レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

トップ
購入希望の申し込み
お探しサービス
トップ
イオタガレージとは?
出品方法
購入方法
ストックリスト
お客様の声
よくある質問

NISSAN SKYLINE GT-R AUTECH Full Tune Ver.


BCNR33/1998年式/日本

ハコスカの再来といわしめた“大人セダン”をフルチューン仕様でたしなむ

BCNR33 GT-R オーテックバージョンが登録された。

 
1997年10月開催の第32回東京モーターショーにおいて、スカイライン生誕40周年を記念してリリースされた限定422台の『4ドアGT-R』。C10型スカイライン、いわゆる“ハコスカ”の追加モデルとして1969年に登場したPGC10型GT-R以来のスペシャルモデルだ。
 
BCNR33型GT-Rをベースに、ルーフ、フロントドア、トランクリッドは4ドアセダンを流用。リアドア、リアフェンダーは2ドアGT-Rのブリスターフェンダーと同じボリュームにするためにプレスラインを専用設計。もちろん、走りはGT-Rそのもので、RB26DETT、ブレンボブレーキ、アテーサE-TSなど、動力性能は2ドアに全く引けを取らない。
 
小さめのフロントスポイラーにリヤスポイラーレスという外観は、2ドアGT-Rに比べておとなしめで、少し物足りないほどだが、元祖ハコスカに次ぐ4ドアGT-Rの再来として、1999年の販売終了から10年以上の歳月が経っているのにも関わらず、未だ高値安定の根強い人気を誇っている。
 
本車両は、そのコンセプトを更に色濃くするべく、東名パワード製のフルコンプリートエンジンをはじめ、オーテックツカダで仕上げた現車合わせの足回りとフェラーリ用の大容量ブレーキキット、グループA用のRBエンジンを製作していた事で名高いレイマックス製のワンオフフルチタンエキゾースト等、700万円以上をかけて一通りのチューンを施し、チューンドGT-R特有の暴力的な加速と何にも動じない高いスタビリティ性能が備わり、“羊の皮を被った狼”テイストを昇華させている。
 
まさにハコスカの進化版とも言える本車両。ボディもエンジンも足回りも全てがスペシャルスペックの大人GT-Rを興奮に押し寄せられながら童心に帰ったような気持ちで思いっきり愉しんでいただきたい。
 

■外装

角度によってはナローのノーマル4ドアスカイラインに見えるものの、大きくせり出したドライカーボンのリップスポイラーをはじめ、ワイドに設計された専用のブリスターフェンダーや、控えめに備わったエンブレムによって、何気なく、そして特別のGT-Rである事をアピールしている。もちろん、目立つようなキズや凹み、色褪せは無い。

■内装

内装も2ドアGT-Rとほぼ同じだが、リヤシートはGT-Rらしくバケットタイプのものが装備されていたり、オーディオにケンウッドのハイエンドモデルが奢られていたりと、スカイラインセダンでもなく2ドアGT-Rでもない、専用の装備がスペシャル感を煽る。大事に乗られていたようで、目に止まるような傷み部分は無い。

■総評

数百メートル先からでも分かる位に特徴的なRB26特有のサウンドは、東名製のコンプリートエンジンによって更に深みが増し、快音を轟かしながら迫って来る。その様は2ドアGT-Rのそれを遥かに上回り、セダンとは思えぬ迫力だ。超軽量のカーボンシェルのフルバケットシートに身を預ければ、しっとりとした重量感を伴うシフトフィールと共に、高回転になればなるほどドラマチックな盛り上がりを見せるフルチューンドエンジンと、フルチタン製のGT-Rらしからぬ高周波系のエキゾーストノートと相まって異次元の世界に誘ってくれる。そんなスーパーカー的テイストのGT-Rセダンで至福のひとときを味わってみてはいかがだろうか。
 

車両本体価格:ASK

年式

1998年式

走行距離

54000km

ミッション

5MT

車検

H27年6月

現在色

ソニックシルバー

元色

排気量

2568cc

ハンドル位置

乗車定員

4名

車体寸法

4755/1780/1390 (mm)

車両重量

1590kg

駆動方式

4WD(アテーサE-TS)

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

AC・PS・PW・ABS・TRCETC・ナビ

入手経路

正規新車

車両形式

BCNR33

車体番号

861(下3ケタ)

エンジン形式

RB26

エンジン番号

メーター交換

あり

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

3オーナー

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

済み

リサイクル券

預託済み

現所在地

長野県

保管方法

屋内


タイヤ

BRIDGESTONE POTENZA RE-11

前:275/30R19 後:275/30R19

初走行:ー

ホイール

BBS RG-R

リム径 前:10.0J  後:10.0J

オフセット 前:20mm 後:20mm

PCD ー

ブレ-キパッド

制動屋

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

Rdd製スリットフローティングタイプ

ブレ-キキャリパ-

Brembo 4pot

F:フェラーリF50用 R:フェラーリ360モデナ用

ダンパー

オーテックツカダ製『仙脚』

単筒全長調整式減衰力6段調整

スプリング

オーテックツカダ製

バネレート:前:14kg 後:12kg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

ATS製カーボンツイン

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

NISMO製 機械式2Way

イニシャルトルク:

エアクリ-ナ-

NISMO

エキマニ

TOMEI EXPREME

触媒

NISMO

サイレンサー

レイマックス製ワンオフチタン

プラグ

デンソー製7番

プラグコ-ド

純正

ラジエター

ARC製アルミ三層タイプ

オイルクーラー

TRUST(エレメント移動式)

マウント・ブッシュ

サス:オーテックツカダ(リヤ)

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

ロールセンターアダプター・ピロテンションロッド

ドライブシャフト

純正

タワーバー

ARC製チタン

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

なし

ボディ補強

なし

シート

BRIDE GIAS

ハーネス

SCHROTH 4点式

エアロ・カウル

NISMO製BCNR33用フロントバンパー、BNR34純正ドライカーボン製リヤディフューザー、オートセレクト製カーボンリップスポイラー

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量:ー L

その他

ブリッツ製ブーストコントローラー、オーテックツカダ製アテーサコントローラー、ドゥラック製デジタルGセンサー


エンジン

TOMEI製コンプリートエンジン DERIVE PHASE1

補機類・ECU

TOMEI製ARMS B7655タービン・TOMEI製フルコン REYTEC

競技歴

無し(スポーツ走行を合計4回程度)

コンディション

エンジン:良好(2007年7月に換装後、20000km走行

駆動系:良好

シャーシ:良好

電装系:良好

足回り:良好

その他:良好

直近の走行時期:2014年11月

点検時期:2014年11月

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:

ホイール:

その他:カーマイン製ボディカバー

アピールポイント

■1998年式

■限定422台

■東名製フルコンプリートエンジン

■480ps/7000rpm

■改造費700万円以上

■即走行可能

気になるポイント

※写真を クリックすると拡大します。

■エクステリア

2ドアGT-Rを凌駕する佇まい

フロントは2Dr GT-Rのまま、リヤにかけては専用に仕立てられた4Dr GT-R。ノーマルでも程度の良いものは未だに高値安定をキープしている人気車種だが、本車両は前後のドライカーボン製エアロや大径ホイール、ブレーキをはじめ、東名製のコンプリートエンジンへのコンバート、現車合わせの足回り、ワンオフのフルチタンエキゾースト等、現オーナーによるこだわりでかなりの手が入った状態となっているが、まるでショップのデモカーのように完成度が高く、その圧倒的な存在感に驚かされる。

斜め後ろ

オーテックによって専用設計されたリヤセクションは、2ドアGT-Rにも退けを取らないほどに隆起したブリスターフェンダーによってマッシブなフォルムが作り出されている。

フロントマスク

ニスモ製のバンパーとオートセレクト製のカーボンリップスポイラーによって凄みが増しているフロントマスク。

リヤビュー

オーテックやGT-Rのエンブレムをはじめ、レイニック製2本出しフルチタンマフラーやBNR34純正カーボンディフューザーによって、さりげなく重厚な風格を感じるリヤビュー。

サイドフォルム

BBS製の大径19インチホイールとオーテックツカダ製の現車合わせの足回りによって車高がバランス良く落とされ、チューンドっぽい雰囲気は出しつつも、セダンらしい落ち着きのあるフォルムを作り出している。

フロントまわり

大きく目立つようなキズも無いフロントまわり。ダクトだらけの顔つきはGT-Rだからこそ似合う。

ボンネット

エンジンの高熱による白ボケ部分もなく、充分なツヤを保っている純正アルミボンネット。

フロントウィンドウ

致命傷となるような飛び石キズやヒビは見当たらない。

トランクリッド

最もセダンぽい部分であるトランクリッドは、リヤウイングはおろか、ダックテールっぽくもなっていないプレーンな仕様。色つや共に全く問題はない。

インタークーラー

バンパー開口部にはお決まりの大容量タイプのニスモ製インタークーラーが装備されている。

ルーフ

クリアの剥げやヒビ等も無いキレイなルーフ。

タイヤ&ホイール

タイヤはBRIDGESTONE POTENZA RE-11で、サイズは全て275/30R19。ホイールはBBS RG-R 10.0J +20。ガリキズも無く、キレイにツライチにセットされている。中から覗くのは、Brembo製の4PotキャリパーとRdd製スリットローター。フロントはフェラーリF50用、リヤは360モデナ用のフロントを流用しているので、ストッピングパワーも申し分無い。

マフラー&ディフューザー

V8エンジンのような甲高いエキゾーストノートを放つレイマックス(旧レイニック=RB26 Gr.Aエンジンを開発した日産工機のモータースポーツ部門)製のワンオフのフルチタンエキゾーストシステムをフロントパイプからリヤエンドまで装備。触媒はニスモ製のスポーツタイプを奢る。更にBNR34純正のドライカーボン製のリヤディフューザーを装備。100km/h程度のスピードでも整流効果によるスタビリティの向上を感じ取れるそうだ。

LEDテールランプ

流行のLEDをテールランプに装備。より特別感を演出するためのセンスあるモディファイだ。

■エンジン・トランクルーム

ボンネット裏

年式相応のボンネット裏ではあるが、オイルなどの液体を噴いたような跡は無い。

エンジンユニット

名機RB26DETTをベースに、ピストンやコンロッド、クランクシャフトなどのメカニカルチューンはもちろんの事、タービンやECU等の補機類を含めてトータルにセッティングされたTOMEI製コンプリートエンジンDERIVEユニットPHASE1。その正規販売代理店である日産ディーラー系列のKn’sファクトリーにて換装後、年に数回のサーキットでのスポーツ走行を含め、2万キロを走行している。フルチューンエンジンらしく、アイドリングこそバラバラした感じだが、回転を上げると揃ってくるフィーリングがスペシャル感を煽る。もちろん現在まで不具合は一切無い。

TOMEI DERIVE PHASE1

それまではブーストアップ程度だったノーマルエンジンから、2007年7月に東名製のコンプリートエンジン“DERIVE PHASE1”に一気に換装。最大ブースト1.3kg/㎥で480psを誇る77番目のフルチューンエンジンは、エアインテークパイプ等の周辺パーツも新調し、より堅牢なシステムになるように現オーナーが仕立てている。

トランク

4ドアのスカイラインと同じ容量のトランク。カーペットを剥ぐとスペアタイヤが現れるが、水が溜まったような跡も無くキレイだ。

■インテリア

車内全景

R32やR34GT-Rと比較すると、やや普通車っぽいインテリアデザインとなったR33モデルだが、ブーストコントローラーやアテーサコントローラーなどの機能パーツは装備しつつ、あくまでも4ドアセダンらしい雰囲気を残している。既に15年以上前の個体ではあるが、ヤレた箇所が見当たらず、清潔感さえ漂う。

メーターまわり

300km/hまで刻まれたフルスケールメーターと11000rpmまで表示されたタコメーターに換装し、増大したパワーとレスポンスに充分対応できるようになっている。オドメーターは3万キロちょっとになっているが、実際の走行距離は54000km。

センターコンソール

GT-Rの専用装備である3連メーターはニスモ製に換装。左からフロントトルク計、油温計、ブースト計。その下にあるエアコンパネルも文字欠けなく表示される。

ドア

4ドア用の小ぶりのフロントドア。内張りの剥がれや破れは無い。

フロントシート

フロントシートは2脚ともBRIDEのフルバケットタイプに換装。擦れや褪せもなく、クリーンに保たれている。

リヤシート

使用感のないバケットタイプの純正リヤシート。運転席の後ろはハーネスを装着したままとなっているが取り外すことも可能。

天井

垂れやシミもないキレイな天井。

オーナーズブック

TOMEIのコンプリートエンジンに乗せ替えないと入手できないシリアル番号入りのオーナーズブックが付属する。エンジンの仕様が記載されており、オーナーの気持ちをくすぐる逸品だ。

パワーチェック済み

TOMEIコンプリートエンジンの正規代理店であるKn'sファクトリーで測定したパワーチェック表も付属。

ブリッピング〜走行シーン

RB26DETT特有の三重奏的なメカニカルサウンドを更に濃密にさせたような官能サウンドを堪能いただきたい。

購入希望の申し込み
ストックリスト
お探しサービス

以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。