レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

M2 1028 Full Tune Ver.


 
NA8C/1994年/日本

オトナ仕様のフルチューンドコンプリートカー登場!

マツダの子会社『M2』社が生んだコンプリートカー、『1028』が登録された。
 
NA6Cベースに開発された『1001』『1002』に続き、3番目に開発された『1028』は、『ストリート・コンペティション』と銘打たれたNA8Cベースのメーカー純正チューンドカーだ。
 
1994年2月に300台限定でリリースされた同車は、乗り出し価格が300万円オーバーなのにも関わらず、即完売という非常に魅力的にパッケージングされた個体であった。
 
その内容は、ハイコンプ化エンジン、ハイカム、等長ステンエキマニ、専用ECU、10点式アルミ製ロールケージ、デタッチャブル軽量ハードトップなど、エンジンから足回り、内外装、軽量化など多岐に渡る。
 
それもそのはず、M2社では『走る楽しさ』と『いじる楽しさ』を集約し、ありそうで無かった本格FR2シータースポーツカーを自動車愛好家に知らしめたかったのである。
 
しかし、そんなコンペティティブな個体をさらなる高みへ昇華させた個体が今回登録された。
 
見た目はM2 1001風のドレスアップカーだが、インテグラタイプR用ピストンを流用した2000ccボアアップエンジンをはじめ、ビッグスロットル、大容量インジェクター、NB4用ECU等でフルチューン、足回りは全長調整式車高長、超軽量アルミ、強化スタビ、追加補強バー等、さらに追加メーターやサブウーファー、デッドニングなど、フルレストア状態で現在まで手を入れ続けてこられた個体だ。
 
スペック的にはレーシングカーやショップのデモカーに近い状態ながらも、エアコンをNB2用に換装し、夏の渋滞でも快適に走れる柔軟性も持ち合わせているという、まさに贅沢三昧な仕様だ。
 
今回、引っ越し先の置き場所の関係でやむなく売却する運びとなったが、ただでさえ現存する個体が少ない中で、これだけ完成度が高く、状態の良い個体はほぼ無いに等しいと思われる。
 
決して高い次元の走りでなくても、エンジンの鼓動や路面状況など、五感をフルに刺激しながら意のままに操舵してみてはいかがだろうか。
 
 

■外装

ブルーブラックのボディカラーは6年前にウレタン塗装によるオールペイントが施されており、20年以上前の個体とは思えないツヤ感と膜厚感を保っている。もちろん、塗装の退けやサビ、スポイラー系の目立つような割れもなく、ボロボロ感やヤツレ感は皆無だ。

■内装

元々のネオクラシカル的な雰囲気を活かしつつ、メーター周りやシート、内張り、電装系など、最新鋭のものに換装するなどして、ショップのデモカーのような仕上がりだ。

■総評

エンジンはピストンやコンロッドまで手の入ったフルチューン、足回りやボディもレーシングカー並に高剛性化され、いわゆるNAのカリカリチューン的なイメージで、始動するのも走らせるのも一癖も二癖もある個体だと思って望んだ本車両は、いい意味で大きく裏切られた。というのも、始動こそ若干キャブ車っぽい雰囲気だが、一旦火が入りさえすれば『ちょっとコンビニまで』みたいな乗り方はもちろん、高速道やサーキットのようなハイスピード域や加減速を繰り返すようなシチュエーションでも姿勢や水温は終始安定。そしてひとたびアクセルに力を込めれば、アンダー2リッターNAとは到底思えぬトルク感を伴う伸びのある加速と重厚感あるエキゾーストノートが響く。それでいてボディ剛性の高さが効いているのか、乗り心地は予想以上にしっとりしている。もちろん、エアコンはガンガン効き、隅々までデッドニングされた車内はクラッシックのような繊細な音楽だって快適に堪能できるという。もう一台新車が購入できるほど費用はかかったようだが、ほぼ全ての部分に手を入れたことで、本気でも楽しい、流しても楽しい、クルマ好きが好む真のオールマイティな1台としてほぼコンプリートさせたようだ。そんな超希少で完璧とも言える本車両は、クルマ好きやスポーツカー好きと自負する方であればあるほど、自身の車歴の中では絶対に外せない1台となろう。
 

車両本体価格:ASK

年式

1994年式

走行距離

118,000km

ミッション

5MT

車検

平成31年5月 

現在色

ブルーブラック

元色

ブルーブラック

排気量

2000cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

3,950×1,670×1,210 (mm)

車両重量

1000kg

駆動方式

FR

使用燃料

プレミアムガソリン

装備

AC・ETC・ナビ

入手経路

正規新車

車両形式

E-NA8C

車体番号

759(下三桁)

エンジン形式

BP

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

複数オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

済み

リサイクル券

預託済み

現所在地

東京都

保管方法

屋内


タイヤ

BRIDGESTONE POTENZA RE-71R

前:195/55 R15 後:195/55 R15

初走行:ー

ホイール

 Weds Sports TC-105N

リム径 前:7J×15 後:7J×15

インセット 前:35 後:35

ブレ-キパッド

F:社外製ストリート用 R:社外製ストリート用

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

F:後期用大径スリットローター R:後期用大径スリットローター

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

バーディークラブ全長調整式車高調ジュニアスペック

スプリング

バーディークラブ

バネレート:前:8kg 後:6kg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

NBターボ用純正

パイプ径 前:φ23mm 後:φ14mm

クラッチ

エクセディ製ウルトラファイバータイプ

フライホイ-ル

マルハ製軽量タイプ

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:4.1

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

シルクロード製(4-2-1タイプ)

触媒

マグナフロー製スポーツ触媒

サイレンサー

インテグラル神戸製N1スペックver.lll

プラグ

トラスト製レーシングタイプ

プラグコ-ド

ULTRA製ブルーコード

ラジエター

マルハ製2層タイプ

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

F:どーだタワーバー R:補強バー

アンダーコート

NB用純正

ロ-ルケ-ジ

アルミ製純正10点式+サイドバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

あり(渚オート製がっちりサポート、純正アンダーバー、サブフレームステンレスカバー&溶接補強、NBトンネルガゼット補強、リジカラ、ドアパネルダブテイル等)

シート

BRIDE lll

ハーネス

KTS製

エアロ・カウル

純正+ハンドレッドワン1001フロントバンパー

消火器

なし

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: 45L


 

エンジン

NB2可変バルタイBP-VE2000cc仕様(DC5用86φK20ピストン、EX側256°ハイカムシャフト、ダイナミックバランス、バルブすり合わせ、段付き修正、サージタンク研内側研磨、純正クランク&カムアングルセンサー交換)

補機類・ECU

NB4最終型ECU(※別売:Megasquirt製MS3フルコンピューター&ノートPC)

SKUN2製64mmビッグスロットル

サード300cc 12ホールインジェクター

競技歴

不明

コンディション

エンジン:良好(純正クランク&カムアングルセンサー&プラグ:2017年12月交換)

ミッション:良好(クラッチ:2017年6月交換)

シャーシ:良好(タイヤ:2017年8月交換・キャリパー2017年5月OH)

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2018年2月

点検時期2018年2

その他仕様詳細

〈外装〉

朝日ガラスクールベール合わせぼかしフロントガラス

1028専用軽量ハードトップ(リヤウィンドウはガラスに交換)

リヤスポイラー

マジカルレーシングリアルカーボンミラー

HID(ヘッドライト&フォグランプ)

フロント&リヤアンダーリップ

〈足回り〉

ナックルサポート

ハブ4輪交換

純正ステアリングラック交換

ニーレックス製ステアリングラックスタビライザー

NBターボ用強化スタビライザー(前後)

〈シャーシ補強〉

純正アンダーバー

〈エンジン〉

70φアルミインテーク

シリコンホース

オルタネーター

セルモーター

NB2用エアコン

オイルキャッチタンク(PCV側とインテーク側の2系統)

オイルフィルター右側フェンダー内移設

オイルクーラー

〈インテリア〉

ナルディガーラ3ステアリング

MAZDASPEEDフルスケールメーター(緑/青切り替え)&ELバックライト照明

NB用カーペット

ゴリラポータブルナビ

コムテックスピードレーダー

カロッツェリアDSP付DEH970DINユニット

KENWOOD4チャンネル外部アンプ

パイオニアサブウーハー

ロックフォードコアキシャル16.5cmスピーカー

PIONEER3ウェイリヤスピーカー

トランク・フロア・ドアその他デッドニング済

その他多数

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:テンパータイヤ1本

ホイール:ー

その他:純正ロールバーパッド・ヘッドライトカバー(左側)他

アピールポイント

■1994年式

■300台限定

■フルチューン

■フルレストア

■程度良好

即走行可能

気になるポイント

■なし

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

オトナ仕様のフルチューンスペック

フルチューンと聞くと、実用性の低い個体と思われがちだが、既に20年以上前の内外装とは思えないキレイな仕上がりと、腰下まで手の入ったエンジン、サブフレームレベルから強化されたシャーシ、そして快適性までも追求されたキャビンなど、街乗りでも普通に使えるオトナ仕様として仕上がっている。もちろん、サーキットも攻められるポテンシャルを有した柔軟性の高い贅沢な仕様だ。

斜め後ろ

現オーナー氏は7年ほど所有しているとのことだが、その間に、内外装や機関・電装系・駆動系などのチューンやレストアの他に、パッキンやホース類などの劣化しやすいゴム類の交換など、思いついたことはほぼ全て行ったとのこと。そう考えると、限定300台のうち、どれだけの個体が現存し、程度良好かを鑑みるに、本車両は限りなくトップレベルに位置するクォリティだと断言できる。

フロントマスク

鼻っ面が重たいリップスポイラーに開口部の小さい純正のバンパーから、軽量で開口部の広い1001仕様のバンパーにコンバート。機能的なバージョンアップの他に、限定車たる面構えになって満足感も高い。

リヤビュー

オーバーフェンダーを装着し、フロントに20mm、リアに10mmのスペーサーを噛ませ、ツライチに張り出したタイヤがワイド感を助長し、迫力が増している(車検時にスペーサーは外す必要があります)

ボンネット

6年前にウレタン塗装が施されたボディは、熱を帯びて劣化しやすいボンネットもご覧の通り、膜厚感の高いツヤが保たれている。磨きを入れれば更なる光沢を放つことは間違いないほど豊かな厚みのある塗装だ。

フロントウインドウ

紫外線を大幅カットするクールベール製に換装されたフロントウィンドウ。グラデーション状に入った上端の青みも、眩しさを軽減するのはもちろん、ネオクラシック的な雰囲気を演出するのに役立っている。

ヘッドライト

リトラクタブルヘッドライトももちろん稼働する。フォグと共にHID化し、夜間の視認性を向上させている。

ルーフ

艶感のあるキレイな純正の軽量デタッチャブルハードトップ。

フロントまわり

目立つような飛び石キズなどは見当たらず、非常にキレイなフロントまわり。

リアまわり

バックソナー等は無いが、目立つ様な凹みやキズは無い。1028のエンブレムが誇らしげだ。

フロントまわり(その2)

左のヘッドライトカバーはダクト付きに変更。そしてフロントコンビネーションランプのウィンカーもクローム球にし、塊感を出している車検時は普通の球に戻す必要があります)

リアまわり

リアウィンドウはガラス製に交換。アンテナはS2000用のものを流用している。

サイドミラー&オーナメント

純正のビタローニ製は視認性に難があるとのことで、台座だけそのままに、マジカルレーシング製のリアルカーボンミラーに換装。飛躍的に視認性はアップした。

フィラーキャップ

アルミ無垢のフィラーキャップを装備。その周りの受け側もリベットが打ち直され、キレイに仕上げられている。しかもオーナー自作というから驚いた。プロっぽいクォリティだ。

マフラー

最近交換したというシンプルな形状のマフラーはインテグラル神戸製のN1スペックver.lllで、4本目とのこと。その手前にはマグナフロー製のスポーツ触媒も装備。腐食や凹みは無い。

タイヤ&ホイール

タイヤはポテンザRE-71Rで、4輪とも195/55 R15。昨年夏に交換したばかりだ。ホイールはウェッズスポーツ製のTC-105N超軽量アルミホイールで7J×15大きく目立つようなガリキズは無い。ちなみに、ブレーキキャリパーはOH済みで、パッドも最近新品交換済み。スリット入りの大径ローターは、ベルハウジングが赤く塗装され、足下のアクセントになっている。ワイドトレッドになって傷みやすいハブも交換済みだ。
 

フロントの下回り

アンダーカバーで覆われたフロントの下回りは、激しくヒットしたような跡や、目立つようなオイル漏れの跡などは無い。奥に見える赤いパーツは、下回りに入り込んだエアをスムーズに左右後方に流す整流板。

リアの下まわり

年式の割に非常にキレイなリアからの下回りの眺め。よく見てみると、車高調やスタビライザー、その周辺のピロリンクなども確認できる。その他、剛性感が足りないと言われている部分を補うべく、サブフレームの溶接補強をはじめ、がっちりサポートによるフロントメンバー補強、リジカラによるボディ補強など、徹底的に剛性を高めている。もちろん、ロールケージやアンダーバーなどの純正の剛性アップパーツも活かされている。

フロントの下回り(その2)

本モデルの唯一の弱点とも言えるエンジンオイルのフィルター交換のしにくさが挙げられるが、本車両は右フロントフェンダー内に移設。極めて簡単に交換できるようになっている。

リアの下まわり(その2)

バーディークラブ製の全長調整式のレーシングスペック車高調やNBターボ用の強化スタビライザーなどが確認できる下回り。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

1839ccの水冷直列4気筒DOHCのBPベースのエンジンユニットは、バランス取りされたハイコンプピストンや256度のハイカム、専用ECU等で、ノーマル比10psUPの最高出力140ps/6500rpm、最大トルク17.0kgm/5000rpmを誇るメーカー純正のチューンドユニットだが、本車両は、NB2の可変バルブタイミング機構を有すBP-VE型エンジンユニットをベースに、軽量なDC5インテグラ用のK20Aピストンを流用。カムシャフトはIN側は純正のままだが、EX側は戸田レーシング製の256°に、ダイナミックバランス、バルブすり合わせ、段付き修正等が施された2000ccのフルチューンエンジンと化している。その他にも、シルクロード製ステンエキマニや、サード製300cc12ホールインジェクター、純正クランク&カムアングルセンサー交換など、フルチューンレベルながらもNB4最終型のECUで制御することにより、冷感始動から街乗りはもちろん、高速からサーキット走行まで幅広く柔軟に対応する。しかも、オプションでMegasquirt製MS3フルコンピューターも装備。手元のノートパソコンで各種セッティングが可能で、オートプログラムも付いたスグレもの。今後、Dジェトロ化したり、4連スロットル化した際も制御可能だ。もちろん、フルコン制御の方が更にパワー&レスポンスアップするのは言うまでもない。

ボンネット裏

インシュレータレスの純正ボンネット裏には、特に激しく噴いたようなオイル跡は無い。

エンジンユニット(その2)

アナログの燃圧系が備わるエンジンルーム。確認することはあまりないそうだが、フルチューンNAユニットたる装備だ。内側が研磨されたサージタンクや、SKUN2製64mmビッグスロットルも確認できる。

エンジンユニット(その3)

極太の70φアルミインテークの先には、むき出しのエアクリーナーが鎮座。エアコンまわりと共にきちんと遮熱処理が施され、フレッシュエアーをエンジンに導く。

■インテリア

コクピット

ロードスターらしく、ネオクラシック的なテイストは残しつつ、ハイテク機器を装備したコクピット。ステアリングやシフトノブのテカリや擦れも気にならず、20年以上経った車内とは思えないほど質感や雰囲気が良く、古いクルマっぽく感じないのも不思議だ。

メーターまわり

マツダスピード製のフルスケールメーターをベースに、盤の数値や文字をオリジナルでデザイン。バックライトもEL化して、しかもブルーとグリーンに色を切り替えたり、照度も任意に変えられたりと、視認性もアップさせて非常にクォリティをアップさせているアイテムだ。

センターコンソール

ナビやレーダー探知機、エアコンの他に、ピークホールド付き3連メーターも備わるセンターコンソール。左からA/F計、水温計、油温計。ちなみに、エアコンはNB2用のユニットに交換済みなので、フルチューンドカーながらも至極快適に過ごせる。左のダッシュボードに付いているアームは別売りオプション設定のフルコン用PCの固定ステー。

リア空間

リアをアクリルからガラスにし、後方視界がアップしたリア空間。アルミの追加された極太補強バーが後方を横切る。ちなみに、センタートンネルはNB用のものをガゼット溶接し、シャーシ剛性を上げている。

ドア

ドアもノーマルのままではあるが、開閉するだけでもかなりの剛性がアップしているのがわかる。しかも、ドアやフロアはデッドニングが施され、ドアにマウントされたスピーカーはロックフォード製を奢るなど、音響にもこだわったオトナのフルチューン仕様となっている。

運転席

BRID製のフルバケットシートを2脚装備。運転席側はサベルト製のフルハーネスも装備される。もちろん、破れやホツレはない。

天井

双方のAピラーを繋ぐサイドバーが追加された純正のアルミ製10点式ロールケージが隙間なく這った天井。垂れや破れは無い(サイドバーは車検時にはパッドを巻く必要があります)

ダッシュボード

歪みや割れ、ベタつきや塗装の退けは無い。

音響機器

ケンウッド製4チャンネル外部アンプやパイオニア製のサブウーファーが鎮座する助手席後方。

ペダル類

操作性の良さそうなABCペダル。

トランクリッド

純正のアルミ製軽量トランクリッド。凹みや歪みは無い。

トランクルーム

クリーンなトランクルーム。ここもデッドニングが施されている。凹みの部分はテンパータイヤが収まるが、もちろん付属する。

ペダル類

純正のロールバーパッドやライトカバー、フューエルリッドなどのスペアパーツも付属する。

ドライビングイメージ

BPベースとは思えない伸びのある加速感を確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。