レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

ボンドカーで一躍有名になった完調の希少車が登場!




コーリン・チャップマン率いるロータス・カーズが生産したスーパーカー、LOTUS ESPRIT SeriesⅠ だ


イアン・フレミング原作の人気スパイアクションシリーズ『007』の第10作目にあたる『私を愛したスパイ』に“ボンドカーとして登場以来、Aston Martinと並ぶ知名度を得たクルマである。


ESPRITは、ElanやEuropaなどの1960年代までの小型・軽量なピュアスポーツと違って、スーパーカー路線へと変更するべく明確な上級志向を与えられて生み出された新世代のリアルスポーツカーだった。ジウジアーロによる直線と平面からなるシャープなボディを纏い、1975年10月のパリサロンでベールを脱いだ。コーリン・チャップマンが54歳の若さでこの世を去る7年前の作品だった。


LOTUS Europaの後継車として、翌1976年に初代モデルのS1(シリーズ1)が登場。極めて空力性能に優れたウェッジシェイプは、まさにジウジアーロならでは。今日でも旧さを感じさせず、「S1こそが最も美しい」とする愛好家の主張にも納得できるくらいの美しいフォルムだ。


内装も独創的で、メータークラスターはドライバーを覆うようなデザイン。マイル表示のメーター類はイタリア製で、内装色に合わせて色が変わっていたようだ。


そして心臓部となるエンジンは、LOTUS Eliteから流用したタイプ907といわれる2リッター水冷直列4気筒DOHC。ロータス・ヨーロッパのフレームを進化させたバックボーンフレームにミッドマウントされ、WEBER製45DCOEツインキャブと9.5の圧縮比により最高出力160ps/6200rpm、最大トルク19.4kg-m/4900rpmを発生。シトロエンSM用の5速MTを介して最高速度222km/h、0-400m加速15.0秒、0-97km/h加速6.8秒というパフォーマンスを発揮した。


ただ、当時のエスプリはFRPボディがハンドレイアップで成型されているため樹脂硬化時のムラによるボディ面の歪みが大きく、車体重量の誤差も100kg近くあり、パフォーマンスは一定というわけではない。


オーナー様はボンドカーとして登場したS1に憧れ、15年前に入手。現在までイベントや長距離旅行などに愛用してきた。しかも、本車両は当時正規代理店をしていたアトランティック商事の貴重なディーラーものだ。


しかし、増え続ける車両を整理するために、やむなく出品することとなった。


ロータス・カーズがヨーロッパなどのライトウェイトスポーツカー路線から、スーパーカー路線へ変更したリアルスポーツモデル。そしていまでも色褪せないジウジアーロ率いるイタルデザインの真骨頂をともに味わってほしい。





■外装

ロー&ワイドに構えたスタイルはスーパーカーならでは。直線的でスクエアなフォルムはとても30年以上前のクルマとは思えないくらいに斬新だ。ボディには年式相応にヒビやワレは確認できたが、気にするほどのダメージではなさそうだ。当時のスーパーカーの象徴でもあるリトラクタブルヘッドライトも稼働する。

■内装

落ち着いた色合いで高級感さえ漂う内装は、太いサイドシルをまたぎ、潜り込むように着座を強いられるところはスーパーカーらしい。多くのスイッチやメーター類が組み込まれたメーターナセルはドライバー側に向けられ、まさにボンドカーさながらだ。

■総評

ロータス・エスプリといえば、ボンドカーで一躍有名になったS1がやはり最も注目度が高く、今でもフリークの間でも珍重されるほど。しかも本車両は正規ディーラーものの希少な1台。オーナーが少しずつ手を入れてこれまで15年間も乗り続けてきただけに、まさに好調そのもの。いまこそ傑作を完調な状態で手に入れるチャンス到来だ。


売約済み





年式

1978年(昭和53年)式

走行距離

不明

ミッション

5速マニュアルトランスミッション

車検

平成23年9月

現在色

ホワイト

元色

排気量

1970cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

4191×1860×1111(mm)

車両重量

1070kg

駆動方式

MR

使用燃料

装備

ヒーター・パワーウインドウ

燃料タンク容量

入手経路

正規中古

車両形式

C-907H

車体番号

エンジン形式

907

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

不明

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

済み

リサイクル券

済み

現所在地

神奈川県

保管方法

屋内



タイヤ

GOODYEAR EAGLE LS2000

前:195/60/R14 後:205/70/R14

初走行:ー

ホイール

SSR

リム径 前:ー 後:ー

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

純正

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

純正ブレンボ

サス仕様

ダンパー

SPAX

ノーマル形状

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正

レシオ:

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

純正

エキマニ

純正

触媒

サイレンサー

純正

プラグ

NGK

プラグコ-ド

Ultra

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

タワーバー

アンダーコート

ロールバー

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

エアロ・カウル

純正

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:ーL

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

補機類・ECU変更

競技歴

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:数ヶ月前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール

アピールポイント

希少なシリーズⅠ。しかも当時の正規ディーラーであるアトランティック商事もの。長距離ドライブも問題なし。

気になるポイント

タコメーターが不動。


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

ボンドカーにも登場したシリーズⅠ

映画『007 私を愛したスパイ』に“ボンドカー”として登場したシリーズⅠ。それで一躍有名となり、憧れの的となったスーパーカーだ。

平たく幅広なフロントフェイス

ジウジアーロデザインによるエスプリのデザインはいま見ても斬新で、特にフロントフェイスは平たく幅広いのが特徴だ。

ハイデッキタイプのリヤセクション

リヤはフロントとはうってかわって、厚ぼったいハイデッキタイプのリヤセクション。

ジウジアーロの真骨頂

フロントウインドウにまで平面ガラスを用いたスタイリングは、まさにジウジアーロデザインの真骨頂だ。

リヤセクションを俯瞰

フラットで直線的なリヤゲートには、ロータスのエンブレムが控えめに備わる。

ルーフも限りなくフラット

3分の1はリヤゲートの開口部となるフラットなルーフ部分。

迫力のリヤ下部

リヤの下まわりには、マフラー部分はもちろんのこと、イギリスSPAX製サスペンションの一部が確認できる迫力のスポット。

スーパーカーの証し

当時のスーパーカーの証しであるリトラクタブルヘッドライトもきちんと作動する。

給油口部分の塗装ワレ

左リヤのクオーターパネルにある給油口に、塗装のワレがある。

ルーフ部分の塗装ワレ

ルーフ部分にも若干の塗装のワレが確認できるが、30年以上前の個体の割には程度は良い方だ。

リヤゲートの塗装の浮き

年式相応に各所に塗装の浮きが確認できる。プレートはロータス社がF1のコンストラクターズチャンピオンを得た年を示したもの。

ライセンスプレート上部に塗装の浮き

特にリヤまわりはエンジンによる熱でダメージを与えやすいため、ライセンスプレート上部などに塗装の浮きが確認できる。

GOODYEAR&SSR

フットワークには、フロントが195/60VR14、リヤが205/70VR14のGOODYEAR製タイヤとSSR製のメッシュホイールが備わる。

リヤからの下まわりの眺め

リヤから下まわりを眺めると、年式相応にサビは確認できるものの、オイル漏れやヒット跡などの目立つようなダメージ箇所は確認できなかった。

エンジン・トランクルーム

リヤゲート内に収まるエンジン

フラットなリヤゲートを開けると、そこにはロータスツインカムが収まっているのだが、むき出し状態ではなく、遮熱対策のためのカバーで覆われている。

Elite流用のロータス自製タイプ907エンジン

エンジンカバーを外すと、そこにはエリートから流用したタイプ907のロータス自製2リッター水冷直列4気筒DOHCエンジンが収まる。

伝統のロータスユニット

シリンダーが45度傾倒したロータスユニット。バックボーンフレームにミッドに縦置きされる。

WEBER製45DCOEツインキャブ

エアファンネル部分にはK&N製のクリーナーが備わる。

フロントフード部分

フロントフードを開けると、スペアタイヤやブレーキマスターバックが収まるスペースが現れる。

希少な正規ディーラーもの

フロントフードを開けると、車体番号などが記されたシリアルプレートが貼られているが、そこには当時正規ディーラーだったアトランティック商事の表記が確認できる。

インテリア

シックな内張り

ドアの内張りは内装に合わせてシックなブラウン基調のレザー張りだ。特に浮きやほつれはない。

スーパーカーらしい座り方

全高が1111mmと低い上、サイドシルが幅広なので滑り込むように着座するコクピット。レザーシートもシートのスレや破れがなく、極めてコンディションの良い状態だ。

ドライバーを覆うメータークラスター

内装も独創的で、メータークラスターはドライバーを覆うようなデザイン。マイル表示のメーター類はイタリア製で、内装色に合わせて色が変わっていたようだ。本車両はグリーンのメーター。ブラウン基調の色合いにマッチしている。

室内もロー&ワイド

外装がロー&ワイドなスタイルなら、室内も同じようなイメージの造作だ。

サイドブレーキ&ABCペダル

サイドブレーキはドア側に備わる。ABCペダルは吊り下がり式のオーソドックスなタイプ。

助手席側からの眺め

助手席側も明らかにロー&ワイドな造作。ジウジアーロの独創的なデザインはここまでしっかり及んでいる。

リヤへの眺め

トンネルバックタイプとなるリヤまわり。外見から想像するよりも良好な視界を得ることができる。

フロントシートの後ろ

フロントシートの後ろはまったくもってスペースはない。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。