レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

全日本GT参戦車両がナンバー付きで登場!








当時、北米のマッスルカー市場で大きなシェアを得ていたシボレー・コルベットの対抗馬として企画されたダッヂ・バイパー。


1989年に北米国際オートショーにてコンセプトカーが発表され、1992年よりミシガン州デトロイトのコナーストリート工場で、抜擢された職人の手によって毎日13台だけが生産された。


「マムシ」が由来となっている「バイパー」は、蛇のようなフロントマスクをはじめ、トラック用のV10 8リッターOHVエンジンから発せられる強烈なパワーをリヤタイヤに伝えるべく、リヤを振りながら走る「スネーク・ダッシュ」などが話題となり、当初の3年間限定の生産計画を変更して継続生産されることとなった。


バイパーは市販車の中では最大級であるV10 8リッターOHVエンジンを搭載している。もともとピックアップトラックの「ダッヂ・ラム」に搭載されていたものを、当時クライスラーの子会社だったランボルギーニによってチューン、450ps/67.7kgmを発生させた。足まわりも同様にチューンされ、ダブルウィッシュボーンのサスペンションにブレンボ製のブレーキキャリパーやコニ製のショックアブソーバーが組み合わされた。


そのアメ車特有の野太く力強いエンジン音とロングノーズから「直線番長」的なイメージを受けるが、50対50の極めて理想的な重量配分を実現していることから、実はコーナリングマシンの側面も受け持つ。


そんな素性を活かすべくモータースポーツでも活躍し、1994年からル・マンに参戦。1998年から2000年までGTSカテゴリーで3連覇を達成、2001年にはFIA-GT選手権でチャンピオンに輝くという偉業を成し遂げた。日本でもチーム・タイサンより全日本GT選手権GT500クラスに1997年から参戦。途中、GT300へのクラス変更はあったものの、2001年には表彰台を得るまでに進化したマシンだった。


そして今回紹介するのが、山田英二/木下隆之組がドライブしたECLIPSEタイサンADVANバイパーの現車である。1997年の参戦から2003年第2戦富士スピードウェイでの新車投入まで実戦投入された、初期型の最終モデルとなる。


オーナーからの情報では、GTS−RのC8モデルとしてはデトロイトのコナーストリート工場の第1号車でもあるようだ。内外装はレース当時のままになってはいるものの、ストリート仕様にモディファイされ、公道も走れるようになっているという何とも贅沢極まりない希少な1台だ。


オリジナルのレーシングエンジンのスペアもあるという本車両、2010年には本国での生産も終了し、さらに希少価値の高まる予感がするバイパー。アメリカを代表する名車を手に入れる最後のチャンスとなるだろう。





■外装

アドバンカラーに装飾されたボディは、レース参戦の名残として各所にヒビや割れなどは散見するものの、それ以上に目立つ派手なフォルムによって思ったほど目立たず、逆に臨場感のある迫力を醸し出している。

■内装

アルカンターラで覆われたダッシュボード付近は高級感あふれる装いにはなっているものの、それ以外はレーシングカー然とした佇まいで、鉄板むき出し・複雑に絡み合うロールケージ・アクリルウィンドウなど、スパルタンそのものだ。

■総評

ダッヂ・バイパーといえば、あのシェルビー・コブラの開発者も関わっているというアメリカを代表する名車。そのスタイルといい、走りっぷりといい、文字通りのスーパースポーツである。その1号車をスーパープライベーターとして名高いチーム・タイサンがレースカーに仕立て、1997年から2003年まで全日本GT選手権に参戦、おおいに注目を浴びた1台がこの車両だ。現在は、ストリート仕様としてモディファイされ、公道を走れるようになっている。ノーマル状態でも目立つボディに当時のスポンサーだったステッカー類が所狭しと貼られたままの状態なので、内外装ともに注目度は非常に高い。しかも、レースで走っていた個体そのものという由緒正しいバイパーなので、ファンならずとも非常に気になる1台だろう。





売約済み





年式

1996年式

走行距離

8297km

ミッション

6速マニュアルトランスミッション

車検

検切れ

現在色

ADVANカラー

元色

排気量

8000cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

4488×1933×1180(mm)

車両重量

ーkg

駆動方式

FR

使用燃料

装備

パワステ

燃料タンク容量

100L

入手経路

新車並行

車両形式

C-08

車体番号

エンジン形式

8.0L

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

ワンオーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

未納

リサイクル券

現所在地

東京都

保管方法

屋内



タイヤ

YOKOHAMA DNA

前:275/35R18 後:335/30R18 

初走行:ー

ホイール

BBS

リム径 前:ー 後:ー

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

brembo

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

brembo

ブレ-キキャリパ-

brembo

サス仕様

ダンパー

Quantum

モノチューブネジ式車高調

スプリング

Eibach

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

ギアレシオ

レシオ:

ファイナルギア

レシオ:ー

LSD

エキマニ

触媒

純正

サイレンサー

プラグ

プラグコ-ド

ラジエター

ブッシュ類

サス:

エンジン:

デフ:ー

ミッション:

ドライブシャフト

タワーバー

アンダーコート

ロールバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

RECARO SP-G

ハーネス

Sabelt

エアロ・カウル

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:100L

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

なし 

補機類・ECU変更

なし

競技歴

1997年:全日本GT選手権 GT500クラスシリーズ参戦

1998年:全日本GT選手権 GT500クラスシリーズ参戦

1999年:全日本GT選手権 GT500クラスシリーズ参戦

2000年:全日本GT選手権 GT500クラスシリーズ参戦(第6戦からGT300クラスに参戦)

2001年:全日本GT選手権 GT300クラスシリーズ参戦

2002年:全日本GT選手権 GT300クラスシリーズ参戦

2003年:全日本GT選手権 GT300クラス Rd.1参戦

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:数ヶ月前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:Micheline F275-18 R330-18 新品1Set付き

ホイールBBS 新品1Set付き

アピールポイント

デトロイトの工場から最初にラインオフされたGTS-R1号車。1997年の全日本GT選手権より参戦し、2003年の新型投入まで走り続けた、初期型のバイパー。ワンオーナーで、公道も走れるようにストリート仕様にリファイン済み。車検も取得可能だ。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

バイパーレーシングスペック

GTS-Rとしてデトロイトの工場より1号車として出荷された個体をチーム・タイサンが全日本GT選手権参戦車両としてレーシングカーにモディファイ。1997年から2003年の新型が投入されるまで走り続けた熟成されたバイパーだ。

フロントフェイス

マムシが由来のバイパー。その名のとおり、蛇のようなフロントフェイスを持つ。シェルビー・コブラを意識して造ったとのことで、どこどなくコブラっぽくも見える。デザイナーは何と日本人とのこと。

リヤサイドフォルム

平たく幅広なリアセクションは、高々とそびえ立つリヤウイングとリヤディフューザーが大迫力だ。

サイドフォルム

ロングノーズ・ショートデッキのアメリカンスポーツの代表的なフォルム。

フロントセクションを俯瞰

ルーバーが刻まれたボンネットフードには、市販車の中では最大と言われる8リッターV10のオールアルミエンジンがバルクヘッド寄りにマウントされ、50:50の重量配分を実現させている。

ヘッドライトまわり

特にヒビや割れもないヘッドライトまわり。

ルーフ

クローズドボディのGTS-Rのルーフには、初期型最後のドライバーとなる、山田英二/木下隆之組の名前が記されている。

アクリルウインドウ

軽量化のためガラスからアクリル化されているサイドウインドウ。換気は小窓をスライドさせて行う。

サイドマフラー

純正でサイドから出されているマフラー。熱対策のためスリットが設けられている。

リヤハッチまわり

リヤハッチのウインドウもアクリル製で軽量化。若干くもりがかっている。

足まわり

ダブルウィッシュボーン式のフロントサスペンションまわり。アームの曲がりなどはない。Quantumのネジ式モノチューブ車高調にEibachスプリングの組み合わせ。

給油口

レース時のクイック供給型を改良したストリート用の給油口。

テールランプまわり

テールランプやウインカーレンズなどに割れやヒビはない。

リヤウイング

角度調整の跡が残るリヤウイング。

下まわり

カーボンで覆われた下まわり。大きなヒット跡やオイル漏れなどはない。

タイヤ&ホイール

現在履いているタイヤはYOKOHAMA DNAで、フロントが275/35R18、リヤが335/30R18の極太サイズ。山はまだ充分残っている。BBSホイールの奥には、大径のスリットローターとベルハウジング、そしてブレンボキャリパーが顔を覗かせる。

リヤのカケキズ①

リヤバンパーのナンバープレート下あたりに、表面が欠けてしまったようなキズが確認できた。

リヤのヒビキズ②

同じくリヤバンパー左側に、何かがヒットした時の跡のようなヒビ割れたキズが確認できた。それ以外にも、小さめのヒビや割れの箇所はいくつか確認している。

エンジン・トランクルーム

8リッターV10ユニット

エンジンは、ピックアップトラックの「ダッジ・ラム」に搭載されていたものを当時クライスラーの傘下だったランボルギーニ社がチューン。8000ccV型10気筒OHVのオールアルミエンジンを縦置きマウント。ノーマルのGTSのカタログスペックでは、1590kgの車重に450ps/67.7kgmを発した。

シリアルプレート

バルクヘッド寄りの左側のシャシーには、GTS-RのC8型であることを証明するプレートが確認できる。

インテリア

軽量なドア

カーボンの貼られたドア内張り。ウインドウもアクリルなので非常に軽量だ。

頑強な乗り口

剛性の確保と衝突安全性を高めるために比較的高い位置まで延長されたロールケージ。

コクピット

アルカンターラで覆われたダッシュボード部分はストリート仕様っぽいが、その他の部分は鉄板むき出しでロールケージが張り巡っているスパルタンな空間だ。

RECAROフルバケットシート

運転席・助手席ともに据え付けられたRECARO SP-Gフルバケットシート。若干の色褪せはあるが、破れやホツレのない、比較的きれいな状態だ。

天井

天井部分にもロールケージが張り巡らされている。もちろん垂れや破れはない。

後方視界

アクリル製のリヤウインドウは若干曇っているが、視界は比較的良好だ。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。