レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

JSPC優勝車が動体保存で登場!








ポルシェのCカー、962Cを紹介しよう。


耐久レースの名マシンと言われるポルシェ956。その発展型として1985年に登場したのが962C。962Cは、1985年のグループCの安全規定に対応させた956車両で、956に引き続きポルシェ黄金時代を築いた1台である。


962Cはエンジンバリエーションが多く、956の空冷式水平対向ドライサンプエンジンをベースに、ヘッドのみ水冷とした排気量2.65L版と2.86L版の935/82型、そして水冷の3.0L版、3.2L版、3.25L版の935/83型が存在する。


見るからに空力の良さそうなボディフォルム、ターボチャージャーにより増幅されたパワー、そして1t以下の車両重量により、1988年にル・マン24時間レースが行なわれるサルテ・サーキットの約6kmのストレート「ユノディエール」で394km/hという最高速度記録を残している。


そのポテンシャルを試されたのは、962Cがワークスマシンとして参加した1985年のル・マン24時間レースからで、その後に開催されたグループCのスポーツカーレースでは当時無敵の強さを誇った。


また、グループCカテゴリーが消滅した後も、国内において1994年からチーム・タイサンが全日本GT選手権(JGTC)に962Cで参戦。アンソニー・リードと近藤真彦組によるドライブで、第3戦の富士スピードウェイにおいて優勝するなど、レーシングカー史においてその名を長く刻む名車として君臨している。


そして今回紹介する車両は、1989年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)で優勝した962Cそのものだ。


チーム・タイサンは1991年のル・マン24時間レースに参戦するために、その962Cをバイザッハのファクトリーに戻し、ほぼ新車の状態に完全レストア。しかし、ル・マン参戦は叶わず、それ以降のレースにも全く参戦せずに現在まで動体保存してきた。ゆえに極上状態のオリジナル962Cなのである。


また本車両は、ワークスポルシェとして最後のシーズン参戦となった1987年、ニュルンベルクで行なわれた世界スポーツプロトタイプカー選手権第6戦、ノリスリンク200マイルレースでのみ採用されたシェル・ダンロップのワークスカラーにオールペイントされているという、カラーリングの面でも超希少な個体なのである。


動体保存された超希少な世界的名車を手にすることができる選ばれし方は、嫉妬するほど羨ましい限りである。







■外装

低くワイドで予想以上に大きなフォルムに圧倒される本車両は、ボディ・機関ともにフルレストアされた後、国内のイベントにて数周程度走行しただけというほぼ新車のような保存状態。屋内保存されているスーパーカーのようなクオリティだ。

■内装

Cカー特有の跳ね上げ式のドアやドーム型のフロントウインドウ、そしてセンターに配されたシートにスイッチや計器類で囲まれたコクピット。レーシングカーにありがちな使い込まれた感じはなく、きれいな状態に保たれている。

■総評

水冷化された6気筒ボクサーエンジンをツインターボで武装した本車両。内外装はもちろん、エンジンルームもピカピカで、しかも動態保存されているという奇跡的な状態を保った個体だ。ぜひ次なるオーナーとなる幸運な方に、ル・マンマイスターたるド迫力の走行を見せていただきたい。





売約済み





年式

1989年式

走行距離

フルレストア後、100km程度

ミッション

5速シーケンシャルトランスミッション

車検

現在色

Shell DUNLOP カラー

元色

ブラック

排気量

3200cc

ハンドル位置

センター

乗車定員

1名

車体寸法

4770×1990×1010(mm)

車両重量

850kg

駆動方式

MR

使用燃料

装備

燃料タンク容量

100L

入手経路

正規新車

車両形式

962C

車体番号

962-134

エンジン形式

KKK K27

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

東京都

保管方法

屋内



タイヤ

DUNLOP RACING

前:310/655R18 後:330/710R18 

初走行:ー

ホイール

BBS

リム径 前:ー 後:ー

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

brembo

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

ブレ-キキャリパ-

サス仕様

ダンパー

スプリング

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

ギアレシオ

レシオ:

ファイナルギア

レシオ:ー

LSD

エキマニ

触媒

サイレンサー

プラグ

プラグコ-ド

ラジエター

ブッシュ類

サス:

エンジン:

デフ:ー

ミッション:

ドライブシャフト

タワーバー

アンダーコート

ロールバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

RECARO SP-GN

ハーネス

SABELT

エアロ・カウル

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:100L

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

ー 

補機類・ECU変更

競技歴

フルレストア後、なし

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:数ヶ月前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール

アピールポイント

1989年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)で優勝した962C(962-134)を、チーム・タイサンが1億4千万円を投じて本国バイザッハファクトリーで完全レストア。その後は国内のイベントで10Lap程度走行しただけの、動体保存された極上オリジナル962C。シェル・ダンロップのワークスカラーでも超希少な個体。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

ほぼ新車のCカー登場!

1989年にフルレストアし、その後は国内のイベントでサーキットを10LAP程度しか走っていないという、ほぼ新車状態の962C。しかも定番のロスマンズカラーではなく、1987年のWSPC第6戦(ノリスリンク200マイルレース)に出場した時の仕様。もちろん、大きなキズやヘコミもないミントコンディションの個体だ。

フロントフェイス

フロントセクション全体で強烈なダウンフォースを生じさせるウイングのようなフォルムをしている。

リヤサイドフォルム

Cカー特有の流れるようなリヤサイドフォルム。

リヤウイング

リヤセクションのほとんどは、リヤカウル一体型のボックス型のウイングで占める。ディフューザーもかなりの大型。

広大なリヤカウル

いかにも強烈なダウンフォースを生みそうな、だだっ広いリヤカウル。1988年に行なわれたル・マン24時間レースで記録された最高速度394km/hもうなずける。ちなみに、現在のポルシェに装備されているPDK(ツインクラッチシステム)は未装備。

フロントライト

2灯式のヘッドライトにアクリル製のカバーがかかっている。もちろん、割れやヒビはない。

テールランプまわり

必要最小限のテールランプとウインカーレンズ。

タイヤ&ホイール

現在装着しているタイヤはDUNLOP RACING。フロントが310/655R18、リヤが330/710R18という極太サイズ。ホイールはディープリムが迫力のBBS製。

エンジン・トランクルーム

水冷式のボクサーユニット

エンジンは水冷3200cc 水平対向DOHC6気筒のドライサンプ式にKKK K27ツインターボを武装したユニットをリヤミッドに搭載。車両重量850kgの軽量ボディに対し、最高出力が720ps/8000rpm、最大トルクが68.3kgm/5800rpmというモンスターパワーを発生した。

ターボユニット

片バンクずつ備わる大径のターボユニットと分厚いコアのインタークーラー。

インテリア

跳ね上げ式のドア

多くのCカーに見られる跳ね上げ式のドア。もちろん超軽量だ。

分厚いサイドステップ

恐ろしく分厚いサイドステップ。ステップ内にはラジエターが備っている。NO STEPの警告もそれゆえか。

コクピット

ドーム型のコクピットはまるで航空機のような眺め。少々わかりづらいが、イグニッションをONにすれば、すべてのスイッチやボタンは稼働する。

フルバケットシート

フルバケットシートは破れやホツレもなく、きれいな状態だ。

エンジンマネジメントシステム

1980年後半、ル・マン24時間レースにて、トム・ウォーキンショウ率いるシルクカットジャガーチームに対抗すべく投入されたボッシュ社製「モトロニック1.7(M1.7)」。

伝統のABCペダル

床から生えるタイプのABCペダルはポルシェ伝統のスタイル。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。