レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

異次元のコーナリングがクセになる公道史上最高のダイレクトマシン登場!






Radical SR4を紹介しよう


Radicalとは、「スーパーバイクのエンジンをミッドに搭載したスポーツカー」というコンセプトでレーシングカーを製造・販売する英国のレーシングカーコンストラクター。リーズナブルかつ本格的にモータースポーツを楽しめるパッケージとして、ヨーロッパの各地で行なわれているワンメイクレースや、ル・マン24時間の前座レースとして開催されるほどメジャーなマシンを供給している。


グレードはエントリーモデルのSR4から、2009年のニュルブルクリンク24時間耐久レースで市販車最速ラップである6分48秒を叩き出したフラッグシップモデルのSR8-LMまで、多様なラインナップが用意されている。そして驚くのは、そのスタイルや機能・操舵感からしてレーシングカーそのものなのにもかかわらず、ナンバーを取得し、公道走行も可能なモデルが存在する。その中の1台が今回紹介する個体となる。


見てのとおり、いかにもサーキットガレージに佇んでいそうなフォルムだが、違和感なくナンバープレートがセットされており、堂々と公道を走行できる。


取材当日には、オーナーさんのご好意により実際に安全な範囲でスポーツ走行していただいたが、猛烈な加減速や異次元のコーナリング速度は、純レーシングカーでなければ到底味わうことのできない領域。それこそ息つく間もないほどのパフォーマンスを発揮してくれた。


それもそのはずで、筑波サーキットの本コースでは1分ジャストでラップできるという証言から、その実力がどれほどのモノなのかは容易に想像できる。


今回ご紹介する個体は、これまでに3500kmを走行。もちろん車検も取得可能で、サーキットは言うに及ばず、公道でも即走行可能な程度極上の本車両。


数千万円級のスーパーカーでも叶わなかった生粋のレーシングカーの走りを公道でも公然と味わえるという究極の1台。もはや公道史上最高のダイレクト・マシンと言っても過言ではない。







■外装

初年度登録が平成19年で2オーナーながらも、ファイバーボディには致命的となるような割れやヘコミは見当たらず、程度は良く保たれている。

■内装

まさにレーシングカーの室内で、機能パーツがところ狭しと配置されている。もちろん、全て正常に機能する。

■総評

イギリス本国ではレーシングカーとして販売しているものを、日本でナンバーを取得して公道を走行できるようにしているので、乗り味はレーシングカーそのものではある。が、F3やポルシェ・カップカーのようにスタッフや道具を必要とせず、全て自己完結できるという点が嬉しい。また、超軽量なボディとコンパクトなエンジンのおかげで、油脂類やタイヤなどの消耗品の持ちも良い。パーツ自体の価格も安価で、メンテナンスも一般車両と何ら変わらないとのこと。それでいて走りはレーシングカーというのだから、できるだけ低予算で速く走りたいユーザーにはまさにうってつけの1台と言って良い。





売約済み





年式

初年度登録:平成19年 

走行距離

3500km

ミッション

6速シーケンシャルドグミッション(パドル)

車検

平成24年2月

現在色

ブラック

元色

排気量

1164cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

3660×1630×1080(mm)

車両重量

500kg

駆動方式

MR

使用燃料

装備

入手経路

正規中古

車両形式

車体番号

エンジン形式

ZXT20C

エンジン番号

メーター交換

あり

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

2名

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

中部

保管方法

屋内



タイヤ

YOKOHAMA ADVAN A048(M)

前:185/60/13 後:205/60/13 

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:7J 後:9J

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

純正(PFC)

残厚 前:新品 後:50%

ブレ-キロ-タ-

純正(新品)

ブレ-キキャリパ-

F:純正アルミビレット R:純正アルミビレット

サス仕様

ロードバージョン

ダンパー

純正(AVO製ネジ式車高調・前後縮み側15段減衰力調整)

スプリング

純正

バネレート:前:450ポンド 後:350ポンド

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正クロスタイプ(スプロケット48枚)

レシオ:ー

ファイナルギア

レシオ:ー

LSD

純正(トルセン)

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正(スチール製)

触媒

純正

サイレンサー

純正(ステンレス製)

プラグ

NGK CR9

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正(アルミ3層)

ブッシュ類

サス:ピロボール

エンジン:強化樹脂

デフ:強化樹脂

ミッション:強化樹脂

ドライブシャフト

タワーバー

アンダーコート

あり

ロールバー

純正FIA

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: 44L



エンジンチューン

純正(ドライサンプ・190ps仕様)

補機類・ECU変更

純正

競技歴

2008年 アイドラーズ Fクラス3位

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション:良好

シャーシ:良好

電装系:良好

その他:良好

直近の走行時期:2011年6月

点検時期:2011年6月

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■某媒体DVDにてツクババトル1位

■オプションのパドルシフト・ドライサンプエンジン・ブレーキバランサー・6Pハーネス・シートインサート等装備

■新車時1200万円相当

■車検2012年2月

■即走行可能

気になるポイント

なし


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

ナンバー付き本格レーシングカー

まさにサーキットからそのまま持ち出してきたようなフォルムの本車両。本来はサーキット専用車両として販売されているものを日本仕様としてナンバーが取得できるような改造を施しているので、走りは純レーシングカーそのもの。

リヤサイドフォルム

タイヤこそ剥き出しにはなっていないが、エンジンやミッション・足まわり・エアの流し方までリアル・レーシングカーの手法を巧みに取り入れた構造となっている。

サイドビュー

元来、レーシングカーとして誕生し、路面とのクリアランスは既にギリギリだが、それでも公道走行用に車高を上げており、サーキットではさらに数センチ車高をローダウンして走行するそうだ。

リヤビュー

強烈なダウンフォースを生みながら、キレイに後方へ抜けそうなリヤビュー。

フロントまわり

フロントスポイラーをはじめ、フロントのユニット全体でエアを積極的にダウンフォースに変えるようなフォルムを持つ。

リヤウイング

大きなダウンフォースを得るためのリヤウイングも実践的なデザインを見せる。

フロントバイザー

フロントウインドウはないが、カーボン製のバイザーは装着する。

シート後方部分

シート直後には、フォーミュラーカーのようなロールケージと吸気ダクトが備わる。

サイドポンツーン

サイドポンツーンにはラジエターとオイルクーラーがそれぞれ備わり、後方に抜ける構造になっている。

足まわり

ダブルウィッシュボーンのアーム構造に、12段階減衰力調整式のAVO製の純正スプリングダンパーユニットが備わる。車高はスプリングシートを回して調整する他に、プッシュロッドを回すことでも調整可能。もちろん、曲がりや歪みはない。

下まわり

下まわりはキレイにエアが抜けるようにフルフラット構造になっている。もちろん大きなヒット跡などはない。

タイヤ&ホイール

装着されているタイヤは、フロントが185/60/13、リヤが205/60/13のYOKOHAMA ADVAN A048ミディアム。ホイールは純正13インチ。ホイールの隙間から覗くキャリパーは4PODのアルミビレット。

エンジン・トランクルーム

横置きミッドシップレイアウト

グラスファイバーのリヤカウルを外すと、カワサキZZR1200のエンジンとミッションを搭載した横置きミッドシップのレイアウトが現れる。

フロントカウル内部

軽量なフロントカウルを外してみると、スポイラーとブレーキシステムのみがマウントされているというフォーミュラマシンのようなシンプルなコンストラクションだ。

カワサキZZR1200エンジン

カワサキZZR1200に搭載されている直列4気筒DOHC16バルブ1164ccエンジンをベースに、パワーテック社によって190ps/10500rpmまでパワーアップされたドライサンプ・エンジンが搭載されている。7000〜8000rpmあたりから、ターボのような強烈な加速Gが襲う。

ZZR1200流用ミッション

ミッションもZZR1200の6速シーケンシャル・ドグミッションを流用。後輪への駆動はチェーンドライブとなる。発進時こそクラッチペダルを踏むが、回転が高まってくれば、クラッチを踏まなくてもシフトアップは可能。しかもパドルシフトによる素早いシフトチェンジによって加速Gはまったく途切れず、息つく間もない。

インテリア

シート

本来はドライバーの体型に合わせられた発砲ウレタン製のシートがセットされるが、現状は専用のクッションが備えられ、長距離ドライブでも疲れないようになっている。

コクピット

フォーミュラマシン程ではないが、比較的タイトなキャビン。しかし、大人2人がしっかり着座できるのがありがたい。

メーター類

専用のコントロールユニットをはじめ、シフトインジケーター、ブレーキバランサーなどがカーボン製のインストゥルメントパネル上に備わる。もちろん、保安基準適合のために、スピードメーターやウインカーなども備わっている。

パドルシフト

ステアリング裏のアルミ製パドルによって、100msでシフトアップ&ダウンが可能なオプションのオートブリッパー付きパドルシフト。シフトショックはそれなりにあるが、レーシングカーらしくダイレクト感溢れるフィーリングが逆に魅力的だ。

足元

床から生える剛性感のあるABCペダル。ラック・アンド・ピニオンのステアリングラックも確認できる。

エンジン始動〜走行シーン

エンジン始動から走行シーンまでのスピード感溢れる映像をご確認ください。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。