レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

低重心・軽量のコンパクトオープンスポーツ






1961年にカニ目の愛称で親しまれているオースティン・ヒーレー・スプライトがMkⅡへ発展する際、BMCのグループ内企業であったバッジエンジニアリングが上位グレードのMG-Aのスポーツカーイメージを反映させ、MGの軽量スポーツの伝統的愛称である“ミジェット”の名を復活させた


同年にBMCよりMGブランドで初代モデルのMkⅠの生産が開始されから3回のマイナーチェンジを経て、1974年に最終型のミジェット1500へフルモデルチェンジ。ブリティッシュ・レイランドで1979年まで20年近く生産され、英国を代表する小型2座のオープンスポーツとなった。


オースチン・ヒーレー・スプライトとは兄弟車にあたり、愛好家の間では、ミジェットとスプライトの両名を合わせて「スプリジェット」と呼ばれているほど両車は近い関係にあり、共通するパーツも多い。


エンジンは、トライアンフ・スピットファイアと同じ1493cc水冷直列4気筒OHV8バルブで、最高出力51ps/4600rpm、最大トルク9.6kgm/2500rpmを発生。820kgの車両重量も相まって、軽快な乗り味がもたらす小型軽量のMGのエントリーモデルとしていまだに高い人気を誇る。


今回紹介する車両は、1978年式のMG MIDGET 1500だ。


アメリカの安全基準に対応すべく装備された樹脂製バンパーをメッキバンパーに交換、ホイールもメッキワイヤーのセンターロックタイプに換えた、いわゆる“MkⅡ仕様になっている。幌は新品同様のクオリティ。パワートレイン系では燃調管理をオリジナルのZenith StrombergからスポーティなWEBERへ換装されており、年式の割に程度の良い状態を保っている。


低い着座位置や野太いエグゾーストノート、ステアリングやシートから伝わる振動がダイレクトに入ってくる様は現代のクルマにはない魅力。スペシャルプライスでヒストリックカーを楽しむには絶好の素材だろう。





■外装

1978年モデル最終型の本車両、コンバートされたメッキバンパーはもちろん、ボディにもサビや色褪せはなく、全体的にツヤがあって非常にキレイな状態だ。

■内装

旧き良き英国車然とした内装は、年式相応のクォリティではあるが、ダッシュボードの補修跡が目につく以外は内張りやシートなどに破れやホツレもない比較的良好な状態だ。

■総評

ブリティッシュ・レーシング・グリーンのボディカラーを纏ったMIDGET1500。ボディの塗装はツヤが充分あり、メッキバンパーやメッキワイヤーホイールと相まって高級感漂う仕様となっている。幌も新品同様のクオリティでとても30年以上の個体とは思えない程度極上の車両だ。比較的クッション製のあるフカフカのシートに座れば意外に低いアイポジションとダイレクトな振動が新鮮で、オープンにすれば社外製のマフラーからは勇ましいエクゾーストノートも堪能できる。ヒストリックカーのエントリーモデルとしても最適な1台だ。





売約済み 





年式

1978年式

走行距離

不明

ミッション

4速マニュアルトランスミッション

車検

2年付き

現在色

ブリティッシュレーシンググリーン

元色

排気量

1493cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

3585×1420×1235(mm)

車両重量

820kg

駆動方式

FR

使用燃料

装備

ヒーター

燃料タンク容量

ーL

入手経路

正規中古(日本レイランド)

車両形式

幌型

車体番号

エンジン形式

B-15GA

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

不明

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

未預託

現所在地

群馬県

保管方法

屋内



タイヤ

DUNLOP RACING

前:4・50 L-13 後:4・50 L-13

初走行:ー

ホイール

社外製(センターロック式メッキワイヤーホイール)

リム径 前:ー 後:ー

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-純正

前:ー 後:ー

サス仕様

ダンパー

SPAX製

ノーマル形状

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正

レシオ:

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

エキマニ

純正

触媒

純正

サイレンサー

社外製

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

ロールバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

純正

消火器

純正

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:ーL

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

なし 

補機類・ECU変更

WEBER製40DCOEキャブ2連装

競技歴

なし

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:数ヶ月前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール

アピールポイント

ウレタンバンパーをメッキバンパーへ交換済み、メッキワイヤーホイール、幌新品同様、ツインWEBER化、社外マフラーなど、ひと通りのモディファイが施されているおトクな1台。日本レイランドものの正規ディーラー車。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

ブリティッシュレーシンググリーンが映える

本車両は当時正規ディーラーだった日本レイランド社のディーラー車。1978年式モデル。ブリティッシュレーシンググリーンの外装色はツヤが充分あり、樹脂製バンパーからコンバートしたメッキバンパーやメッキワイヤーホイールなどのパーツと相まって、コンパクトオープンスポーツながら高級感さえ漂う。

“カニ目”ではないオーソドックスな顔

オースティン・ヒーレー・スプライトと兄弟車のMIDGET1500。ヘッドライトが飛び出ることもなく、上級グレードのMG-Aのスポーティーなイメージを取り入れたデザインに収まったフロントフェイス。

見る角度によって変わるデザイン

見る角度によって、丸みを帯びた感じに見えたり直線的に見えたり、はたまた大きく見えたり小さく見えたりする、面と線を巧く使ったボディデザインだ。

サイドフォルム

メッキワイヤーホイールが存在感を放つサイドフォルム。フロントフェンダー下にはMIDGETのエンブレムが備わる。

リヤセクション

コンパクトスポーツでも、トランクスペースをしっかり設けているリヤセクション。

テールランプまわり

テールランプにヒビや割れはない。その横にあるのは給油口とバックランプ。

ヘッドライトまわり

ヘッドライトやウインカーレンズは曇っていることもなく、ヒビも入っていない。

サイドミラー&三角窓

メッキの小振りなサイドミラー。若干くもり気味だが、磨けば光沢が復活するレベル。三角窓もきちんと作動する。

フロントウインドウ&ワイパー

平面のフロントウインドウは、飛び石によるヒビもなく、きれいな状態。大型車でよく見る3連ワイパーが装備されている。

幌&リヤスクリーン

幌は新品同様にリペアされ、リヤスクリーンも透明度の高い状態。

下まわり

大きなヒット跡やオイル漏れ、ひどい腐食などはない。

タイヤ&ホイール

タイヤがDUNLOP RACINGで4・50 L-13、ホイールがセンターロックタイプのメッキワイヤーホイールという組み合わせ。山はまだ充分残っている。

フロントウインカーレンズ下の穴

フロントのウインカーレンズの下に、直径5mmほどの穴が空いているのが確認できた。

フロントウインドウ下部の線キズ

フロントウィンドウ下部に、数本の線キズが確認できた。

エンジン・トランクルーム

ボンネットフード裏

オイルを吹き出したようなシミもない比較的きれいなボンネットフード裏。

トライアンフと同じエンジン

フロントには、1493cc水冷直列4気筒OHV8バルブのトライアンフ・スピットファイアと同じB-15GA型が縦置きに搭載されており、最高出力51ps/4600rpm、最大トルク9.6kgm/2500rpmを発生する。重量増となるバッテリーがバルクヘッドにくっつくように設置されているところがイギリス車らしい。

WEBERキャブ2連装

キャブレターはオリジナルのZenith Stromberg製からスポーティな味付けのWEBER製40DCOEへ換装されている。

トランクルーム内

コンパクトスポーツとはいえ、それなりの容量のトランクスペースだ。畳まれたトノカバーの下にはスペアタイヤが備わっている。

インテリア

ドアまわり

浮きや破れもないビニールレザーの内張り。ドア落ちもなく、ヒンジも比較的きれいだ。

渋めのインテリア

メッキなどのシルバー系パーツとレザーなどのブラック系パーツでまとめられた渋めのインテリア。

コクピット

イギリス車では定番のレザー巻きのモトリタステアリングホイールの奥には、メッキリングで縁取られた4つのメーターが装備される。

レザーシート

レザーシートはテカリはあるものの、破れやホツレはなく良いコンディション。

ABCペダル

ABCペダルは通常の吊り下げ式。

幌の収納状態

幌はシートとトランクの間のスペースに手動で折り畳むタイプ。畳んだ幌を隠すトノカバーも付属する。

ダッシュボード

経年劣化による補修跡が3カ所ほど確認できるダッシュボード。

クリアな後方視界

幌は新品同様にレストアしているので、ウインドスクリーンもクリアだ。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。