レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

国さん&ドリキンの名コンビで大ブレイクしたあのGT-Rが登場!






R32 Gr.A GT-Rの登場だ。


国さんこと高橋国光氏ドリキンこと土屋圭市氏がドライブした、あのSTPタイサンGT-Rそのものである。


レースに勝つべくして登場したR32 GT-Rは、全日本ツーリングカー選手権(グループA)での勝利を目的に、市販モデルのGT-RニスモをベースにグループA仕様が作られた。


車体や駆動系は追浜、エンジンまわりを日産工機が担当、足まわりをニスモが担当して作られたGr.A GT-Rは、1990年当時、5500万円のプライスタグを付けてニスモから限定販売された。その第一号車が本車両となる。


本車両が全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦しはじめたのは1991年からで、グループA最後の年となる1993年には、第2戦のオートポリスにて悲願の優勝を果たした。


それからはニスモフェスティバルなどのファンイベントにて出走する程度で、2000年にはニスモ大森ファクトリーにてフルレストアを施しているようだ。


もちろん、現在もエンジン一発始動で、動体保存されている。


GT-R人気を一気に爆発させた名車、しかも高橋国光土屋圭市という名コンビによる熱い走りが今でも脳裏に焼き付いているファンも少なくないだろう。


そんな素晴しい経歴を持つ本車両、GT-Rファンはもちろんのこと、国さんファンやドリキンファンにもたまらない逸品となろう。









■外装

おなじみのアドバンカラーは経年劣化によるヒビや割れは散見されるものの、レースの痕跡としてみればリアリティがあって逆に魅力も増す。タイヤやホイールなどの消耗品も装着されているので、まさにサーキットからそのまま持って来た状態だ。

■内装

ノーマルの雰囲気はあるものの、ニスモ製の4000rpmから表示されるタコメーターがレースカーを強く意識させる。運転席後方には、ブレーキを強制的に冷却する装置も装備されているが、それはチームタイサンが独自開発したオリジナル品。

■総評

R32 GT-Rを強く印象づけた1台として、間違いなくランクインされるSTPタイサンGT-R。それは、このド派手でレーシーなアドバンカラーと、それをドライブする国さんとドリキンによる名コンビによって繰り広げられた熱い走りによるところが大きい。そんな名車と名ドライバーという好条件が揃った個体はそうは無い。お値段は決してお手軽なものではないが、モータースポーツの歴史に深く刻まれた本車両は、まさに国宝級といっても過言ではなかろう。





売約済み





年式

車両製作:1991年

走行距離

不明

ミッション

Hパターン5速

車検

現在色

アドバンカラー

元色

排気量

2568cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

4545×1755×1320(mm)

車両重量

1,260kg

駆動方式

トルクスプリット4WD(アテーサE-TS)

使用燃料

装備

入手経路

正規新車

車両形式

BNR32

車体番号

エンジン形式

RB26

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

1オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

関東

保管方法

屋内



タイヤ

YOKOHAMA ADVAN

前:260/40/ZR18 後:260/40/ZR18 

初走行:ー

ホイール

VOLK RACING

リム径 前:10J 後:10J

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

サス仕様

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正(Triple)

ギアレシオ

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

サイレンサー

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

純正

アンダーコート

なし

ロールバー

純正(溶接)

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

純正

シート

SPARCOフルバケットタイプ

ハーネス

Sabelt 6点式

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL



エンジンチューン

日産工機純正

補機類・ECU変更

日産工機純正

競技歴

1991年〜1993年 全日本ツーリングカー選手権(グループA)フル参戦

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2011年9月

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン

ミッション:ー

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■本物のSTP タイサン R32 Gr.A GT-R車両

■600ps以上

■2000年にニスモ大森ファクトリーにてフルレストア

■動体保存

気になるポイント

なし


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

R32 GT-Rの中でも代表的な1台

1990年より全日本ツーリングカー選手権にエントリーされたR32 GT-Rは、1993年までに29連勝という金字塔を打ち立てた名車中の名車。中でもカルソニックスカイラインと人気を二分していたSTPタイサンGT-Rは、 高橋国光&土屋圭市という名コンビによる熱い走りによって、レースに対する注目度はもちろん、GT-Rへの注目度も高めた1台である。大きくついたネガティブキャンバーが今見ても強烈な印象を植え付けられる。

リヤサイドフォルム

グループA規定によってノーマルを保っている外観は、リヤウイングさえもノーマルのまま。背後からの眺めではトランクリッドを留めるラバーでしかノーマルとの違いはない。

サイドビュー その1

フォルム自体はノーマル然としているが、おなじみのアドバンカラーとフェンダーいっぱいに収まったタイヤ&ホイールが大迫力だ。

サイドビュー その2

助手席側に回ると、後席下あたりから2本出しのエキゾーストパイプが確認できる。アフターファイヤーを放ちながら激走していたGT-Rを思い出す。

フロントまわり

今どきのレーシングカーのように、カーボン素材が多用されているわけでもなく、ノーマル車と同等の素材がそのまま使われている。ボンネットピンや牽引フックがレーシーだが、グリルから出ているエアジャッキ用の吸入口は市販車には装備できない相違点だ。

リヤセクションまわり

少々見にくいが、リヤウインドウ越しに見えるロールケージと、トランクリッドに大きく開けられたフューエルリッドがタダモノではない雰囲気を醸し出している。

タイヤ&ホイール

装着されているタイヤは、フロント・リヤ共にが260/40/ZR18のYOKOHAMA ADVAN ラジアル。ホイールはRAYS製VOLK RACING SUPER FINE MAG。AP製6ポッドの大型キャリパーもスポークの間隙から確認できる。

フロントウインドウ

フロントウインドウには目立った飛び石キズやヒビもない。

下まわり

アンダーフロアーに大きなヒット跡やサビなどはほとんどなく、比較的クリーンな状態が保たれている。

ルーフ

無線アンテナ取付け用の穴は空いているが、歪みやヘコミ・色褪せなどもない。

エンジン・トランクルーム

Gr.Aチューンの名機RB26DETT

意外にもノーマルと大差なく見えるエンジンルーム。しかし、日産工機によってフルチューンされたエンジンは、出荷時点で550ps/7600rpm、50kgm/6000rpmというハイパワーを誇るスペックで、レースによってはブースト1.6kgで650psを叩き出すモンスターマシンだった。あの何とも勇ましいRBサウンドに酔い痴れた人は少なくないだろう。

ボンネット裏

量産車と同様のアルミボンネット。不燃材こそ付いていないが、骨組みはそのままの状態だ。オイルが吹き出たようなシミはない。

R32 Gr.A GT-R 1号車

当時5500万円のプライスタグを掲げ、ニスモより限定販売されたグループA仕様(完成車)R32 GT-Rの1号車の証となるシリアルプレート。

トランク内

トランク内は安全タンクが鎮座する。

インテリア

ドアまわり

ウィンドウも内張りもアクリルやカーボンではなくノーマル車と同様。パワーウインドウスイッチもそのままだが、実際はレギュレーターで手動開閉する。

コクピット

サイドバーやフルバケットシートがレーシングカーらしさを醸し出す。Bピラー付近にあるものは、ブレーキ冷却用リッドで、ここから水を供給する。チームタイサンがオリジナル開発したブレーキ対策品だ。

メーター類

M'sの小径ステアリングの奥にはニスモ製のメーター類が設置されている。左から油圧計、ブーストメーター、タコメーター、水温計。特にタコメーターは4000rpmから詳細表示され、上は10500rpmまで刻まれており、レーシングカーらしさを確認できる。

センターコンソール

センターコンソールには、燃圧系や油温計などの他に、電動ファン、アテーサE-TSのトルク配分調整ツマミ、スタック時に使うセンターデフロックスイッチなどが備わる。

シート

シートはSPARCO製のフルバケットタイプのシートが奢られている。両席ともにサイドサポートの破れやほつれはない。

ブレーキ冷却用ウォータータンク

助手席後方には、チームタイサンオリジナルのブレーキキャリパー冷却用のウォータータンクが備わる。満タンで38Lを積載可能。

後方視界

後方視界自体は、ノーマルのGT-Rと大差ない。バッテリーはトランクスルーの所に設置されている。

迫力のエンジン始動〜ブリッピング音

一発始動のエキゾーストノートをご確認いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。