レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

NISSAN SKYLINE GT-R NISMO


KBNR32/1990年式/日本

あの往年の名レーサー所有のGT-Rニスモが再び登場!






スカイラインGT-Rニスモである。
しかも本車両は、現オーナーの前まで、某大物レーサーが新車時から所有していたGT-Rニスモとなる。


スカイラインGT-Rニスモは、平成元年にR32スカイラインが誕生すると同時に、2.6L・直列6気筒・インタークーラー付きツインターボに、電子制御トルクスプリット式4WDシステムである“アテーサE-TS”を組み合わせた、世界トップクラスの運動性能を実現させた日本を代表するスポーツカーである。


ハコスカから16年ぶりに復活を遂げ、当時のグループAレースに勝つために開発されたハイテク満載のGT−Rとして当時は脚光を浴びた。


その後まもなく、500台限定でグループAのホモロゲーションモデルの『GT-Rニスモ』を追加リリース。


タービンをセラミック製から耐久性の高いメタル製へ、ダクト付きフロントバンパー(通称『ニスモダクト』)、フードスポイラー、リアワイパーレス等、ノーマルGT-Rに対して軽量化や耐久性向上を図った。


そんなGT-Rニスモに特別な感情を抱き、レースでも乗っていたのにも関わらず、ドライバー仲間などの周囲からの勧めなどもあって、平成2年のリリース開始まもなくディーラーにて思わず購入してしまったようだ。


ハコスカからGT-Rニスモまで、レースでもプライベートでもGT-Rを手なずけ、乗りこなしてきただけに、ことエンジンに関してはハコスカからの進化版ということで、おいしい使い方は熟知しているという。


そんなGT-Rニスモは、オドメーターこそ10万kmを超えてはいるが、RB26DETT特有の、勇ましくも甘美なフィーリングは20年の歳月を経た今も健在。もちろんメンテナンスも抜かりなく、エンジンオイル等の油脂類をはじめ、ブレーキやクラッチ等の消耗品など、しっかり行ってきたようだ。


しかし、仕事の関係でほとんど乗る機会のなくなってしまい、このままタンスの肥やしにしておくのももったいないということで一旦は売却されたのだが、幸運にも再び我々の目の前に姿を現してくれたのだ。


限定500台というプレミア感もあるが、ほんの少し前まではGT-Rを想起させる伝説のレーシングドライバーが所有していたという、もうこれ以上ないという組み合わせで今回再出品するに至った。


ゆえに、その価値が分かる方だけにご購入いただきたい超貴重な1台である。









■外装

さすがに20年11万km超ともなると、細かくチェックしてゆけば多少の小さなキズの存在は否めない。しかし、屋内か屋根付き保管ということで塗装の褪せもなく、GT-Rニスモの指定色であるガングレーメタリックもツヤが保持された状態で非常にキレイである。もちろん修復歴なしの超希少な1台である。

■内装

よく触れられるステアリングやシフトノブ・ABCペダル等、ある程度の擦れやテカリは確認できるが、それはそれで貴重である。ていねいに扱われているのは内装もしかり、天井・ドア・ダッシュボード等の破れや浮き、タレは一切ないという奇跡的なコンディションである。また、数少ないチューン箇所のひとつである前列シートをR34 GT-R純正に換装したコックピットは、ゆる過ぎず、タイト過ぎないちょうどいい案配のフィット感で、快適にドライビングをサポートしてくれる。また、足まわりは純正のため、適度なロール感を伴いながらのしっとりとした乗り心地が至極快適だ。もちろん、腰砕け感や異音などは皆無である。

■総評

レーシングドライバーのドライビングで手なずけられた本車両は、メンテナンスも行き届いており、例えば最近交換したクラッチも程よくシビアで、コクコクと決まる短めのストロークの純正シフトノブと相まって、節度あるシフトアップ&ダウンが爽快だ。さらに、4000rpm前後からレーシーさを増してゆくRB26DETT独特のメカニカルノイズも、ノーマルではあるものの、レッドゾーンに近づくにつれてドラマティックにパワーの盛り上がりを明確に感じることができる。GT-Rを知り尽くしたレーシングドライバー所有のGT-Rニスモ。まさに特別な1台となろう。





売約済み





年式

平成2年式

走行距離

117,000km

ミッション

Hパターン5速

車検

平成24年4月

現在色

ガングレーメタリック

元色

排気量

2568cc

ハンドル位置

乗車定員

4名

車体寸法

4545×1755×1340(mm)

車両重量

1400kg

駆動方式

トルクスプリット4WD(アテーサE-TS)

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

エアコン・パワステ・パワーウインドウ・ETCなど

入手経路

正規新車

車両形式

KBNR32

車体番号

エンジン形式

RB26

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

2オーナー

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

納付済み

リサイクル券

預託済み

現所在地

東京都

保管方法

屋内



タイヤ

YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08

前:225/50/R16 後:225/50/R16 

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ー 後:

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

サス仕様

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

フジツボ製レガリスマフラー

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

純正

アンダーコート

純正

ロールバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

R34 GT-R純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL



エンジンチューン

純正

補機類・ECU変更

純正

競技歴

なし

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2012年2月

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン

ミッション:ー

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■限定500台のR32 GT-Rニスモ

■元レーシングドライバーが新車時より所有

■現役時代のレプリカヘルメット付き

■エアコン新品

■即走行可能

気になるポイント

なし


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

限定500台のレースに勝つためのクルマ

当時の国内最高峰のレース、グループAに勝つためにハコスカGT-R誕生から16年の歳月を経て復活したR32スカイラインGT-R。そしてグループA参戦のためのホモロゲーション取得のために500台のみ生産・販売された車両のうちの貴重な1台、それが『GT-Rニスモ』である。いわゆる“ニスモ仕様”のGT-Rは多いものの、すでにリリースから20年を経ていることから、ホンモノの『GT-Rニスモ』は中古車市場にはいまやほとんど流通していない。

リヤサイドフォルム

R32の中でも、GTS−tなどのナローボディに比べ、60mmほどフレアしたフェンダーがレーシーであり、美しくもある特徴的なプレスライン。また、あらゆる車種で同形状のウイングをこぞって装着したほどインパクトがあった門型の大型リアウイングと、トランクスポイラーが今でも迫力を醸し出す。レースで連戦連勝していたこともあり、当時のGT-Rの他車種への影響は本当に大きかった。リップスポイラーが経年劣化により若干の膨らみが確認できたが、経年劣化で膨らんでしまうリップスポイラーはホンモノである証し。

サイドビュー

ガングレーメタリックのボディが、近似色のホイールと相まって、弾丸のような飛び道具をイメージさせる。

フロントまわり

ベースグレードのGT-Rだけでなく、シルビアやZなど、当時のスポーツタイプのクルマはこぞって“ニスモダクト”を真似たほどインパクトがあった。ちなみに、インタークーラーにネットがないのもベースグレードと見分けるポイント。フードスポイラーも相違点のひとつ。リヤのリップスポイラーと共に、本車両では経年劣化で若干の膨らみが確認できた。

タイヤ&ホイール

装着されているタイヤは、フロント・リヤ共に225/50/R16のYOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08。ホイールは大ブレイクした16インチの純正。程よい深さのリムに、頑丈そうな5本スポークがファンの心を射止めた。タイヤは最近交換したばかり。

フロントウインドウ

フロントウインドウには目立った飛び石キズやヒビもない。

下まわり

アンダーフロアーに大きなヒット跡やサビなどはほとんどなく、比較的クリーンな状態が保たれている。

ルーフ

歪みやヘコミ・色褪せなどはない。屋内保管の賜物であろう。

エンジン・トランクルーム

伝統を受け継ぐ珠玉のエンジン

ハコスカGT-Rからの流れを受け継ぐRB26DETTエンジンは、最高出力280ps/6800rpm、最大トルク36.0kgm/4400rpm。それ自体はベースグレードと変更はない。しかし、ターボチャージャーとエキゾーストマニホールドはニスモ製が使われている。また、レースに必要のないABSが省かれている点もニスモならでは。また、10万kmを超えたあたりでタイミングベルトを交換した記録が残っていたので、まだまだ走れるはず。

ボンネット裏

ベースグレードと同様のアルミボンネット。オイルが吹き出たようなシミはない。

ホンモノのニスモの証

エンジンルームのバルクヘッド側には、車体番号等を記すプレートが貼ってある。そこには、GT-Rニスモであることの証となる『KBNR32』という文字が確認できる。このプレートだけでも何だか特別なものに見えてくるから不思議。

トランク内

トランク内はベースグレードと同様。

インテリア

ドアまわり

ドア落ちはもちろん、内張りの剥がれや破れ・浮きなどもなく、程度は良好だ。

コクピット

軽量化とレースには必要ないという理由で、GT-Rニスモはエアコンとオーディオが標準装備されていなかったようだが、本車両は両方ともに装備されている。パワーウインドーは標準装備のようだ。

コクピット(その2)

センターのGT-Rロゴがカッコいい3スポークの小径革巻きステアリングの奥には、機能的にデザインされたメーターフードとメーター類が所狭しと並ぶ。センターコンソールの3連メーターが男心をくすぐる。

センターコンソール

センターコンソールには、電圧計や油圧計・ブースト計が備わる。表示欠けしやすいエアコンユニットは最近40万円かけてアッシー交換したそうだ。

メーター類

オドメーターは11万kmを超えているが、7000rpmを超えたあたりから始まるレッドゾーンまで、エンジンはきっちり回る。手前に見える計器はUltraの回転計。

フロントシート

フロントシートは運転席・助手席共に、R34 GT-Rの純正シートに換装されている。擦れや破れもなく、良い使用状態だ。サポート性もキツすぎず、緩すぎず、ちょうどいい案配。

フロアマットもニスモ

フロアマットに至ってもニスモ製で揃っているところがマニア心をおおいにくすぐる。また、ABCペダルはRのロゴが入った仕様となっている。純正とはいえ、大きさや高さなど、絶妙な配置で運転しやすい。

天井

20年も経っていると、通常は破れやヨゴレ、垂れなどが確認できるものだが、本車両に至ってはそれらのマイナス要因は確認できなかった。屋内などの保管状態が良かったからかもしれない。

リヤシート

リヤにも大人がきちんと着座できるのがGT-Rの良い点のひとつで、ニスモも同様。いかにもサポート性が良さそうなシートがGT-Rらしい。ただ、使用感はあまりなく、程度は非常に良い。

迫力のエンジン始動〜ブリッピング音

一発始動のエキゾーストノートをご確認いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。