レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

BMW M3 (E90)


E90/2008年式/ドイツ

高速走行メインの極上通勤快速スポーツセダン登場!






E90 M3が登録された。
V8エンジン搭載のM3 セダンである。


M3といえば、クーペの方が注目されがちだが、違いはルーフの素材(クーペはカーボン)とドアの枚数のみで、他はほぼ一緒という、まさに“羊の皮を被った狼”という表現がピッタリのクルマだ。


4ドアセダンならではの機能性と居住性が加わりながらも、Mシリーズならではの高回転型エンジンと6速MTの組み合わせは、完全にドライバーズカーであることを認識させられるのと同時に『駆け抜ける歓び』も与えてくれる。


そして、本モデルの最も大きな特徴であるエンジンは、前モデルまでの“シルキー6”と言われた伝統的な直列6気筒からV8へコンバートされたことによるネガティブな面は一切感じさせず、Mモデルならではのジェントルな乾いた音色をベースに、4500rpmあたりからV8ならではのスーパーカー的な金管楽器系の音色が加わり、9000rpmへ向けて吸い込まれるようにタコメーターの針は俊敏に踊りまくる。


そのMモデル特有のレーシーなフィーリングは、オプションで装備されている『M Driveパッケージ』というシステムで更に増幅される。


このシステムを起動させると、パワーはもちろん、吹け上がり感やダンパーやステアリング特性、シートサポートなどにも連動し、明らかに“別モノ”とか“異次元”などと言っても過言ではないような圧倒的なパフォーマンスを見せつけられる。


いずれにしても、ハコ車とは言い難いその超俊敏なレスポンスと加速感は他のセダンとは明らかに一線を画するものであり、それが“M”の称号を受け持つ役割だと言わんばかりに再認識させられるのである。


本車両は、現オーナーが地方への勤め先までの通勤で使っていたということで、7万キロ台の走行距離は示しているものの、そのほとんどは高速道路での走行とのこと。しかも、エンジンオイルなどの油脂類は約3000kmごとに交換、タイヤも純正のミシュラン・パイロットスポーツに交換してからまもなくということでバリ山状態。したがって、コンディションは掛け値なしにすこぶる良いのである。


しかも、現オーナーの計らいで、引き渡し前にはBMWの正規ディーラーにて定期点検をしていただけるとのことで、安心度は更にアップ。そんなアプルーブドカー並みのクオリティなのにも関わらず、売却価格もかなり頑張っていただいた(おそらく、現状ではこの程度では最安値だと思います)。


今回、現オーナーは次期車両の購入のために売却を選択したが、本当は欧米諸国並みに30万キロぐらいまで所有したかったそうだ。というのも、これだけ乗りやすく、利便性もあり、スポーツ走行も抜群に楽しいというセダンはそうそうあるものではないからだ。しかも、これだけハイレスポンス&ハイパワーなのにも関わらず、8km/L弱の燃費というところもかなり魅力的。


そんなクルマなので、家族が増えたなどでスポーツカーを諦めていた方には特にオススメしたい1台だ。


現在ではM3セダンはカタログモデルではなくなってしまい、逆に中古車市場では人気が急上昇しているようなので、『ワタシのためのクルマだ!』というような感じで『ビビッ!』ときた方は、今すぐに弊社までご連絡いただきたい。





■外装

アルピン・ホワイトIIIの外観は、まだ年式が新しいということもあり、全体的にキレイな印象。唯一フロントバンパー左側面に何かに擦ってしまったようなキズがあるが、パッと見は目立たないレベル。そして、Mモデルだからといって、派手なエアロやボディメイクがされている訳ではなく、むしろさりげなくフェンダーがフレアしていたりスポイラー系がせり出している。そういう控えめな装いがセレブリティな品格を感じさせつつ“戦闘民族”をも感じさせ、実に魅力的だ。

■内装

歴代のBMW Mモデルらしく、クリーンで整然とした車内は、隙のない“機能美”とも言えるようなレイアウト。過度な装飾は好まず、ふとした場所に“レーシング”を感じることができるようなポイントを抑えた演出は相も変わらず好感が持てる。レザーシートは“ワレ”や“ホツレ”などはなく、サポート性もしっくりとした印象。後席も一般的なセダンと何ら遜色なく、快適に高速移動が楽しめそうな雰囲気だ。

■総評

今回、『M3としてV8モデルはどうなのか?』と自問自答しながらの取材だったが、直6びいきの私としては完全にいい意味で裏切られた感があった。つまり、直6モデル以上に何もかもが仕上がっていたからだ。『最新のポルシェは最良のポルシェ』とは言われるが、BMWにもそれが当てはまっているように思える。特にBMWの肝となるエンジンフィーリングは最高この上ない。もちろん、直6とはスペック的には比較できないが、V8ならではのフィーリングは直6の延長線上の更なる高みを目指したような、最高に気持ちイイものに仕上がっている。これが高速メインで使われて、フルメンテもされていて、正規ディーラー点検付きとなれば、今後のトラブルは最小限であることは容易に想像ができる上、欧米並みにあと10年10万キロ以上は乗り続けると考えれば、妥協したクルマに何回か乗り換えるよりは、こちらの方がよっぽど“エコ”に繋がる、地球にも優しい非常に良い買い物になるのではなかろうか? 





売約済み








年式

2008年

走行距離

79,674km

ミッション

6速MT

車検

H25年6月

現在色

アルピン・ホワイトIII

元色

アルピン・ホワイトIII

排気量

3,999cc

ハンドル位置

乗車定員

5名

車体寸法

4585×1815×1435(mm)

車両重量

1640kg

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

AC・PS・PW・ABS・ETCなどフル装備

入手経路

国内新車

車両形式

ABA-VA40

車体番号

エンジン形式

S65B40A

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

1オーナー

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

納付済み

リサイクル券

預託済み

現所在地

東京都

保管方法

屋外



タイヤ

ミシュラン・パイロットスポーツ

前:245/40/18 後:265/40/18 

初走行:2011年6

ホイール

純正

リム径 前:ーJ 後:ーJ

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

純正

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

純正

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: 60L



エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

なし

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2012年4月

点検時期2011年6月

スペアパーツ

エンジン

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■高速走行メイン

■正規ディーラー定期点検渡し

■Mドライブパッケージ装備

■東京都新車登録1号車

■即走行可能

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

“いいとこ取り”のスポーツセダン

普通の3シリーズでは何となく物足りない、でもM5では高価過ぎるし、ちょっと大きいかな? と思っている方には“いいとこ取り”のスポーツセダン。快適性がありながら怒濤のごとく加速し、ヒラリヒラリと軽快にコーナーをクリアできるかなり欲張りなパッケージングだ。だからこそ、カタログ落ちしてしまった現在、希少価値が高まっているようだ。

斜め後ろより

さりげないフェンダーの盛り上がりや4本出しのマフラーが、内に秘めたポテンシャルの高さをかえって期待させる。

フロントマスク

通常のナロータイプの3シリーズとは明らかに異なるフロントフェンダーの膨らみはいつの世代も迫力がある。

リヤビュー

やや厚ぼったい印象のリヤ。それでもスポーティにまとまっているところがMシリーズのテイスト。

サイドフォルム

ややクラウチングスタイルのくさび形ともいうべきカタマリ感のあるフォルムは、矢のようにすっ飛んで行く様を想起させる。

ボンネット

軽量なアルミボンネットには、熱対策としてダクトが備わる。しかし、右側(写真手前側)はメクラがされたダミー。

ウインドウ

特に飛び石キズやヒビもないフロントウインドウ。

ルーフ

歪みや色褪せなどもないきれいなルーフ。クーペはここがカーボンとなり、唯一異なる点のひとつ。

トランクリッド

さりげなくリップスポイラーが装着されたトランクリッド。

マフラー

元々BMWのエキゾーストノートは、通常モデルでもジェントルチックな重厚感ある音を奏でる。そしてMモデルは、純正マフラーでもいかにもハイコンプ&ハイチューンエンジンから発せられているような、若干ばらつきのある乾いた音色を奏でる。しかも4500rpmあたりから、E46 M3までは無かった“むせ返り”系の鳴き部分も加わった高音質な音色も奏でるようになり、エキゾーストノートを一段と楽しめる仕様となった。

リヤより下まわりの眺め

特に大きなヘコミやオイルなどの滲み・サビなどは確認できなかった。

左フロントのスリキズ部分

唯一確認できたはっきり目のキズだが、スリキズ系なので、コンパウンドである程度は目立たなくすることは充分可能なレベルだ。

タイヤ&ホイール

タイヤはミシュラン・パイロットスポーツで、サイズはフロントが245/40/18、リヤが265/40/18の純正。2011年6月に下ろしたばかりなので、山は充分ある。ホイールも純正。若干ガリキズはあるが、ガンメタの塗装と奥行き感のあるリムで、迫力は充分。

サイドミラー

E36 M3が装備していたような形状のスポーティなミラー。視認性は悪くない。

エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

V型8気筒DOHC 3999cc 420ps/8,300rpm 40.8kgm/3,900rpmを発する珠玉のエンジンユニット。 カバーにはMのロゴとV8の文字が記されている。よりバルクヘッド側に寄せたマウントとなっているのが確認できる。

ボンネット裏

オイルを噴いたような跡も無くキレイそのもの。

トランク内

セダンらしく、大きな荷物もらくらく飲み込めるほどの容量のあるトランクルーム。

CDチェンジャーなど

超ハイテク装備の中に、未だに装備されているCDチェンジャー。良くも悪くもBMWらしい。

インテリア

エントランス部分

本国仕様の左ハンドル車。Mの称号が記されたサイドシルのプレートでさりげなくスポーツカーであることを主張している。

ドライバーズシート

ホールド性の高い、やや固めのレザーシート。サポート部に若干のシワは確認できたが、大きく目立つようなホツレやひび割れはない。

コクピット

フェラーリやマセラティのような華やかさは無いが、BMWらしく機能美とも言えるようなコクピット。部分的にカーボンが奢られるなど、質感もしっかりしたもの。よくある液晶部分のドット抜けなどもなく、はっきり表示されている。

メーター類

330km/hまで記されたフルスケールのスピードメーターと、8200rpmから始まるレッドゾーンがMモデルらしい油温計とコンビのタコメーター。縁取られたアルミリングがスポーティかつクラシカルな雰囲気を醸し出す。オドメーターは表示の通り。ただし、そのほとんどは通勤時の高速走行によるものとのこと。

リヤシート

リヤシートはほとんど使用感がない。レッグスペースやヘッドスペース、乗降性はクーペと比べると本当に快適。レザーシートの座り心地も高級車らしい感じで申し分無い。

天井

まだ年式が新しめということもあり、天井部分に垂れ破れ、ヨゴレなどはない。

その他

書類系

マニュアルや記録簿などは専用ケースに全て装備されている。

エンジン始動〜ブリッピング〜走行音

滑らかで勇ましい直6のシルキーシックスサウンドとは異なる、甘美でレーシングライクなV8のエキゾーストノートをご堪能いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。