

点検検査日:ー

燃料タンク

STOテクニカルレギュレーションに準拠

使用期限:切れ

容量: ーL


 

エンジン

STOテクニカルレギュレーションに準拠

補機類・ECU

STOテクニカルレギュレーションに準拠

競技歴

2011年スーパー耐久レース参戦

2016年エンジョイ耐久レース参戦

2017年大沼7時間耐久レース参戦

コンディション

エンジン:要メンテナンス

ミッション要メンテナンス

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2017年1月

点検時期2017年1

その他仕様詳細

 

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■1999年式

■AP1-100系

■30000km

■S耐スペック

■動態保存

気になるポイント

■なし

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

走りを極めたアルティメットモデル

『タイプR』シリーズでもなく、レースベース車両でもない量産モデルで、レーシングカーとして戦ってきた本車両。街乗りレベルではピーキーといわれた100系の初期モデルだが、サーキットが主戦場となれば話は別。水を得た魚のようにその特性が活きてくる。小キズや凹みは少なくないが、それは15年以上も前から走り込まれてきた証。そこまで長年に渡って現役のように走れるレーシングカーもなかなか無い。それほどのポテンシャルを秘めているのが本車両なのだ。

斜め後ろ

オープンモデルから軽量なハードトップを被せ、更にCピラーから後端までをクーペのようなフォルムにしたことで、剛性面や空力的な効果が見込めるようだ。

フロントマスク

やや黄味がかったヘッドライトが月日の経過を感じるが、社外製のエアロバンパーやボンネットによって、レーシングカーたる押し出し感はまだまだ健在だ。

リヤビュー

クーペモデルようなスタイルとなったリヤビューからは、ノーマルのシンプルな面影はなく、戦闘的なスタイルと化している。

サイドフォルム

ロングノーズ&ショートデッキのオーソドックスなFRスポーツカーたるフォルム。

フロントウインドウ

長年に渡って付いた飛び石キズは多いが、致命的となるような箇所は無さそうだ。

ボンネット

多くのルーバーが設けられたカーボンボンネット。熱による焼けが一部あるが、走行には問題無い。

ルーフ

脱着可能なハードトップ。見苦しいようなヒビや剥げは無い。

フロントまわり

飛び石キズやタイヤのカーカス跡はもちろん、エアロの傷みや剥げも多少あるが、使用にはまだまだ耐えうるレベル。

リアまわり

多少のキズや凹みはあるものの、目に余るようなものはない。

マフラー

ステンレス製のワンオフマフラー。熱を排出しやすいように、テールに触媒を内蔵させている。

タイヤ&ホイール

タイヤはフロントがADVAN A050の215/45 R17で、リアがADVANスリックのWet用で240/640 R17。ホイールはRAYS G07WT。大きく目立つようなガリキズは無い。

フロントの下回り

フロントの下回りはアンダーカバーで覆われており、激しくヒットしたような跡や、目立つようなオイル漏れの跡などは見られなかった。

リアの下まわり

多少のサビがあるのは経年車ゆえだが、その割にはクリーンな方だ。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

1997ccの直列4気筒DOHC VTEC F20C型エンジンは、最高出力250ps/8,300rpm、最大トルク22.2kgm/7,500rpmを発する高回転型のNAユニット。ローレシオ化された6速マニュアルミッションとリニアなアクセルワークを実現するDBWによって、街乗りレベルでもかなりスポーティーなテイストだが、本車両はS耐のレギュレーションに準じたチューンではあるものの、その戦闘力は未だに同排気量NAの現行他車種にも引けをとらないほどのパフォーマンスを発揮する。

ボンネット裏

激しく噴いたようなオイル跡は無い。

■インテリア

コクピット

この十数年の間、何人ものレーサーがドライブしたであろう使い込まれたコクピット。故に擦れやテカリは年式相応にあるが、それはドライビングに集中できる雰囲気があったり環境があるからこそ。

メーターまわり

ノーマルメーターの前に据えられたAIM製のデータロガーを中心に、ファンやポンプなどを作動させるスイッチ類でレイアウトされたメーターまわり。

トランクリッド

リアに被せてあるFRP製のフードを外すとアクセスできるノーマルのトランクリッド。凹みや歪みは無い。

トランクルーム

トランクリッドを開けるとそこにはS耐のレギュレーションに準拠した安全タンクが鎮座する。期限は切れているが、年初めの草レースでも使用に問題は無かったようだ。

ドア

ドアはノーマルのまま。ドア落ちもない。

天井

無線用の穴が開けられているが、ふさがっているので雨でも問題無い。隙間なくロールケージが張り巡らされている。

シート

BOMEX製のフルバケットシートを装備。サイドサポートの擦れや色褪せはほとんど無く、比較的キレイ。ハーネスは自身で用意の事。サイドシルが厚く、サイドバーもあるものの、ステアリングが跳ね上げ式なので乗降性はかなり良い。

リア空間

Bピラーより後方はハードトップを被せた状態で、幌が収納される部分も含め、ロールケージが這っている。

ペダル類

ノーマルのABCペダルのまま。

ブリッピング音

F20CのS耐スペックVTECサウンドをお聞きいただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。