レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

MAZDA SAVANNA RX-7 IMSA ver.


SA22C改/1979年/日本

元祖ピュアスポーツクーペが究極のロータリーマシンになって登場!

唯一無二のロータリーエンジンをフロントミッドに積み、ロータリーロケットの名で国産スポーツカー復活のきっかけを作ったといわれるスポーツクーペの祖、サバンナRX-7が登録された。
 
排ガス規制やオイルショックにより、国産スポーツカーが軒並み低迷していた時代にRX-3の後継機種として1978年にリリースされたSA22C型の初代RX-7。”Designed by Rotary”と銘打たれたパワフル&コンパクトな新開発の12A型ロータリーエンジンを、車重1tを切るcd値0.34のスリム&ライトウェイトボディのフロントミッドに搭載。ロールを最小限に抑え、意のままに操ることのできる純国産ハンドリングマシンはポルシェ924と似かよっていたことから『プアマンズ・ポルシェ』と揶揄されたこともあったが、高パフォーマンスの割に123万円という圧倒的にリーズナブルな価格で瞬く間に人気を博した。
 
また、SA22C型RX-7はレースの世界でも大躍進をする。リリース1年後の1979年に、アメリカIMSAシリーズのデビュー戦となるデイトナ24時間レースに参戦。片山/従野/寺田のドライブにより、2リッター以下のGTカーを対象とするGTUクラスで突如優勝。その後もライバルのポルシェ911やフェアレディ240Zを相手どり、1987年まで8年連続でシリーズチャンピオンを獲得。1990年9月には通算100勝という輝かしい戦歴を刻むという、マツダが生んだ凄まじいポテンシャルを有したピュアスポーツクーペは、モータースポーツ界をも席巻したのである。
 
そのIMSAシリーズで活躍したRX-7のイメージを具現化したのが、今回紹介する個体となる。
 
ワンオーナーで比較的低走行の無事故車を仕入れ、ホワイトボディから新品パーツで全てを組み上げ、ERC製コンプリートエンジン、13B-REWブリッジポート、フルスポット増し、IMSAワイドボディキットなど、全てレーシングスペックで製作。腕に自信のある拝なら筑波サーキット本コースで1分を切ることも不可能ではないという。
 
そんな過激な仕様ながら、ナンバーも公認で取得。製作後は1500kmを満たない距離を走行し、ちょうどアタリが付いた頃だと思われる。
 
詳細は下記にて確認いただきたいが、1000万円以上をかけて製作された本個体。これ以上の初代RX-7は世界中のどこを探しても存在しないと思われる究極の1台を今度はあなたが極めてみてはいかがだろうか。
 

■外装

メルセデスベンツの純正色にオールペイントされたメタリックグリーンの外装は、一部でヒビも若干確認できるが、ツヤも十分あり、総じてキレイな状態が保たれている。

■内装

コンパクトなキャビンには、多くのメーター類やスイッチが所狭しとレイアウトされ、アナログ系の計器類が好きな人なら堪らないコクピットとなっている。
■総評
今でも根強く人気のあるロータリーエンジン搭載マシンだが、そのほとんどはFD3SやRX-8となってしまい、初代RX-7はほとんど街でみかけることのない希少な個体となってしまった。そんな貴重な個体をベースに、フル補強された1t少々の軽量ボディに550psものハイパワーユニットを載せ、フェラーリ・テスタロッサやランボルギーニ・カウンタックほどあるワイドボディ化でトラクションを稼ぎ、サーキットでは好タイムを叩きながら公道でも普通にドライブできるという、何とも贅沢な仕様に製作された現行車種にも全く引けを取らないスーパーマシンだ。ロータリーファンはもちろん、70〜80年代の旧車ファンやイムサに参戦していた当時の憧れを抱いているモータースポーツファンにもきっと至福の時間を得られる最高の1台となろう。
 

車両本体価格:4,480,000円 → ASK

年式

1979年式

走行距離

6500km(車両製作後1500km)

ミッション

5速MT

車検

一時抹消状態

現在色

グリーン

元色

グリーン

排気量

650cc × 2

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

4300 × 1990 × 1250 (mm)

車両重量

1080 kg

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

PS

入手経路

車両形式

E-SA22C改

車体番号

766(下3桁)

エンジン形式

13B

エンジン番号

メーター交換

あり

エアバッグ

なし

修復歴

不明(製作後は無し)

オーナー数

複数オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

東京都

保管方法

カバー


タイヤ

F:YOKOHAMA ADVAN A050(M)

R:TOYO PROXES R888

前:205/50R16 後:245/45ZR16

初走行:ー

ホイール

PANA SPORT Racing

リム径 前:11J  後:12J

インセット 前:-70mm 後:-70mm

ブレ-キパッド

FD3S用

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

R32スカイライン用

ブレ-キキャリパ-

FD3S用

F:ー R:

ダンパー

ERC(競技用車高調整)

スプリング

ERC

バネレート:前:ー 後:ー

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

強化タイプ

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

ORC製メタルツイン

フライホイ-ル

不明

ミッション

FC3S用純正

レシオ:ー

ファイナルギア

FD3S用純正

レシオ:4.444

LSD

CUSCO RS 1.5Way

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

ワンオフ

触媒

サイレンサー

ワンオフ(レーシングタイプ)

プラグ

NGK

プラグコ-ド

NGK

ラジエター

HPI

マウント・ブッシュ

サス:ピロ(ERC)

エンジン:強化タイプ

デフ:強化タイプ

ミッション:強化タイプ

メンバ-・ロッド

FC用メンバー加工

ドライブシャフト

不明

タワーバー

不明

アンダーコート

無し

ロ-ルケ-ジ

ワンオフ

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

フルスポット増し

シート

不明

ハーネス

WILLANS

エアロ・カウル

IMISAキット

消火器

無し

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

ATL

使用期限:ー

容量:ーL


エンジン

13B-REW ERCコンプリート(ブリッジポート)

補機類・ECU

ギャレット製TO4S改タービン・F-CON V PRO

競技歴

無し

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2017年1月

点検時期2014年6

その他仕様詳細

ERC:13B ブリッジポート製作=ローター、シャフト、シール、ハウジング、ウェイト、ギア、ピン、プーリーなどの加工・強化・バランス、ブルーアルマイトSPKプーリー、TO4S改ポーテッドシュラウド加工、HKS:ウェストゲートGTⅡ、HPI:インタークーラーRタイプ、ERC Vマウント製作 パイピング、フューエルポンプX2、FD用:コイル、イグナイター、ブラックオルタネーター、フューズBOX新設、HKS:A/Fノックアンプ、カーボンパネル作成、各センサー取り付け、FC用強化エンジンマウント、強化スタビ、ERC:FD用車高調改、ERC:フレンディー用ホーシング強化加工、強化リンク、強化FC用ロアアーム加工、FC用強化ナックル・ハブ加工、ストラットバー、リアストラットはレース用に加工、IMSAボディーキット強化取り付け、オールペン、競技用ステアリング、カーボンバケットシート、ボディー補強、FC用ステアリングBOX取り付け、FC用フロントメンバー取り付け、 ERCフルピロ(ワットリンク・アッパーリンク・ロアリンク・ロアアームなど加工)、ボンゴフレンディー用ホーシング加工、ドア・ガラス回り・フロア・ストラットなどのスポット増し、FC:エンジンハーネス FD:サージタンク・アダプター FDイグナイター、ウォーターハウジング、SPKプーリーKIT、P/Sセンタープーリー、圧力センサーハーネス、ボッシュ:1600ccインジェクター×3 HKS:ノックアンプ、FC用:V Proハーネス ワンオフステンEXマニ、ワンオフブレーキホース、MSD×3、ブリッツ:ブーストコントローラー・スペックR、ワンオフ電動ファン、オイルクーラー、スロットルボディー、P/S LoマウントKIT、アルミエンジンマウント ワンオフクラッチホース ローターベルハウジング、ブレーキマスターインナーKIT、パイピング、ホース、ブラケット、センサー、エルボウ加工・製作、強化アペックスシール、ローターバランス取り及び加工、ハウジング強化ピン加工一式(ハイブースト用)、キルスイッチ、イグニッションスイッチ、フューエルスイッチ、スタータースイッチ、その他

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ

ホイール

その他:

アピールポイント

■1979年式

■製作後1500km

■ERCブリッジポートコンプリートエンジン

■IMSAボディ

■公道走行可

■即走行可能

気になるポイント

※写真を クリックすると拡大します。

■エクステリア

迫力のIMSA仕様セブン

改造範囲の広かった当時のIMSA仕様のSA22Cを再現すべく、ホワイトボディから組み上げられ、エンジン、足回り、駆動系、補強と全てにおいて手の入ったコンプリートマシンだ。ちなみに、パワーウェイトレシオは、驚愕の1.96kg/ps! ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 SuperVeloceや、フェラーリ488 GTBよりも上回ったポテンシャルを有す。

斜め後ろ

IMSAワイドボディキットによって、車幅が2m近く広がり、それに伴って極太のタイヤがツライチで収まっている様は、まるでオートサロンからそのまま出てきてしまったような出で立ちだ。

フロントマスク

もともと5ナンバーサイズの細身のボディに前後にワイドなブリスターフェンダーが装着されたことによって、C3コルベットのような、コークボトル風のマッチョなシルエットになっている。

リヤビュー

12Jのホイールが収まるリヤは、まるでフォーミュラーカーのような超ワイドトレッド仕様。見ごたえはスーパーカー以上だ。

ノーズ部分

バンパーとフェンダーのつながりも拘って装着したというノーズ部分。リトラクタブルヘッドライトもしっかり稼働する。車高は低いが、目立つような大きい割れやキズは無かった。

ボンネット

ERC製のルーバー付きの軽量ボンネット。

ルーフ

十分なツヤのあるキレイなルーフ

リヤウィンドウ

ガラス製のリヤウィンドウからは、コレクタータンクが望める。

リヤウィング

いかにもトラクション性能が高まりそうな広大なリヤウィング。

テール部分

テールまわりはほぼノーマルを保持。とはいえ、ワイドなリヤフェンダーのおかげで、随分と小振りに見える。

フロントウィンドウ

ノーマルのフロントウィンドウ。目立つようなヒビや飛び石キズなどは見当たらなかった。

タイヤ&ホイール

タイヤはフロントが225/50R16のネオバ、リヤは245/45R16のプロクセス。ホイールはパナスポーツ製特注でフロントが16×11J -70、リヤが16×12J -70を装備。ブレーキまわりはFD用のノーマルを流用している。

フロントバンパー内

フロントバンパー内には、ラジエターとインタークーラーがVマウントされている。

マフラー

マフラーは左からの1本出しタイプ。ロータリーらしい乾いた高周波的なサウンドを奏でる。

フロント下まわり

激しくヒットした跡やひどいサビなどは無い。

リヤ下まわり

黒々としたメンバーで構成されたキレイなリヤからの下回り。

■エンジン・トランクルーム

ボンネット

オイル滲みもなく、キレイな軽量のボンネット裏。

エンジンユニットその1

ロータリーチューンの名門ERCによって組まれた13B-REWユニットは、ブリッジポート加工が施されたコンプリートエンジン。さらにギャレット製TO4S改タービンで過給されたパワーをHKS製F-CON・V PROでマネージメントする等で、たった1tちょっとの軽量ボディに550ps以上を発揮するという、マッシブなフォルムに見合ったスペックを有している。

エンジンユニットその2

今度は逆側から見た画角。VマウントされたインタークーラーやTO4Sタービンが望める。アイドリングこそばらつきのある感じだが、ひとたびアクセルを煽れば、レスポンシブルで甲高いチューンドロータリーユニットを味わうことができる。

レース用タンク

リヤのガラスハッチを開けると、そこにはATL製の安全タンクやコレクタータンクが鎮座する。

■インテリア

ドア

ノーマルのドアだが内張りは全て外され超軽量に仕上がっている。

コクピット

ロールケージで囲まれたコクピットは、サイドバーが無い分、乗降性は良く、シートポジションもノーマルと変わらないが、ひとたび着座をすれば、多くのメーターに囲まれたコンペティティブな雰囲気に包まれる。

運転席全景

必要な情報を瞬時に得るべく、ノーマルのダッシュボードを生かして各種メーターを配備。チューニングカーらしい眺めだ。

メインメーター

メーターフード内はセンターにタコメーターを配置。両サイドにはブースト計と水温計が備わる。

ドライバーズシート

比較的きれいなフルバケットシートとハーネス。まだまだ使えそうだ。

後方スペース

グレーに塗られた後方スペース。視認性はノーマルと変わらない。

助手席&後方スペース

助手席後方にはMSDが2機装備されている。

センターコンソール

エアコンやオーディオ機器の場所にも追加メーターを装備。ダッシュボード上にスピードメーター、四角い液晶はA/F計、中央には油温・油圧・排気温度・燃圧の各種計器類がマウントされている。その下にはイグニッションやスターター、燃料ポンプなどのスイッチ類が並ぶ。

ミッション

ORC製のメタルツインクラッチによってパワーを惜しみなく路面に伝える一方で、ミッションはFC3S用の純正5速ミッションが搭載されており、半クラッチが普通に使えるので運転は街乗りでも容易だ。

CPU

HKSのF-CON V PRO、いわゆる『金プロ』によってフルチューンのパワーユニットを制御。

天井

フルロールケージがガッチリ張り巡らされている鉄板むき出しの天井。

エキゾーストノート

あいにく車検が切れていたのでドライビングは叶わなかったが、13B-REWブリッジポート+TO4S改のロータリーチューンらしい雄叫びをご確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。