レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

WEST056 HONDA(F4)


 
WEST056/2005年/日本

F3クラスの異次元のパフォーマンスをローコストで味わえる1台

JAF F4で活躍したウエストレーシングカーズ製の5世代目のF4「WEST056」が登録された。
 
FJ1600とF3の間を埋めるカテゴリーとして1993年に創設された、いわゆる『ジュニア・フォーミュラ』といわれる日本独自のF4カテゴリにおいて主力マシンとなったWEST056は、FJ1600やスーパーFJなどの銅管スペースフレーム構造ではなく、高剛性で軽量なアルミハニカムモノコック構造を採用。F3に匹敵する性能と安全性を備えながらも、ローコストでフォーミュラならではの箱車とは別次元のドライビングを楽しめるマシンだ。
 
ことWEST056に関しては、フロントまわりを極限まで絞って全面投影面積を小さくするなどの空力性能の徹底追及や、強度解析を行って新設計したメインフレームの高剛性化、全輪アルミ4podキャリパーとベンチレーテッドローターを採用したことによるストッピングパワーの向上などで、従来よりも飛躍的にポテンシャルがアップしたマシンである。
 
そして今回紹介するマシンは、2005年と2006年のJAF F4で、東日本シリーズチャンピオンを獲得した戦歴を持つ個体で、その後いくつかのレーシングガレージを経由し、現在のオーナーの元で、たまのフリー走行を楽しむという程度良好の個体である。
 
新車時は700万円以上した個体が半額以下で入手でき、フォーミュラならではのソリッドな操縦性と旋回Gを体感できるエントリーフォーミュラで、FIA-GT3や、GT300クラスのレーシングカーに勝負を挑んでみてはいかがだろうか。
 
 

■外装

ホワイトをベースとしたシンプルな装いの本車両は、大きく目立つようなキズやヘコミなどはなく、10年以上前の個体にしてはキレイな状態だ。

■内装

フォーミュラカーたるタイトなコクピットは、ステアリングに情報が集約されているタイプで、極めてシンプルな内装。使用感はあるが、比較的キレイな状態だ。

■総評

ホンダインテグラ タイプR(DC2)などに搭載されるB18Cエンジンをベースに、戸田レーシングがチューンしたF4専用のエンジンユニットは、本車両では名門ハナシマレーシングによってリチューンされたパワフル&レスポンシブルな強化バージョンを搭載。さらにボディのスポット増しなども追加で施され、更なるポテンシャルアップが成された個体だ。しかも、トータル的なメンテナンスも施されているとのことなので、油脂類の交換程度で即走行可能な状態だ。まだ参戦できるレースもあるようなので、ローコストで本格フォーミュラさながらのモータースポーツを愉しんでみてはいかがだろうか。
 

車両本体価格:2,770,000円(税込)→ ASK

年式

2005年式

走行距離

不明(2シーズン+1レース+α)

ミッション

5MT

車検

現在色

ホワイト

元色

排気量

1,796cc

ハンドル位置

センター

乗車定員

1名

車体寸法

3,750×1,580×980 (mm)

車両重量

480kg

駆動方式

MR

使用燃料

無鉛ハイオクガソリン

装備

入手経路

正規新車

車両形式

WEST056

車体番号

エンジン形式

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

不明

オーナー数

複数オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内


タイヤ

DUNLOP for F4

前:195/550 R13 後:240/570 R13

初走行:ー

ホイール

RAYS

リム径 前:ー 後:ー

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

F:エンドレス R:エンドレス

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

F:純正 R:純正

ブレ-キキャリパ-

F:AP Racing R:AP Racing

ダンパー

不明

スプリング

不明

バネレート:前:ー 後:ー

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

ヒューランド製

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

F:ー R:ー

アンダーコート

なし

ロ-ルケ-ジ

純正

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

あり

シート

ハーネス

サベルト製

エアロ・カウル

純正

消火器

なし

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:期限切れ

容量: ーL


 

エンジン

ハナシマレーシングチューンB18Cユニット

補機類・ECU

戸田レーシング製ECU

競技歴

2005年・2006年、JAF F4東日本シリーズチャンピオン

コンディション

エンジン:良好(適宜OH済)

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2017年11月

点検時期2018年3月

その他仕様詳細

 

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ドライ新品1セット、レイン1セット

ホイール:2セット

その他:バッテリー×2、サイドポンツーンダクトカバー×2 他

アピールポイント

■2005年式

■JAF F4東日本シリーズ2年連続チャンピオン車両

■程度良好

動態保存

留意点

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

ローコストの本格フォーミュラ

F3のシャーシをベースとしながらも、価格高騰を防ぐべく、エンジンや部品などのイコールコンディションを徹底化した結果、F3の10%ダウン程度のラップタイムと1/3のコスト削減を達成、かつ安全性も兼ね備えた本格的なフォーミュラマシンとなった。それがJAF F4である。

斜め後ろ

本車両は、ウェストレーシングカーズで2005年に製作されたWEST056の初期ロットの個体で、過去にJAF F4東日本シリーズで年間チャンピオンを2年連続獲得した参戦歴を持っている。その後も某レーシングガレージにてしっかりメンテナンスが施されており、10年以上たった現在でも、油脂類の交換程度で即走行が可能な状態となっている。

フロントビュー

3D CADを駆使し、空力性能の向上を徹底追及した結果、前面投影面積を小さく抑え、絞り込まれたフロントビュー。

リヤビュー

BOX型のリヤウィングをはじめ、デフ周りやアーム類が露出したフォーミュラたる眺めのリヤビュー。

サイドフォルム

路面ギリギリの空を斬る矢のようなサイドフォルム。

フロントまわり

目立つようなキズやガビガビもなく、比較的キレイなフロントまわり。

リヤまわり(上部)

絞り込まれたサイドポンツーンからリヤにかけては、排気ダクトやインダクションポッドが目に入るリヤまわり。カウルに目立つ様なヒビや割れはない。

リヤまわり(下部)

サスペンションアームやデフ、エキゾーストエンドを確認できるリヤ下部。

リヤウィング

BOX型のリヤウィングは当然角度調整式。

タイヤ&ホイール

タイヤは専用設計のDUNLOP製スリックタイヤでフロントが195/550R13、リヤは240/570R13。ホイールはRAYS製の専用品。奥には純正のWILWOOD製からAP RACING製に換装されたキャリパーが確認できる。

マフラー

エキゾーストマニフォールドから触媒を経てエンドマフラーに至る。

インダクションポッド

リストラクター付きのインダクションポッド。その先に繋がるエンジンは、F3などのエンジンチューンで名高い名門ハナシマレーシングチューンのB18Cユニット。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

エンジンはホンダインテグラ(DC2)に搭載されていた1796cc 水冷直列4気筒DOHC16バルブのB18Cユニットを戸田レーシングがF4用にチューンしたものが標準装備だったが、本車両は国内のレーシングエンジンチューナーとしては最高峰と云われるハナシマレーシング製。“ゴッドハンド”による匠の技で、170ps以上/6600rpm、22.5kgm以上/4600rpmというスペック以上のパワー&トルクが絞り出されている珠玉のユニットだ。

インダクションポット側

サイドポンツーンまわりのカウルを外すとお目見えするエンジンサイド。埃っぽさやオイリーな感じもなく、きちんとメンテナンスされていたことが伺える。ちなみに、レースシーズンなど、(至極当たり前の事ではあるが)走行後は都度エンジンのオーバーホールが施されてたようだ。

エキマニ側ユニット

フレームをギリギリに交わしながらエンド側へ伸びてゆくエキゾーストマニフォールドが見応えのあるエンジンユニットサイド。キレイにメンテナンスされたリヤサスペンションやアーム類、ドライブシャフトなどの曲がりやガタは見つからない。

フロントカウル内

2本のスプリングダンパーユニットに支えられたプッシュロッド式のフロントサスペンションとそれに付随するアームやロッド類。もちろん、違和感を感じる様な点は見つからない。ちなみに、新車時からジオメトリなど全て見直すなどしてほぼ全て作り直したようだ。そのような経歴を察するに、当時のドライバーやチームの力量はもちろんの事、エンジンも然り、シリーズチャンピオンを2度も獲る所以が理解できよう。

バッテリー

ダイナモも持たないフォーミュラとはいえ、最小限の容量のバッテリーがフロントのブレーキマスターシリンダーの前にマウントされている。新品のスペアがもうひとつある。

サイドポンツーン内(左側)

左側のサイドポンツーン内には、ラジエターと戸田レーシング製のECUが設置されている。

サイドポンツーン内(右側)

右側のサイドポンツーン内は、ラジエターとオイルクーラーも設置されている。また、よく見ると、アルミモノコックには通常の倍のスポット増しがされているのが見て取れる。

フロントカウル内

サイドポンツーンの一部のパネルを入れ替え、冷却効率が上がるように、夏用のダクトカバーも左右付属する。

■インテリア

ステアリングまわり

本車両の計器類はボディパネルに装備せず、ステアリングに集約させたタイプ。若干接触が良くないこともあるようだが、稼動時はF1マシンのようで単純にカッコイイ上に、ドライビングにも集中できる重要なポイントだ。

コクピット全景

やや大ぶりの体型の人でも着座しやすいように広めに作られたコクピット。使用感はあるが、小汚い感じは無い。

シフト

フォーミュラならではの右側シフトは、Hパターンの5速ミッション。シフトリンケージも調整済みで、決まれば気持ち良さそうだ。

ペダル類

床から生えるタイプのオルガン式ABCペダル。

付属品

レイズ製のホイールに組んだ新品スリックタイヤと、エンケイ製ホイールに組んだレインタイヤ1セットがそれぞれ付属する。他にもいくつかのパーツが付属するようだ。

ブリッピング

触媒付きとはいえ、一般のホンダ車とは一味も二味も違ったレスポンシブルなエキゾーストノートを確認いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。