レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

Dallara F395 無限


F395/1995年式/イタリア

お手軽価格の本格フォーミュラ登場!






ダラーラシャーシ&無限エンジンのF3を紹介しよう。


ダラーラは、世界各国で開催されているF3レースはもちろんのこと、GP2やインディ、F1、ル・マン、自動車メーカーなど、幅広くシャーシを供給しているメーカーである。カテゴリによってはワンメイク状態となっており、抜群の空力特製やコストパフォーマンスに優れる価格体系などが功を奏し、現在でも人気のシャーシメーカーとなっている。


今回紹介するシャーシはF395で、1995年製造のもの。年式は若干古いものの、モノコックのカーボンシャーシにはクラックや歪みもなく、イエローにキレイにオールペンされたベーシックなフォルムだ。


一方、それに搭載されているエンジンは、当時、ダラーラ製のシャーシとの相性は抜群と評されたF3用の無限製2リッターエンジンホンダらしい味付けの超ハイレスポンスなレーシングエンジンだ。


本車両は前オーナーがシャーシとエンジンを別々に入手して仕上げたもので、シャーシも然ることながら、エンジンについてもなかなか入手することができなかったそうだ。


現オーナーは、ツインリンクもてぎで実施しているミニフォーミュラのスクールに通ううちに実車に乗りたくなり、前オーナーより中古で購入した。


特にレースには出場せず、富士スピードウェイのスポーツ走行枠で、年に3〜4回程度走行しただけの程度良好な個体だ。


今回、現オーナーは、体力的な理由から本車両を手放すことにしたようだ。


幸運にも本車両の程度も良く、お値段も国産中古車並みの価格なので、『フォーミュラでサーキットを駆け抜けたい!』と思っている方には願ってもないチャンスとなるだろう。





■外装

イエローに塗装された外装は、色褪せや腐食もなく、鮮やかにオールペイントされている。現オーナー、その前のオーナー共に、ガンガンにサーキットを攻めるというよりは、フォーミュラーカーをドライブしてみたいというレベルでのスポーツ走行のみだったようで、ボディやアーム類の程度は良い。

■内装

整然と機能パーツが配されたコクピットは、フォーミュラーカーたる眺めではあるが、レースカーをドライブしたことがある方なら比較的分かりやすい配置や表示になっている印象を受けるだろう。

■総評

今回、エンジンをかけることは叶わなかったが、本車両を管理しているガレージによれば、競技歴もなく、オーナーさん自体がフォーミュラの初心者なので、手荒な扱いもなく、それでもしっかり走行できるようにメンテナンスはされてきた個体なので、現在も走行可能なフォーミュラーカーの中では『程度は良い方なのでは……』というコメントもいただいているので、今までハコ車でレースをやってきて、そろそろフォーミュラでやってみたいという方や、カートやF4からF3にステップアップしたい方など、リーズナブルにF3で走りたい方には間違いなく“買い”の個体になるだろう。 





売約済み





年式

1995年式

走行距離

300km

ミッション

5速MT

車検

現在色

イエロー

元色

ホワイト

排気量

2,000cc

ハンドル位置

センター

乗車定員

1名

車体寸法

ー × ー × ー (mm)

車両重量

ー kg

駆動方式

MR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

入手経路

国内中古

車両形式

車体番号

020

エンジン形式

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

複数オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

リサイクル券

現所在地

静岡県

保管方法

屋内



タイヤ

BRIGESTONE POTENZA RF22

前:180/550/13 後:240/570/13 

初走行:H20年6

ホイール

OZ Racing

リム径 前:ーJ 後:ーJ

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

PAGID

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

ブレ-キキャリパ-

F:brembo R:brembo

ダンパー

QUANTUM

スプリング

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

AP

フライホイ-ル

ミッション

AP

レシオ:ー

ファイナルギア

レシオ:ー

LSD

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

C.T.S製

触媒

サイレンサー

プラグ

NGK

プラグコ-ド

NGK

ラジエター

マウント・ブッシュ

サス:

エンジン:

デフ:

ミッション:

メンバ-・ロッド

ドライブシャフト

タワーバー

アンダーコート

ロ-ルケ-ジ

フレーム修復歴

ボディ補強

シート

ハーネス

Sabelt

エアロ・カウル

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正加工

使用期限:ー

容量: ー



エンジン

無限製F3用

補機類・ECU

競技歴

なし(富士フピードウェイにて、年に3〜4回ほどスポーツ走行をしたのみ)

コンディション

エンジン:良好(タイミングベルト&ドライブシャフト:2007年3月交換)

ミッション良好(クラッチ:2006年2月交換)

シャーシ良好(ブレーキ周り:2007年3月OH)

電装系良好

その他良好(ボディオールペイント:2006年6月)

直近の走行時期:2009年9月

点検時期2009年9月

スペアパーツ

エンジン

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ドライタイヤ1セット(中古)

ホイール:OZ製1セット(中古)

その他:レーシングスタンド・ウマ

アピールポイント

■ダラーラ製カーボンモノコック

■無限製F3用レーシングエンジン

■競技歴なし

■低走行

■即走行可能

気になるポイント

エクステリア


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


ダラーラ+無限の組み合わせ

ソリッドイエローにオールペイントしたダラーラシャーシとホンダ無限製エンジンの組み合わせの本車両は、F3マシンとしては今でもベターな組み合わせ。クラッシュ歴やオーバーレブ歴もない、程度良好な個体だ。

斜め後ろより

イタリア製のエキゾーストマニフォールドの一部がシャーシから飛び出し、エンジンルームの加熱を防いでいる。そんなところも魅力的に見える。

フロントマスク

フロントウイングとサイドポンツーンの張り出しが目につくフロントマスク。フロントウイングの形状が特徴的だ。

リヤビュー

フォーミュラ特有の迫力のリヤビュー。

サイドフォルム

若干年代を感じるサイドフォルム。

フロントウイング

2段調整式のフロントウイング。ワレや歪みはない。

フロントサスペンション

クワンタム製のスプリングダンパーユニットを装備。写真はフロント側。使用距離はまだ短いので、まだまだ使えそうだ。

リヤサスペンション

エキゾーストマニフォールドの下に位置するリヤのクワンタム製スプリングダンパーユニットは2本で機能している。

リヤウイング

2段BOX型のリヤウイング。もちろん、上下の尾翼は角度調整可能。

マフラー

エキゾーストマニフォールドから少ない曲がりでリヤエンドまで延びている。

ブレーキリザーバータンク

フロントカウルの上蓋を外すと現れるブレーキ用リザーバータンク。

アーム類

歪みや曲がりのないアーム類。写真は左フロント。

タイヤ&ホイール(フロント)

取材時に履いていたタイヤはBRIDGESTONE POTENZA RF22というレインタイヤ。ころがし用で使用していたようだ。サイズはフロントが180/550/13。ホイールはOZ製。ブレンボのキャリパーも確認できる。

タイヤ&ホイール(リヤ)

リヤは240/570/13。

エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

F3では定評のある2000cの無限製レーシングエンジン。ダラーラシャーシとのマッチングはいいようだ。ブースターを繋いでスターターボタンを押せばエンジンは始動する。バイクの様に超ハイレスポンスで、タイヤを暖めつつ、ストールさせない様に発進や加減速をする様はまさに本格的なフォーミュラーカーのそれだ。

マラネロ製マニフォールド

イタリアはマラネロで作られたと思われるエキゾーストマニフォールド。いい感じの焼け具合だ。

エアチャンバー

左から突き出たカーボン製のエアチャンバー。

リストラクター

前部にまわると確認できるリストラクター。口径を測るのを忘れてしまったが、どうやら当時のF3のレギュレーションそのままの状態らしい。

インテリア

シート

現オーナーの体型に合わせられたシート。

シリアルプレート

ダラーラのシャーシ番号などが確認できるシリアルプレートは、コクピット左内側に貼ってある。

コクピット

Dシェイプの小径ステアリングの奥には、STACK製のコントロールユニットや、スタートボタンなどのスイッチ類が分かりやすく配されている。レブリミットは7000rpmちょっと。レブリミッターも作動するようなので、エンジンクラッシュの心配は無さそうだ。

ペダル類

足元には、フォーミュラ然とした床から生えているタイプのABCペダルが確認できる。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。