レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

HONDA CIVIC TYPE R One Make Race Car


FD2/2008年式/日本

即走行・即参戦・即戦力となるFF最強のワンメイクレースカー登場!






シビック タイプR ワンメイクレースカーである。


ホンダが2008年度から開催した『ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース 〜シビック・シリーズ〜』の専用車両だ。


シビックのワンメイクレースは、1981年から20年以上開催された歴史あるレースで、2002年に車両がインテグラ タイプRに変更されたものの、2008年より『FF タイプR史上最速』と言われるFD2型シビック タイプRで再スタートが切られた。


レース自体は、アマチュアからプロドライバーまでが参加するような門戸が広くとられたカテゴリで、『スーパーGT』や『フォーミュラ・ニッポン』、『スーパー耐久』などと同時開催された。ワンメイクレースらしい、抜きつ抜かれつの息つく間もない程のレース展開は、観客としてもドライバーとしても楽しめる、とてもエキサイティングなレースとして人気を博した。“シビック使い”といわれるドライバー達が、数々の名勝負を生み出したのも本カテゴリならではの特徴だ。


一方、車両の方は、「まるでレーシングマシンにナンバーを付けて売り出したようだ」と土屋圭市氏に言わしめたFD2型シビック タイプRをベースに、市販車両に装備されるパーツ類を生産工程で最大限に削減。同時に、エントリー時の出費を極力省けるようなレーシングスペックのベース車両としてHonda Carsの正規ディーラーよりリリースされた。


当時、1,690,500円で新車購入したベース車両に、さらに約450万円を投じてホンダワンメイクレースアソシエーション(H.O.A.)が指定・認定したレース部品を装備し、完全なるワンメイクレースカーに仕立てたのが本車両となる。


『ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース』シリーズは2011年をもって終了はしたが、『無限パワーカップ』や、『もてぎチャンピオンカップレース』には即参戦が可能。また、『もてぎEnjoy耐久レース』や『スーパー耐久』にも一部改良を加えれば出場可能なので、まだまだ活躍できるステージは多い。


今回、オーナー氏は車両整理のため売却の運びとなったが、車両自体がまだ新しいということに加え、メンテナンスもしっかり行き届いているので、今後もランニングコストはリーズナブルに抑えられ、それでいて立派なタイムを叩き出すこともできるという、非常にコストパフォーマンスの高い車両となり得るだろう。





■外装

チャンピオンシップホワイトのみに設定された車体色には、当時のスポンサー向けのカッティングシートによる装飾がなされてる。左側面におそらくサイド・バイ・サイドで争った際についたであろう凹みキズが多少あるものの、外観は総じてキレイ。ウインドウ越しに見える複雑に入り組んだロールケージと、ホイールアーチいっぱいに収まっているスリックタイヤがレーシーだ。

■内装

フルバケットシートにフルハーネス、そしてシンプルなインスツルメントパネルに鉄板剥き出しの仕様はセオリー通りのレーシングカーたる内装。余計なものが排されているのでさっぱりはしているが、ホコリっぽくも無いのでとてもクリーンな印象だ。また、元々シビック自体の内装が広いからか、ドライビングポジションはタイトながらも適度な開放感を感じる。

■総評

エンジンはグズることがなく一発始動、エンジン・ミッション・ダンパーなどはオーバーホールや新品交換などがなされており、レギュレーションに合ったカテゴリであれば即参戦可能な状態にある本車両は、まだ新車の匂いが漂うような高年式のレーシングカーなのにも関わらず、市販車並みの価格で購入でき、しかもFFとしては最強のスペックを持ち合わせているとなれば、これからできるだけローコストに本格的なレースを始めたい方や、車両の維持・管理をできるだけ安く、そして長期の使用に耐え得るような個体を探している方には、かなり“賢い買い物”となるであろう。 





売約済み





年式

2008年

走行距離

4,000km

ミッション

6速MT

車検

現在色

チャンピオンシップホワイト

元色

チャンピオンシップホワイト

排気量

1,998cc

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

4540/1770/1430(mm)

車両重量

1160kg

駆動方式

FF

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

PS・PW・ABS

入手経路

国内新車

車両形式

ABA-FD2

車体番号

エンジン形式

K20A

エンジン番号

メーター交換

あり

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

1オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

リサイクル券

現所在地

埼玉県

保管方法

屋内



タイヤ

YOKOHAMA ADVAN スリック

前:230/640/18 後:230/640/18 

初走行:2010年11

ホイール

WedsSport TC105N

リム径 前:9J 後:9J

オフセット 前:+35 後:+50

ブレ-キパッド

IDI レース用

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正(brembo) R:純正

ダンパー

TEIN 全長調整式 N1ダンパー

スプリング

TEIN or swift

バネレート:前:24kg 後:32kg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

無限製 強化メタル

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正(新品交換済)

レシオ:ー

ファイナルギア

純正(新品交換済)

レシオ:ー

LSD

無限製 機械式1.5way

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

H.O.A.指定部品(無限製)

サイレンサー

H.O.A.指定部品(無限製)

プラグ

NGKレーシング

プラグコ-ド

純正

ラジエター

H.O.A.指定部品(無限製アルミ)

マウント・ブッシュ

サス:純正加工

エンジン:純正加工

デフ:純正加工

ミッション:純正加工

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

なし

ロ-ルケ-ジ

H.O.A.指定部品(無限製)

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

フルスポット補強

シート

RECARO SP-GT

ハーネス

SCHROTH

エアロ・カウル

純正

消火器

ライフライン AFFF240H

使用期限:2017年末

点検検査日:ー

燃料タンク

純正加工

使用期限:ー

容量: 50L



エンジン

純正(精度向上OH済)

補機類・ECU

H.O.A.指定部品(無限製)

競技歴

シビックワンメイクレース:2008〜2010年出走

シビックワンメイクレース東日本シリーズ:最高位8位

シビックインターシリーズ:最高位9位

N1規定準拠(HOA規定)

※富士スピードウェイ:1'58"(非公式)

※ツインリンクもてぎ:2'13"(非公式)

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好(2010年11月に交換)

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2011年1月

点検時期2012年1月

スペアパーツ

エンジン

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:YOKOHAMA 230/640/18 ×20本

ホイール:WedsSports ×4本

その他:ブレーキパッド1セット

アピールポイント

■ダンパー最新データにてOH済

■ミッション新品交換済

■高年式・低走行

■スペアタイヤ20本&ホイール4本付属

■即走行可能

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

FF最強のワンメイクレースカー

FD2 タイプRをベースとしてホンダが製作したワンメイクレースベース車両に、H.O.A.(ホンダワンメイクレースアソシエーション)が指定・認定したレースパーツを装備した即参戦可能なレーシングカー。カッティングシートでやや派手にデコレートされたボディだが、目立つような外傷は少なく、比較的キレイな印象だ。もちろん、カッティングシートは簡単に剥がすことができる。

斜め後ろより

特殊なエアロパーツが付いていることもなく、ベタベタに下がった車高とホイールアーチいっぱいに収まったスリックタイヤのみが一般車両との相違点として目につく程度。レース中に接触したであろう凹みを伴うキズが右リヤサイドに確認できるがそんなに目立つようなものでもなかった。

フロントマスク

市販のタイプRと同様のフロントマスク。ボンネットはピンで開閉を行なうが、ボンネット自体はノーマル。

リヤビュー

リヤも市販モデルと同様。トランクリッドがピンで留まっているのが唯一の相違点。

サイドフォルム

タイヤがフェンダーに被るほど落ちた車高は、まさにレーシングカーならではのフォルム。

キルスイッチ

レギュレーションで定められたキルスイッチが装備されている。

ウインドウ

純正と同等のフロントウインドウ。サイドやリヤのウインドウも純正品で、アクリルなどの軽量タイプにはなっていない。

ルーフ

歪みや色褪せなどもないきれいなルーフ。無線アンテナ用の穴も空いていない。

トランクリッド&リヤスポイラー

純正のトランクとリヤスポイラーを使用。

マフラー

H.O.A.の指定部品として装着が義務づけられている無限製のエキゾースト。抜けの良さそうな快音を発する。

フロントより下まわりの眺め

特に大きなヘコミやオイルなどの滲み・サビなどは確認できなかった。

リヤより下まわりの眺め

リヤもフロント同様に、キレイな状態を保っている。

タイヤ&ホイール

レギュレーションにより、タイヤはYOKOHAMA ADOVANのスリックが指定されている。サイズは4本共に230/640/18。ホイールはWeds Sport製のTC105N。スペアとして、同ホイール4本と、スリックタイヤが20本ほど付属する。

ブレーキまわり

キャリパーやローターは純正。パッドはIDI製のレース用に交換されている。パッドのスペアも1セット付属する。

エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

一般車両のタイプRと同様の、225ps/8,000rpm、21.9kgf・m/6,100rpmを誇る2L DOHC i-VTECのK20Aエンジン。レギュレーションにより、エンジン自体はノーマルだが、フリクションを極力減らすような精度を向上させるためのオーバーホールを行なっている。

ボンネット裏

ノーマルと同様のボンネット。オイルを噴いたような跡も無く、キレイなままだ。

アッパーマウント

H.O.A.認定部品となるTEIN製の全長調整式のN1ダンパーユニット上部には、調整式のピロボールアッパーマウントが備わる。ちなみに、ダンパーはTEINから提供された最新のデータにセッティングしてある。

トランクリッド裏

ボンネットと同様にトランクリッドもノーマルなので重量もそこそこあるが、開閉はピンで行なう。

トランク内

トランクの中はノーマルと同様。水が溜まったりしていることはない。ちなみに燃料タンクはノーマルを加工して使用している。

リヤウインドウ

他と同様に、アクリル製ではなく、強化ガラスのリヤウインドウ。

インテリア

エントランス部分

運転席側のドアを開けると、FRPの内張りと格子状になったウインドウセーフティーネットが目につく。パワーウインドウは生きている。

フルバケットシート

レカロ製のSP-GTフルバケットシートはサイドサポート部分もキレイな状態で、使用感はあまりない。

コクピット

アンダーコートはもちろん、エアコンやエアバッグ、ナビやオーディオなど、快適装備が徹底的に省かれたコクピット。

メーター類

personalのステアリングには、パッシングボタンやPITへの連絡用スイッチなどが備わる。その奥に見えるデジタルメーターはデータロガー機能を有するレースパック製。ノーマルに戻すこともできるようだ。

リア部分

リヤシート部分が取り払われ、アンダーコートもない状態でH.O.A.指定のロールケージがボルト留めされたリヤ空間。

天井

天井部分もH.O.A.指定のロールケージが隙間無く這わされている。穴や歪みはない。

その他

消火器

2017年末まで使用可能なライフライン製の手動式消火器AFFF240Hを装備。

エンジン始動〜ブリッピング音

まだ車両が新しいということもあるが、しっかりメンテナンスもされているだけに一発始動はもちろん、吹け上がりも軽快。ぜひこの臨戦態勢とも言える極上のコンディションを体感していただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。