レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

カーボンモノコックの最終型FT30






フォーミュラ・トヨタ(FT)は、かつてトヨタ自動車が主催していたレースカテゴリー。F3とFJ1600の中間に位置した、国内初のワンメイクフォーミュラとして1990年からスタートした。


フォーミュラ・トヨタのレギュレーションでは、シャシーやエンジン、タイヤをすべて共通とし、パーツも指定されたものしか使用できないようになっている。しかし、マシンの調整幅は広く、ドライバーはメカニックとのコミュニケーションを通じてセッティングを学ぶことができた。ドライビングテクニックはもちろんのこと、マシンを常にベストコンディションにしておくことも学べるように配慮されており、マシンのハード的なイコールコンディション化に伴うコストの削減とともに、ドライバーのソフト的な面で差がつくようなシステムとなっているレースカテゴリーである。


エンジンはハチロクなどでおなじみの4A-G型で、最大出力170psの1.6リッター直列4気筒DOHC。N1レベルのファインチューンが施されたドライサンプエンジンが搭載された。シャシーはクラッシュ時の安全性向上を目的に、2002年登場のFT30からジュニア・フォーミュラながらもカーボンモノコックが採用された。前後のウイングもイコールコンディションを保つため、同一の仕様に制限されている。トランスミッションはヒューランド製のHパターン4速ミッションで、FT30からはF3など同様にLSDが搭載されるようになった。タイヤはブリヂストンのフォーミュラ・トヨタ専用のスリックタイヤが採用されていた。


また、フォーミュラ・トヨタでシリーズチャンピオン、もしくはそれに匹敵する活躍をしたドライバーには、スカラシップとして全日本F3もしくは海外レースへのステップアップの道が用意されていた。フォーミュラ・トヨタ出身のドライバーとしては、高木虎之介、片岡龍也、立川祐路、平中克幸、平手晃平をはじめ、中嶋一貴、小林可夢偉など、F1へステップアップした有名ドライバーが名を連ねている。


しかし、ドライバー育成カテゴリーとしての性格は、2006年より発足したフォーミュラ・チャレンジ・ジャパン(FCJ)に統合されたことなどから、2007年をもって休止された。


現在では、関谷正徳が校長を務めるフォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)でフォーミュラ・トヨタのシャシー・エンジンが活用されている。


現オーナーは、フォーミュラ・トヨタシリーズが休止した後の2008年に入手した最終型のFT30で、鈴鹿サーキットにて1度スポーツ走行をしただけで、その後は屋内保管されていた極上車両である。しかも、カラーナンバー322のフェラーリレッドにペイントされ、非常にキレイな状態。もちろん、油脂類の充填・交換とタイヤ交換をすれば、即走行が可能だ。


フォーミュラカーのスポーツ走行用車両やドライビングテクニックのトレーニング用としても最適のこの車両。ぜひこの機会にスペシャルプライスで入手していただきたい。



■外装

フェラーリレッドでオールペンされた最終型カーボンモノコックのフォーミュラ・トヨタ。現オーナーの参戦歴はなく、スポーツ走行を1度したのみの極上車両。メンテナンスもしっかり行き届いており、即走行可能だ。もちろん、大きなキズやヘコミ・ヒビなどもない。

■内装

レーステックのステアリングのスレはやや目立つものの、内装全体は比較的キレイな状態。シートは現ドライバーの体型に合わせたもの。メーターやスイッチ類も作動する。

■総評

フォーミュラ・トヨタ・レーシングスクールでも採用されているように、ベーシックなエンジンとミッション、そして安全性の高いカーボンモノコックで、ドライビングスキルを学ぶにはもってこいのパッケージ。程度極上のまま格安で入手できる絶好の機会だ。


売約済み





年式

2003年式

走行距離

3000km

ミッション

4速マニュアルトランスミッション

車検

現在色

フェラーリロッソ(Color No.322)

元色

排気量

1587cc

ハンドル位置

センター

乗車定員

1名

車体寸法

4213×1596×1000(mm)

車両重量

495kg

駆動方式

MR

使用燃料

装備

燃料タンク容量

37L

入手経路

中古

車両形式

車体番号

エンジン形式

4A-G

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

2オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

三重県

保管方法

屋内



タイヤ

純正(BRIDGESTONE POTENZA 専用ラジアル・スリック)

前:160/530/R13 後:220/570/R13

初走行:ー

ホイール

純正(WEDS SPORT)

リム径 前:6.0J×13 後:8.0J×13

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

純正(ENDLESS)

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

純正(ソリッドディスク)

ブレ-キキャリパ-

純正

前:AP Racing 後:AP Racing

サス仕様

ダンパー

純正(カヤバ製)

ネジ式車高調整ダンパーユニット

スプリング

純正(BESTEX製)

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正

レシオ:

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

ロールバー

純正

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

純正

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

容量:ーL

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

4AG-E(5バルブバージョン)をレギュレーション通りにチューニング

補機類・ECU変更

レギュレーション通り

競技歴

なし

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:2年前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤウエット用1セット

ホイール:ウエット用1セット

アピールポイント

フェラーリレッドにオールペン済み、フルメンテナンス済み、スポーツ走行1回のみの程度極上車両。カーボンモノコックの最終型FT30。即走行可能。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

カーボンモノコックのジュニア・フォーミュラ

フォーミュラ・トヨタの最終型FT30。カーボンモノコックバージョンだ。鮮やかな外装はカラーナンバー322番のフェラーリレッドにオールペイントされていており、非常にキレイ。1度きりのスポーツ走行で、キズやヘコミ・ヒビやワレもない極上車両だ。

フロントビュー

当時のフォーミュラ・トヨタのレギュレーションのままの状態で大事に保管されている。アーム類にサビや歪みはない。

リヤビュー

リヤウイングはアルミ製で、角度調整も可能だ。

フロントウイング

フロントウイングは調節可能なアルミニウム製で当時のまま。歪みなどはない。

サイドポンツーン

キャブレターの吸気口にはitg製のクリーナーが備わる。

足まわり

足まわりには指定パーツとして、KYB製のネジ式車高調整ダンパーにBESTEX製のスプリングが組み込まれている。

リヤアンダーまわり

レーシングカーでは定番のヒューランド製のLD200 4速ドグミッションが確認できる。ギヤ比の変更がある程度自由に行え、富士スピードウェイのメインストレートでは240km/hまで出たようだ。

タイヤ&ホイール

タイヤはBRIDGESTONE製のラジアルスリック、ホイールはWEDS SPORT製。ともに専用品だ。レイン用も別途1セット備わる。

エンジン・トランクルーム

4A-G型エンジン搭載

エンジンは4A-G型5バルブの4気筒DOHC1.6リッターのキャブ仕様。ドライサンプ化されたエンジンはN1レベルにファインチューンされ、最高出力は170psを誇る。トルク曲線で考えると9000回転ぐらいでシフトUPするのが効率的のようだ。

WEBER製キャブレター×2

燃料供給はWEBER製45DCOEをサイドドラフトで2基がけ。しっかりセッティングしないとパワーも出ないところだけに、メカニックとのコミュニケーション能力で勝敗が左右される部分だ。

インテリア

コクピットまわり

レースに必要なパーツのみが装備されたスパルタンなコクピット。若干すり減り気味のRACETEC製のステアリングや、リミットにマーキングされたタコメーターや水温計がレーシー。

ドライビングシートまわり

現オーナーの体型に象られた専用シートにTAKATAのフルハーネス。ボディの内側を見ると、カーボンモノコックであることが確認できる。

最終型の証し

シート後方には、最終型のフォーミュラ・トヨタである証しの「FT30」と表示されたシリアルプレートを確認できる。

オルガン式のABCペダル

ABCペダルはレーシングカーにはコンベンショナルなオルガン式。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。