レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

Daimler Double Six


 
E-DLW/1991年式/イギリス

今世紀最後のハンドメイドカーを極上状態で嗜む。

英国王室御料車にも指定されている由緒正しき名車『ダブルシックス』の極上車が登録された。
 
イギリス最古参の自動車メーカー『ダイムラー』社は1893年に創業し、1926年に初代ダブルシックスをリリース。その後、ジャガーに買収されてから1972年に“シリーズ1”が登場したが、これは1968年に発表されたジャガーXJ6のボディに、ストリート用にデチューンされたEタイプのV12エンジンを搭載したXJ12の兄弟車だった。
 
1973年にはアメリカ向けに改良した“シリーズ2”をリリース、そして1979年にピニンファリーナによって大幅にスタイリングがリファインされて登場したのが、今回紹介する個体で、現在も多くのファンを魅了し続けている“シリーズ3”だ。
 
“シリーズ3”は、高貴で流麗なスタイリングはそのままに、電気系統などのマイナートラブルや機能の改良を重ね、1992年まで長期に渡って生産された名車中の名車だ。
 
ル・マンで優勝するべく開発された幻のレーシングカー『XJ13』をデチューンしたエンジンユニットながらもEVカーのようにスーっと途切れることなく加速するトルクフルでスムージーなエンジンをはじめ、ロールスロイスやキャデラックにも採用されている堅牢で変速ショックも最小限のGM400型の3速オートマチックトランスミッション、フロントに「アンチ・ダイブ・ノーズ・ジオメントリー」システム、リヤには4本のサスペンションと「インボード・ブレーキ」によって、路面の凹凸を去なすようにダンピングする最上級の乗り心地を生み出す足回り、そしてコノリー社のレザーシートの最高峰となるオートラックスやウッドパネルもバールウォールナットがふんだんに採用された豪華絢爛なインテリアなど、本格的なハンドメイドカーとしては最後の名車といわれている。
 
そして今回紹介する個体は、ABS付きの最終モデル1991年式正規ディーラー車で、走行距離こそやや多めだが、ほぼワンオーナーで33ナンバーの超希少な極上車両だ。
 
しかも、フロントブレーキやラジエターのオーバーホールなど、弱いと言われている箇所は改修済みなので、しばらくは大きなトラブルで悩まされることは無いだろう。
 
そんな程度良好なダブルシックスを駆けて、喧騒な日常から脱するべく、周囲の空気感までもがゆったりと流れるような優雅で特別なひとときを過ごしてみてはいかがだろうか。
 
 

■外装

ピニンファリーナによる流麗なスタイリングにウエストミンスターブルーの品の良いソリッドカラーが抜群にきまっている外装は、目立つような線キズやヘコミもなく、非常にキレイな仕上がりとなっている。

■内装

コノリー製のベージュのレザーシートと各所に配されたバールウォールナットパネルなどによって、品格高き様相の車内は、お約束のパネルのワレや、シートのシワなど、距離相応に入ってはいるのの、ひどく気になる状態でもなく、総じてキレイな状態だ。

■総評

ジャガーよりも格式高く、それでいて幻のレーシングエンジンのデチューン版が搭載されたダブルシックス。深めにアクセルを踏み込んだ時にそれとなく現すトルクフルな加速は、よく調教されたサラブレッドのように、スルスルとどこまでも伸びやかでゆとりある加速感をもたらす。もちろん、乗り心地も包容力のある落ち着いたもので、長距離でも疲れ知らず。大切な人をもてなすには、内外装のクォリティと相まって最高の移動手段だ。しかし、フラットライド過ぎず、コーナリングも適度なロールを伴いながら駆け抜けてゆく様は、ドライバーズカーであることもしっかり意識させてくれる。ロールスロイスのような品格と、レーシングジャガーのようなポテンシャルを秘めたダブルシックスは、現在では考えられない、最後のハンドメイドカーだからこそ成し得た仕様なのだろう。いつでも気軽にドライブというよりは、特別な日に、特別な場所へ、特別な人と特別な装いで、特別な気持ちでもって本車両を味わっていただきたい。
 

売約済み

 
年式

1991年式

走行距離

80,000km

ミッション

3AT

車検

平成30年6月 

現在色

ウエストミンスターブルー

元色

排気量

5353cc

ハンドル位置

乗車定員

5名

車体寸法

4,960×1,770×1,375 (mm)

車両重量

1910kg

駆動方式

FR

使用燃料

プレミアムガソリン

装備

AC・PS・PW・ETCなど

入手経路

正規新車

車両形式

E-DLW

車体番号

818(下三桁)

エンジン形式

7P

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

2オーナー

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

済み

リサイクル券

預託済み

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内


タイヤ

BRIDGESTONE Plays PX-RV

前:215/70 R15 後:215/70 R15

初走行:ー

ホイール

 純正

リム径 前:6J×15 後:6J×15

インセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

F:純正 R:純正

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

F:純正 R:純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:ーmm 後:ーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

F:純正 R:ー

アンダーコート

純正

ロ-ルケ-ジ

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

なし

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: 45L×2基


 

エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

なし

コンディション

エンジン:良好(ラジエター2018年4月OH済み)

ミッション:良好

シャーシ:良好(タイヤ2016年7月交換・フロントパッド&ローター2016年7月交換・フロントブレーキキャリパー2016年7月OH済み)

電装系良好(バッテリー2016年7月交換・キルスイッチ2016年7月設置)

その他良好

直近の走行時期:2018年4月

点検時期2018年4

その他仕様詳細:ー

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■1991年式

■シリーズ3最終型

■33ナンバー

■程度極上

即走行可能

気になるポイント

■なし

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

極上のDD6参上

ほぼワンオーナーで新車時から33ナンバーの極上ダブルシックス シリーズ3。既に新車登録から25年以上が経っており、しかもこの時代のイギリス車はあまり良いイメージを持たれないものだが、本車両は内外装共に比較的パリッとした仕上がりで、懸念される機関や冷却系、電気系統などの弱い部分もメンテナンスされ、本来のポテンシャルを十分発揮できるコンディションにある希少な個体だ。

斜め後ろ

ピニンファリーナによる洗練されたスタイリングに変貌を遂げたシリーズ3は、故障しにくいという面は言わずもがな、骨格のしっかりした細身の英国紳士が仕立ての良いスーツをバッチリ着こなしているような、気品と佇まいの美しさに惚れ込み、長期に渡って所有しているオーナーも多いという。

フロントビュー

ダイムラーの伝統的な顔である4灯+フルーテッドグリル。艶やかな表情だ。

リヤビュー

薄く平たいリヤビューは、フロント同様、リヤも末端にかけて絞られた独特のフォルム。シンプルながらも無駄のないデザインはダブルシックスが好まれる所以のひとつだ。

ボンネット

ウエストミンスターブルーのソリッドカラーは塗装の退けやヒビもなく、十分な光沢を放っている。

フロントウインドウ

目立つような飛び石キズもないフロントガラス。周囲のモールもキレイだ。

ルーフ

ツヤ感のあるキレイなルーフ。もちろん、ヘコミや退色はない。

リヤウィンドウ

見透しの良いリヤウィンドウ。

トランクリッド

微妙な膨らみを帯びた長くてフラットなトランクリッド。

フューエルリッド

左右に備わるフューエルリッド。車内には不測の事態に備えて緊急用のリザーブスイッチも備わる。

フロントまわり

目立つような飛び石キズなどは見当たらない。オプションのヘッドライトウォッシャー/ワイパーも装備。

リヤまわり

薄型でシンプルなリヤ周り。アイアンやメッキ系パーツのツヤも十分だ。もちろん、目立つようなキズやヘコミはない。

グリル

ダイムラーの象徴ともいえるフーテッドグリル。波型にすることで、効率よく排熱を行う機能パーツだ。曇りやくすみもなく煌びやかに備わっている。

タイヤ&ホイール

タイヤはBRIDGESTONE Plays PX-RVで、4輪とも215/70 R15。2016年に交換したばかりだ。ホイールは純正アルミホイールで6J×15。大きく目立つようなガリキズは無い。フロントブレーキはオーバーホール済み。
 

フロントの下回り

年式相応のフロント下回り。若干オイリーな感じはあるが、大きく目立つようなヘコミやサビは見当たらない。

リヤの下まわり

フロント同様、リヤの下回りも25年以上経った個体の割には比較的キレイな印象だ。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

シルキー&トルクフルなパワーを発するエンジンユニットは、ル・マン参戦用に開発されたプロトタイプレーシングカー『XJ13』に搭載された5.0L V型12気筒 DOHCエンジンをストリート用にデチューンした5343ccの V型12気筒 SOHCバージョン。最高出力255ps/5000rpm、最大トルク39.7kgm/3000rpmを発する。強靭な3速オートマチックミッションと相まって、2トン弱の大柄なボディを電気自動車のようにスルスルと動かしてくれる。初代からアップデートを重ね、1987年以降のモデルで電気系統が改良されてトラブルが俄然減少し、さらに最終型である1991〜1992年モデルにのみABSが装備されている個体が最も好まれるという、まさに本車両がそれに合致したモデルであるが、ご覧の通りの密集状態を鑑みると、ラジエターもオーバーホールは施してあるものの、気候の良い日や特別な日に向けたドライブを心がけたい。

ボンネット裏

年式及び距離相応の純正ボンネット裏には、特に激しく噴いたようなオイル跡は無い。

■インテリア

コクピット

ベージュカラーのコノリーレザーとバールウォールナットがふんだんに使われたウッドパネルが織り成す贅が尽くされたインテリア。車内はとても明るく開放感があり、それでいて落ち着いた雰囲気も醸し出している。

メーターまわり

視認性の良い純正の6連メーターは全て稼働。6500rpmから始まるレッドゾーンと、キャラクターとは裏腹にレスポンシブなタコメーターの動きにそれとなくレーシーさを感じる。ステアリングは現在は社外製のものだが、引き渡し時には純正品にてお渡しする。

センターコンソール

バーウォールナットが贅沢に奢られたセンターパネルには、お約束のヒビや割れは数カ所存在するが、写真の通り、引き気味で見れば気にならないレベル。直感的に分かりやすいイラスト入りのスイッチ類が親しみをもたらす。ちなみに、左端にあるガソリンマークのスイッチは、燃料切れの際に使うリザーブスイッチで、万が一ガス欠になっても、このスイッチを押すことで、数キロは走れるようになる。

フロントドア

重厚感のあるドアは、内装の浮きもなくキレイな状態。靴で蹴った跡やステップのキズもガビガビにはなっておらず、丁寧に乗られていたことがわかる。

運転席

ロールスロイスやベントレーと同様に、コノリー社製のレザーシートは最高峰のオートラックスが奢られている。擦れやすいサイドサポートには、年式や距離相応にシワこそあるが、目立つような割れや破れはなく、クッション性もまだまだ残っている。

後席ドア

前席同様、後席のドアも建て付けの良い感じで、大切な方を迎え入れるに相応しい最高のおもてなしになろう。

後席

あまり使用感のない後席。シリーズ3では、従来よりもルーフラインが約3センチ高まったので、後席のヘッドクリアランス不足が改善され、身長186cmの筆者が着座しても圧迫感のない快適かつ優雅なドライブを楽しめる。

読書灯

後部座席に備わる読書灯。こんなところにも本車両ならではの粋な計らいを感じる。

天井

クロス貼りの天井は目立つシミや汚れもなく、垂れもない。

ダッシュボード

歪みや割れ、ベタつきや塗装の退けも無いキレイなダッシュボード。

トランクリッド

かなりの大きさだが、比較的軽量なトランクリッド。歪みやヘコミは無い。

トランクルーム

かなり広大なトランクルーム。ゴフルバッグも余裕で飲み込む容量だ。もちろん、気になるようなシミや臭いなどは無い。

書類関連

日本語の取扱説明書や記録簿など、正規ディーラー車だからこそ備わる書類もある。

ドライビングイメージ

エレガントで優雅な最高級サルーンが何たるかを確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。