レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

Lotus Elan S4


型式不明/年式不明/イギリス

名門ロータスが生んだライトウェイトスポーツの傑作を気軽に楽しめる1台






今回はロータス・エランS4をご紹介しよう。


FRP製モノコックボディ構造に代表される初のロータス製GTカー『エリート』の後継車として、1962年のアールズコート・モーターショーでデビューしたエラン。


『ロータス26』の開発コードネームを持つ通称シリーズ1(S1)からS4スプリントまで進化し、1973年までの11年もの間に実に1万2000台が生産され、バックヤードビルダーに過ぎなかったロータスを世界に轟かせた傑作のライトウエイト・スポーツカーだ。


エンジンは英国フォードとの提携で、コルチナでおなじみの直列4気筒OHV 116Eユニットをベースに、元BRMのハリー・マンディらで自社開発したDOHCヘッドを持つロータスツインカム。


シャーシは、元フォードのロン・ヒックマンがデザインした銅板バックボーンフレーム+FRPボディ。当初はロータス・セブンに代わり、スプリジェットに対抗するべくオープンモデルを前提として設計が進められため、堅牢かつ軽量なX型のバックボーンフレームを採用した。


後のロータスからリリースされた車両の大半はバックボーンフレームを持つほどの定番構造で、日本でもユーノスロードスターやマツダRX-7、はたまたトヨタ2000GTも参考にしたと言われている。


そして今回紹介するS4は1968年よりリリースされたもの。S3で105psから115psにパワーアップしたロータスツインカムはそのままに、アメリカの安全基準に則したボディになって登場した。


本車両は現オーナーが体力的に乗れなくなってしまったため、やむなく手放すということのようだが、屋内保管されている個体だけに、年式の割には比較的状態は良く、エンジンも元気よく目覚める。


街乗りするにしてもスーパーセブンほど気合いはいらず、それでいて余裕で1tを切る超軽量&コンパクトボディのおかげでかなり軽快にドライブすることができる。


スポーツカー好きなら一度は乗っておきたいクルマ。
お値段もお手頃になってきた現在、ぜひご自身の車歴に入れておいてみてはいかがだろうか?





■外装

ソリッドイエローが眩しいフィクスドヘッド・クーペの本車両は、しばらく倉庫内で眠っていたので若干ホコリっぽい部分もあるが、大きく朽ちていたり、グサグサという訳ではなく、簡単に洗車をすれば充分キレイになる状態だ。

■内装

アルミのリングとウッドを多用したインストルメントパネルはまさにヒストリックカーならではの眺め。激しくめくれ上がったりヒビがはっている場所は見当たらない。天井は若干ヨゴレはあるが垂れてはおらず、シートも比較的キレイに保たれている。

■総評

既にヒストリックの部類に入る車種にはなるが、気難しい点もさほど無く、それでいて初期のロータス黄金期を充分満喫できるのがエラン。現代のクルマにはほとんどない超軽量ボディと、味のあるロータスツインカムとの組み合わせが何よりも気持ちがいい。コンパクトなサイズと相まって、街中はもちろん、ワインディングやサーキットでも爽快に楽しめる1台となるだろう。





売約済み








年式

不明

走行距離

33,920km

ミッション

4速MT

車検

切れ

現在色

イエロー

元色

イエロー

排気量

1,558cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

3683×1422×1160(mm)

車両重量

700kg

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

ヒーター・PW・ETC

入手経路

中古並行

車両形式

不明

車体番号

エンジン形式

LP

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

なし

修復歴

不明

オーナー数

不明

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

未納

リサイクル券

未預託

現所在地

山梨県

保管方法

屋内



タイヤ

ブリヂストン SF-248

前:145/SR13 後:145/SR13 

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ーJ 後:ーJ

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

不明

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

F:純正 R:コニークラシック

スプリング

純正

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

TTR社製アルミラジエーター

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

消火器

不明

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL



エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2012年3月

点検時期2010年4月

スペアパーツ

エンジン

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■イエローに再塗装

■練馬56ナンバー

■即走行可能

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

元祖ライトウェイトスポーツカー

ロータスの名を世に知らしめた代表作がエラン。イエローに再塗装されたFRPボディはツヤも充分あり、とても40年以上前の車両とは思えないほどキレイだ。

斜め後ろ

ミッドシップのようにリヤが長めのフォルム。アメリカの安全基準に対応したS4ということで、本車両は希少な北米仕様と思われる。

フロントマスク

空気抵抗が少なそうな平べったいフロントマスク。バンパーにナンバー用の凹みがあるのは珍しい。

リヤビュー

ややコーダトロンカ風のリヤ。テールランプが角型なのはS4の特徴のひとつ。

サイドフォルム

フィクストヘッドクーペのラインが美しいサイドビュー。ホイールアーチの形状が角張ったものになったのもS4から。

ボンネット

ピンが装備されたボンネット。バルジはS4になってキャブレターがウェーバーからゼニス・ストロンバーグに変更したために設けられた。

ヘッドライト

ヘッドライトはHID化。夜間も明るく安心。もちろん飛び石キズやヒビはない。開閉もスムーズ。

ルーフ

色褪せや歪みのないルーフ。

スリット

リヤクォーターピラーにはベンチレーション用のスリットが設けられている。

マフラー

2本出しのスチールマフラー。純正の割には野太く、弾けるようなロータスツインカムサウンドを奏でる。

下まわりの眺め

40年以上の割には比較的きれいな下まわり。大きな凹みやサビでグサグサになっているような部分はない。

フロントウインドウ

ヒビや割れのないフロントウインドウ。アールがきつく、ワイパーがうまく雨滴を拭き取れないのはお約束。

タイヤ&ホイール

タイヤはブリヂストンのSF-248。サイズは全て145/SR13。ホイールは純正でセンターロック式。

サイドシル

サビや凹みもないサイドシル。

エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

水冷直列4気筒DOHC1,558cc、115ps/6,250rpmを発する伝統のロータスツインカム。赤く結晶塗装されたヘッドカバーがカッコイイ。

キャブ

S4からは、排ガス規制の厳しい国向けモデルとして、キャブレターがそれまでのウェーバーからゼニス・ストロンバーグに変更された。

トランク内

サイズの割には広めのトランクルーム。同サイズのスペアタイヤは床板をめくると現れる。バッテリーはリヤに設置されている。

ポンプ

フューエルポンプが窓付きでトランク内に設置されている。

インテリア

エントランス部分

ヒストリックカーたる味のあるエントランス部分。サイドシルやドアヒンジなど、比較的キレイに保たれている。

ドライバーズシート

年式の割に大きく目立つようなホツレやヨゴレがない運転席。

メーター類

ウッドパネルとメーターリングでレイアウトされたインストゥルメントパネル。オドメーターは奇跡の3万キロ台だ。

センター部分

ライトやチョーク、パワーウィンドウやワイパーなど、機能的な部分はセンターにまとめられている。もちろん不具合はない。

助手席

純正シートの助手席側。年式相応だが、特に大きく破れたり汚れたりしているところはない。足元には消火器を設置。

天井
シミや破れが若干あるが、垂れのない内張り。

その他

シリアルプレート

サイドシル部分にシャーシNo.などが確認できるシリアルプレートが貼られている。

エンジン始動〜ブリッピング

野太く弾けるようなロータスツインカムのエキゾーストノートをご堪能いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。