レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

PORSCHE 911 Turbo (Type 930)


930/1983年式/ドイツ

“元祖ターボ”を存分に味わえる街乗り可能なレーシング仕様ポルシェ登場!






ポルシェターボを紹介しよう。


開発コードネーム『930 turbo』の通称930ターボは、カレラRS3.0の空冷フラット6エンジンをベースとした930/50型を搭載し、1974年のパリ・サロンでセンセーショナルにデビュー。見た目的にも米国の保安基準に従った5マイルバンパーが装着されたことにより『ビッグバンパー』とも呼ばれている。


リリース当初は、2,994ccのボッシュKEジェトロニックとブースト圧0.8のKKK製ターボチャージャーにより、260ps/5,500rpm、35.0kgm/4,500rpmを発するエンジンだったが、本車両に搭載されたバージョンは3,299ccに排気量アップされた上にインタークーラーも備え付けられ、300ps/5,500rpm、42.0kgm/4,000rpmを発するまでのスペックに至った。


発売当時はスーパーカーブームの真っ只中で、930ポルシェもフェラーリやランボルギーニなどに引けを取らないパフォーマンスを誇り、特にターボモデルは別格であると言われていた。


しかし、有り余るパワーにより、1986年まで搭載されていた915型と呼ばれるポルシェ内製4速トランスミッション『ポルシェシンクロ』がすぐに悲鳴を上げてしまうことから、1987年からは国産車などと同じシンクロでクセの無い操作が可能なボルグワーナー式のゲトラグ製5速G50ミッションを採用した。それにより耐久性が格段に上がったようだ。


そうして『930ターボ』は、マイナーチェンジを繰り返しながら1989年まで15年間も生産され続けた名車なのだが、そのいいところ取りをしたかのような車両が、今回紹介する個体となる。


年式は1983年製となるが、3.3Lの空冷インタークーラーターボに、搭載が難しいとされるG50ミッションに載せ換えてある点が最大のポイント。これだけでも200万円以上の改造費がかかる上に、前後バンパーやFRP製のフロントフェンダーも社外品にコンバート、マターのロールケージも隙間無く組み込まれており、安全性や剛性感もバッチリだ。


また、930ターボの最終型となるターボS用の純正マフラーを装備し、うるさすぎず、それでいてポルシェらしい空冷特有のボクサーサウンドを奏でる。


その他にも、スムーズに作動するサンルーフやHIDのヘッドライト、ミシュランのパイロットスポーツカップなど、機能パーツも多数組み込まれている。


距離は若干多めだが、当時の雰囲気をうまく残しつつ、乗りやすさや耐久性・安全性が高められた本車両は最良のポルシェ930ターボではなかろうか。





■外装

グランプリホワイトの外観は、年式相応に小キズやエアロのワレやヒビもあるが、総じてターボらしい、抑揚の効いたボリューミーな外観が保たれている。

■内装

ポルシェらしい5連メーターが鎮座するコクピットは今見てもホレボレする位にカッコ良く、しかも古さを感じない。加えて、レカロのフルバケットシートやマター製ロールケージがレーシーな雰囲気を高めてくれる。

■総評

車検は現在切れてしまっているが、それまではナンバー付き車両として公道を走行していたので、大きな不具合は起きにくいと思われる。何よりも、最大のウイークポイントとなるミッションがG50タイプになってその手のトラブルは解消されている。それでいて、お値段も比較的リーズナブルなので、元祖ポルシェターボを比較的安価に、長期に渡って味わえる希少な個体だろう。





売約済み








年式

1983年

走行距離

110,572km

ミッション

5速MT

車検

切れ(抹消渡し)

現在色

ホワイト

元色

ホワイト

排気量

3,299cc

ハンドル位置

乗車定員

4名

車体寸法

4291×1775×1310(mm)

車両重量

1360kg

駆動方式

RR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

ヒーター・PW・ETC・サンルーフなど

入手経路

中古並行

車両形式

930

車体番号

エンジン形式

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

なし

修復歴

不明

オーナー数

不明

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

未納

リサイクル券

未預託

現所在地

静岡県

保管方法

屋内



タイヤ

ミシュラン・パイロットスポーツカップ

前:205/55/16 後:245/45/16 

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ーJ 後:ーJ

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

不明

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

クワンタム製

スプリング

不明

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

不明

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

不明

フライホイ-ル

不明

ミッション

純正(G50)

レシオ:ー

ファイナルギア

不明

レシオ:ー

LSD

不明

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

不明

触媒

不明

サイレンサー

純正(930ターボS用)

プラグ

不明

プラグコ-ド

不明

ラジエター

不明

マウント・ブッシュ

サス:不明

エンジン:不明

デフ:純正

ミッション:不明

メンバ-・ロッド

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

マター製

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

シート

レカロ SP-G

ハーネス

純正

エアロ・カウル

不明

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL



エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

不明

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2012年5月

点検時期2012年5月

スペアパーツ

エンジン

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

ボルグワーナー式ゲトラグ製5速G50ミッション換装

■930ターボS用純正マフラー

■即走行可能

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

ターボといえばポルシェ

全てのターボはここから始まったと言われる位に元祖的存在の930ターボ。スーパーカーブームの時に見た時と同じような感動が今見ても当時のようによみがえってくる。

斜め後ろ

ポルシェ特有な部分というのは数多く存在するが、リヤまわりの大きくフレアしたプレスラインもそのひとつ。特にターボボディは迫力があり、好き者にはたまらない。

フロントマスク

現行モデルでも意匠を守り続けているおなじみのフロント部分。バンパー部分が社外品に変更されている。

リヤビュー

逆に後塵を浴びせられたいほど魅力的なグラマラスなリヤビュー。

サイドフォルム

ほどよく落ちた車高がレーシーなサイドビュー。

ボンネット

ピンが装備されたボンネット。オープナーは生きている。

ヘッドライト

特に飛び石キズやヒビもないヘッドライト。

サンルーフ

スムーズに開閉する電動サンルーフ。

トランクリッド

無数のルーバーが刻まれたリヤスポイラー一体型のトランクリッド。

マフラー

1989年に限定発売された330psのターボS用純正マフラーにコンバート。純正なので音量は若干控えめだが、空冷ポルシェらしいエキゾーストサウンドは健在。

リヤより下まわりの眺め

年式相応な下まわり。大きな凹みやサビでグサグサになっているような部分はない。

右フロントフェンダーの割れ

FRP製のフロントフェンダーにやや目立つ割れが確認できたが、走行に支障は無さそう。

タイヤ&ホイール

タイヤはミシュラン・パイロットスポーツカップで、サイズはフロントが255/55/16、リヤが245/45/16。山はまだ充分ある。ホイールは純正。

HID

ヘッドライトはHID式にしてあるので、夜間の走行もひときわ安心だ。

エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

空冷水平対向6気筒SOHC3,299cc 300ps/5,500rpm 42.0kgm/4,000rpmを発する伝統のエンジンユニット。

ヘッド部分

右奥を覗くと、片バンクではあるが赤いヘッド部分を見ることができる。

トランク内

特にサビや腐りもないトランクルーム。

シリアルプレート

シリアルプレートはトランク内に貼ってある。

インテリア

エントランス部分

これまたポルシェらしいキャビンのエントランス部分。サイドシルやドアヒンジなど、比較的キレイに保たれている。

ドライバーズシート

運転席側はレカロのSP-Gに換えてある。大きく目立つようなホツレやヨゴレはない。

コクピット

男の職場的な武骨なコクピット。ディープコーンのMOMOステアリング、床から生えたABCペダル、そして横一列に並んだ5連メーターも素直にカッコイイと思える。5F化されているシフトノブもポイント。

メーター類

300km/hまで刻まれたフルスケールメーターがスーパーカーであることを再認識させられる。

助手席

純正シートの助手席側。特に大きく破れたり汚れたりしているところはない。

リヤスペース

マター製のロールケージが組まれた車内。リヤスペースはエマージェンシー用と割り切るのが妥当。

その他

天井

特に垂れや破れのない内張り。

エンジン始動〜ブリッピング

空冷フラット6特有のエキゾーストノートをご堪能いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。