レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

PORSCHE 911 Carrera (Type 993)


993/1996年式/ドイツ

フルメンテナンスされた程度良好な空冷最後のポルシェ登場!






ポルシェ993カレラを紹介しよう。


今さら説明は不要かもしれないが、993は空冷最後のモデルとして未だ人気の高いモデルだ。


ボディはクーペの他、ターボ、カブリオレ、タルガが、エンジンは3.6NA、3.8NA、3.6ツインターボの3種が用意され、それらを多彩に組み合わせ、カレラ、カレラS、RS、RSR、GT2、カレラ4、カレラ4S、ターボ、ターボSなどがリリース。911の中では最も短命に終わった993だが、多くのグレードがラインナップされた。


内装は964までと同じような『ポルシェを着る』と例えられるようなタイト感が残る雰囲気ながらも、外装は峰の低くなったフロント周りや細身になったテールエンド、ボリューミーになったリヤフェンダーなどで、イメージは一新。エンジンも964と基本的には同じだが、1996年以降にラインオフしたモデルについては『バリオラム』を装備。1995年モデルのカレラRSで採用された可変吸気システムによって、3.6Lで13馬力アップした285ps、3.8Lで15psアップした300psとなった。


また、足まわりがマルチリンク式になったり、排気量やパワー増大に伴う排気系統のデュアル化、エンジンのメンテナンスフリー化など、911の空冷モデルとしては完成系の域に達していたと言える。


さらに、水冷モデルの996になった後にも、それまでの空冷パーツは全く流用されていなかったわけではなく、GT3やタ-ボのクランクケースなど、スペシャルモデルについては強度が強く安全マージンが取り易いパーツは採用され続けていた様だ。


それはつまり993は、次世代の996との掛け橋として生産されたモデルだったからと言われている。993が魅力的なのは、最後の空冷という理由だけではなく、993を構成しているパーツ自体も一級品だったからなのである。


そんな993だが、今回は最終モデルとなる1996年式のカレラをご紹介する。


ミツワで新車登録され、12ヶ月点検と車検はつい先日まで欠かさず行なわれていた1オーナーの良質車両。しかも女性オーナー所有なので、外装はもちろん、内装も年式や走行距離の割にはきれいだ。


もちろん、バリオラムエンジン搭載で、当時のフルオプションメニューとなる、キセノン、サンルーフ、リアワイパーが装備された車両だ。


ミッションはおなじみのティプトロだが、通常のトルコンATとは思えぬスポーティーなフィーリングで、特にMTに拘る必要がないと断言できる位に楽しい。


若干距離は多めだが、女性らしいマメなドッグ入りですこぶる調子は良いので、最後の空冷最終モデルを安心してノーマルで楽しみたい方には絶好のチャンスとなるだろう。





■外装

鮮やかなスピードイエローの外装は、飛び石などの軽いキズはあるものの、大きく目立つようなキズや凹み、サビ、褪せなどはない。

■内装

5連メーターの見慣れた内装は年式相応ではあるが、その割にはホコリっぽさもなく、クリーンな印象なので、マメに掃除はしていたようだ。もちろん、タバコやペットの臭いなどもない。

■総評

未だ高値安定の993だが、これだけマメにメンテナンスを施された車両はそうそう見つからない。しかも正規ディーラー購入の女性ワンオーナーだから傷みも最小限。変に改造もされていないので、空冷本来のフィーリングを楽しむことができる。バリオラム搭載の空冷最終モデルを気軽に満喫したい方には本当に喜ばしいニュースとなるだろう。





売約済み








年式

1996年

走行距離

110,347km

ミッション

ティプトロニック

車検

切れ

現在色

スピードイエロー

元色

排気量

3600cc

ハンドル位置

乗車定員

4名

車体寸法

4245×1730×1300(mm)

車両重量

1370kg

駆動方式

RR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

AC・PS・PW・ETC・サンルーフなど

入手経路

正規新車

車両形式

993

車体番号

エンジン形式

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

あり

修復歴

なし

オーナー数

1オーナー

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

未納

リサイクル券

預託済

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内



タイヤ

ブリヂストン・ポテンザ S-02A

前:205/50ZR17 後:255/40ZR17 

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ーJ 後:ーJ

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

純正

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

なし

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL



エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

なし

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2012年5月

点検時期2012年5月

スペアパーツ

エンジン

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■バリオラム搭載車

■女性1オーナー

■フルノーマル

■車検2年付(法定費用は別途)

■即走行可能

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

未だ人気の最後の空冷

最後の空冷となった993。熟成された空冷エンジンが最大の魅力だが、フォルムもより流面形になってボリュームが増した。

斜め後ろ

いつの世代の911もリヤクォーターからリヤエンドまでのラインが美しいが、特に993は、リヤの足まわりのマルチリンク化や、エキゾーストの容量アップ化をするべく、リヤフェンダーをより膨らませたために、よりグラマラスなフォルムが実現している。

フロントマスク

飛び石キズなども最小限のフロントマスク。特に大きく目立つような凹みもない。

リヤビュー

テールランプとリヤガーニッシュが一直線状に細身になって、よりロー&ワイドに見えるリヤビュー。

サイドフォルム

ノーマル車高でも腰高感のないスポーティーなサイドフォルム。

フロントウインドウ

飛び石キズなどもないフロントウインドウ。ワイパーの動きが独特だ。

ヘッドライト

特に飛び石キズやヒビもないヘッドライト。キセノンは当時の純正オプション。

サンルーフ

スムーズに開閉する電動サンルーフ。キセノンヘッドライトと一緒に純正オプションで装備。

トランクリッド

無数のルーバーが刻まれたリヤスポイラー一体型のトランクリッド。

シリアルナンバー

フロントウインドウ越しに確認できるシリアルナンバー。

リヤより下まわりの眺め

年式相応な下まわり。大きな凹みやサビでグサグサになっているような部分はない。

リヤダッシュボードの割れ

熱によって割れてしまったであろうリヤのダッシュボード。使用に影響はない。

タイヤ&ホイール

タイヤはブリヂストン・ポテンザ S-02Aで、サイズはフロントが205/50ZR17、リヤが255/40ZR17。ホイールは純正。

サイドシル

特に大きなヘコミや腐りもないサイドシル。

エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

水平対向6気筒SOHCの空冷3,600ccユニットはバリオラム搭載で、285ps/6100rpm、34.0kgm/5250rpmを発する。

エンジンフード裏

特にオイルを噴いたような跡も無いエンジンフード。

トランク内

キレイなトランク。水の浸入なども無さそうだ。

純正工具など

フロアをめくると純正工具やバッテリーが出てくる。

インテリア

エントランス部分

サイドシルやドアヒンジなど、比較的キレイに保たれているエントランス部分。

ドライバーズシート

レザーのスポーツシート。サイドサポートなどは年式相応にヒビが入っているが、大きく目立つような破れやヨゴレはない。

コクピット

5連メーターが伝統のレイアウトとなっているコクピット。ほぼ964までのシリーズと一緒だ。

メーター類

カレラでも300km/hまで刻まれたフルスケールメーターが純正装備される。

助手席

年式相応だが、特に大きく破れたり汚れたりしているところはない。

リヤスペース

リヤスペースもいままでのモデルと同様に、エマージェンシー用と割り切るのが妥当。

その他

天井

特に垂れや破れのない内張り。

エンジン始動〜ブリッピング

バリオラム搭載の空冷フラット6エキゾーストノートをご堪能いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。