レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

超希少! ベルリナブラックのNSX-Rが登場!




HONDA NSX-Rだ。


「進化と深化」というコンセプトのもと、誕生したリアルスポーツの最高峰であり、シビックやインテグラなどのTYPE Rシリーズにさらなるスポーツスピリットが吹き込まれ、1992年11月に誕生したのが初代NSXタイプRだ。


前期型のいわゆる“92R”は、エンジンはベースグレードと同じV型6気筒DOHC VTEC3.0リッターのC30A型であるが、クランクシャフトやピストン・コネクティングロッドの重量やバランス精度を手作業で高めるなど、「ASIMO」と同じ製造工場であるホンダエンジニアリング栃木技術センターでおよそ1日に1台、レーシングエンジンと同等以上とも言える精密さで組み上げられていた。


ボディはもともと軽いアルミボディに対して、遮音材や快適装備の削減、バンパーおよびドアビームのアルミ化、エンジンメンテナンスリッドのアルミメッシュ化、RECARO製CFRP製フルバケットシート、モモ社製ステアリング、チタン製シフトノブなど、徹底した数十項目にわたる軽量化を図ったことで、ベースグレード比で約120kgの軽量化を達成している。


こうして3年間生産された“92R”だが、7年の歳月の後に後期型の“02R”と呼ばれるNSX-Rが2002年5月にリリースされた。


外観はフロント部分にエアアウトレットダクト付きカーボンボンネットフード、フィン付きフロントアンダーカバーが採用されたほか、リヤにはディフューザーやカーボンリヤスポイラーが採用され、これによって前後ともマイナスリフトを達成している。


02Rは空力を積極的に利用することで、路面に吸いつくような走りを実現し、主にサーキットでのラップタイムを向上させている。「よく仕上げられたレーシングカーのようだ」と、ジャーナリストやレーシングドライバーから評されるほどであった。


エンジンはV型6気筒3.2リッターのDOHC VTECでベースグレードと同様。レーシングエンジンの組立技術を応用した高精度部品の採用や、手作業による高度なバランス取りなどによって、フリクションのない高回転域まで気持ち良く吹き上がるエンジンに仕上げる手法は92Rと同様だが、6速MTのファイナルギア比のローギレシオ化によって加速フィールを向上させた。


フットワークはボディ剛性の強化とサスペンションの専用セッティング、そして専用開発のハイグリップタイヤや軽量鍛造アルミホイールなどを採用し、タイトコーナーでの旋回性能を向上させた。


さらなる軽量化も施されており、旧型に比べて大型化されたリアスポイラー、ボディ下面の空気を整流するアンダーカバー、ディフューザー、そしてエアアウトレットダクトの設けられたボンネットのパネル、カーボンアラミドコンボジットシェルのRECARO製フルバケットシートなど、多くのカーボンパーツを採用したことが大きい。その他にも、防音対策レス、リアパーテーションガラスの薄板化、スペアタイヤの廃止など、標準車と比較して圧倒的に軽量なクルマに仕上げられており、ノーマルNSXに対して70kg(エアコン非装着車)の軽量化を達成している。


量産型の車両としては極めてスペシャルな造作のNSX-Rだが、当時の新車価格は6速MTで1195万7000円。当時ベースグレードが920万7000円で、Sでも1035万7000円だったことを考えると、カーボンパーツなどによって価格アップ幅が大きくなったようだ。


今回紹介するのは後期型の02R。しかも150台ほどしかラインオフされていないといわれている超希少なベルリナブラックである。


さらに驚くべきことに走行距離はたった800km! 極上以外の何者でもない、博物館にでも展示しておくべきコンクールコンディションだ。


そんなNSX-Rだが、オーナー様の車両入れ替えにより、売りたし車両の運びとなった。


おそらく世界中を探しても二度と出てくることはない本車両。当時の日本のレーシングカー技術の集大成を市販車へフィードバックした唯一の車両として、NSXファンならずとも一生モノのコレクションアイテムとして手に入れるべき珠玉の1台になろう。

■外装

いま見ても色褪せることのない計算し尽くされたフォルムは、各所にカーボンパーツが奢られ、非常にレーシーで文句なくカッコイイ。しかもNSX-Rといえばチャンピオンシップホワイトというイメージだが、本車両は何とベルリナブラック! まず見ることのない色だ。もちろん、目立つようなキズやヘコミなどは見当たらない。

■内装

タイプRの意匠に基づく真っ赤な内装をベースに、カーボンやアルミパーツを多用し、クラフトマンシップあふれる処理を施したスポーツインテリアはスポーツドライビングにふさわしい空間を演出している。たった802kmしか走行していないので、ホツレやヨゴレ、ウキなどはなく、まるで新車のよう。ちなみに、カーボン製のRECAROのバケットシートは、軽自動車を購入できてしまうほど高価な逸品。

■総評

公道を走るピュアスポーツサーキットモデル、赤バッヂの NSX-R。専用設計のレーシングパーツを数多く投入したパッケージは、スポーツカーとして圧倒的な速さと操る楽しさを実現させ、いまでも非常に人気の高いモデルだ。量産型とはいえ、ワンオフのレーシングカーのようなスペシャルな造りが所有欲をそそるが、その中でもブラックの本車両はさらに引き締まったフォルムに見え、時にスーパーカーのような雰囲気さえ漂う。しかも本車両は、02Rの最終生産年の最後の方のラインで製造された個体とのこと。NSXファン垂涎の1台である。


売約済み





年式

2006年(平成18年)式

走行距離

802km

ミッション

6速マニュアルトランスミッション

車検

平成23年11月

現在色

ベルリナブラック

元色

排気量

3200cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

4430×1810×1160(mm)

車両重量

1270kg

駆動方式

MR

使用燃料

装備

エアコン・ABS・パワーウインドウ

燃料タンク容量

入手経路

正規中古

車両形式

ABA-NA2

車体番号

エンジン形式

C32B

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

不明

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

済み

リサイクル券

済み

現所在地

三重県

保管方法

屋内



タイヤ

BRIDGESTONE POTENZA RE070

前:215/40/R17 後:255/40/R17

初走行:ー

ホイール

純正BBS

リム径 前:7J 後:9J

オフセット 前:55 後:56

ブレ-キパッド

純正

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

純正

サス仕様

ダンパー

純正

ノーマル形状

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正

レシオ:

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

純正

アンダーコート

ロールバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

純正(RECARO)

ハーネス

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:ーL

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

なし

補機類・ECU変更

なし

競技歴

なし

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:数ヶ月前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール

アピールポイント

後期型のNA2型で走行800kmのベルリナブラックは超希少な1台。2002年から2005年に140台が生産され、そのうちベルリナブラックは10台あるかないかの生産台数といわれているほどの希少車。しかも2005年の最終年に生産されたもの。完全屋内車庫保管・雨天未使用・鈴鹿工場にて製作。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

まず見ることのないブラックNSX-R

NSX-Rといえば、前期型も後期型もチャンピオンシップホワイトのイメージが強いが、後期型ではほんの10台あるかないかの台数が生産されたといわれる希少な1台。もちろん、目立つようなキズやヘコミは皆無だ。

精悍なフロントフェイス

黒いボディに赤バッチのフロントフェイスはホワイトボディよりも精悍に見える。

ロー&ワイド

よく見なければNSX-Rだとは判断がつきにくいリヤセクション。ましてはブラックボディである本車両ならなおさらだ。

ブラックとホワイトのコントラストがレーシー

ブラックボディにホワイトのホイールがレーシーなサイドフォルム。

リヤセクションを俯瞰

後期型になってからテールランプの一部が丸くなった。さらにRについてはリヤウイングがそれ以外のグレードよりも取り付け位置が高くなっている。もちろん素材はカーボン製。一切継ぎ目のない複雑な曲面は、“美しい”のひとこと。カーボンの一体成形で薄く、空気抵抗の増加抑制にも貢献している。

サイドピラーにも専用エンブレム

サイドピラーのちょうどドアオープナーの上にNSX-Rのエンブレムが唯一備わる。

タイプRの証しとなる赤バッヂ

後期型は呼び名がそれまでの「タイプR」から「-R」とはなったが、シビックやインテグラ同様、ホンダのレーシングスピリットを受け継いだモデルに装備される赤バッヂが誇らしげに鎮座する。

エアダクトと一体形成したカーボンボンネット

通常エアダクト付きのボンネットといえば、ボンネットに穴を開け、そこに別体のエアダクトパーツを組み込むものだが、本車両は一体形成。マイナスリフトを発生させ、フードの美しさを保ち、軽量化にも貢献できるという理由からカーボンで一体成形された。

立体的な造形の固定式ヘッドライト

前期型のリトラクタブルヘッドライトから、後期型は立体的な造形の固定式ヘッドライトに変更された。ハイビーム、ロービームともにプロジェクター式だ。

継ぎ目のない一体成形のリアスポイラー

ボンネットフード同様、一体形成されたリヤスポイラー。

タイヤ&ホイールも専用設計

タイヤはブリヂストンと共同開発のPOTENZA RE070、鍛造アルミホイールもBBSと共同開発された専用設計。

下まわりの眺め

わずか800kmという走行距離ということもあり、オイル漏れやヒット跡などのダメージ箇所は確認できなかった。整流のためにフラットな面が目立つ。

エンジン・トランクルーム

リヤミッドに収まるエンジン

ガラスのリヤハッチを開け、次にメッシュグリルを開けると現れる赤いヘッドカバーが印象的なC32B型エンジン。閉じた状態でもうっすらとエンジンが見えるところはフェラーリなどのスーパーカーと同様だ。

ノーマルとは別モノの珠玉のエンジンユニット

エンジンはV型6気筒3.2リッターのDOHC VTECでベースグレードと同様だが、ホンダエンジニアリング栃木技術センターでレーシングエンジンと同等以上のこだわりで組み上げられている。レーシングエンジンの組立技術を応用した高精度部品の採用や、手作業による高度なバランス取りなどによって、フリクションのない高回転域まで気持ち良く吹き上がるエンジンに仕上げている。およそ1日に1台しか製造されないスペシャルエンジンだ。

トランク部分

エンジンフードよりもさらに後方にはトランクルームが備わる。嵩は浅いが開口部は広めで、2シーターのスポーツカーにしては荷物は積める方だ。

ボンネットフード部分

フロントフードを開けると、ラジエターやブレーキマスターシリンダーなどが備わる。

インテリア

ドア内張り部分

分厚いドアの内張りは一部レザー張りで高級感が漂う。幅広のサイドシルには車体番号が記されたNSX-R専用のシリアルプレートが誇らしげに備わる。

スパルタン&レーシーなコクピット

フロアまで真っ赤なインテリア。カーボンアラミドコンボジットシェルのRECARO製フルバケットシートが大幅な軽量化に一役買っている。シート裏のカーボン目がレーシー。

機能的なコクピット

基本的にはベースグレードと同じ意匠のコクピット。小径のMOMO製ステアリングとチタン製球形シフトノブがNSX-Rであることを主張している。

わずか802km!

わずか802kmを示したトリップメーター。それも驚きだが、レッドゾーンが9000rpmから始まるタコメーターにも驚く。さらにパワーピーク時に緑、レブリミット時に赤の光が点滅・点灯してシフトアップを促すシフトアップインジケーターが装備されており、走りの高揚感を追求している。

ABCペダル

ABCペダルはオーソドックスな吊り下がり式。

センターコンソール部分

シルバーをベースに、所々にカーボンパネルが埋め込まれているセンターコンソール部分。本車両にはオプションのエアコンが備わる。

リヤへの視界

薄板のリアパーテーション1枚ガラスからは、リヤにエンジンを搭載した車両としては、良好な視界を得ることができる。

ルーフ部分

当然だが、ルーフ部分に垂れやヨゴレなどはない。外版も同様にキレイそのもの。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。