レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】


HONDA FIT RS 1.5 CHALLENGE CUP Car


 
GK5/2015年/日本

リーズナブルに参戦できる本格N1レースカー登場!

FITのワンメイクレースカーが登録された。
 
今更説明するまでも無いほどに流通しているホンダの主力商品であるスモールコンパクトハッチ『フィット』。2007年10月の初代デビューから数えて3代目が2013年9月に登場し、走行性能・居住性・燃費性能・安全性能等をより高い水準でパッケージング。その評価は海外でも高く、グローバルな視点でホンダの最量販車となることを目標としたクルマである。
 
その車両をベースにしたN1格式のワンメイクレース『FIT 1.5チャレンジカップ』がフルモデルチェンジ翌年の2014年に始まった。
 
今回は、そのレースに昨年まで参戦していた個体を紹介しよう。
 
『無限』製品を販売管理するM-TEC社より十数台が限定販売されたレースベースの車両に、おなじみの油脂類メーカーのカラーがラッピングされた個体で、2015年から2016年まで参戦。右フロントサイドにレース中に当てられた軽めの修復歴はあるものの、きっちりと修正済み。また、8000キロ程度の走行なので使い倒されている感もあまりない。
 
もちろん、マフラーやロールケージなど、チャレンジカップ指定のパーツも装着済みで、ミッションに至ってはオーバーホール後、1500キロ程度の走行なので、一般的なメンテナンスですぐに参戦が可能な状態だ。
 
まだまだ戦闘力を保持した本車両で、20年以上にも渡る伝統あるホンダのワンメイクN1レースにリーズナブルにチャレンジしてみてはいががだろうか?
 
 

■外装

大人の事情で一部スポンサーの文字は修正しているが、実際は色あせや剥がれは最小限で、非常にキレイな外装が保たれている。

■内装

ダッシュボード周りは市販車の名残りがあるものの、N1車両らしく、必要最低限の装備のみがセットされた車内。汗臭さや埃っぽさはほとんどない。

■総評

ナンバー付きの中古をベースに製作しているチームも参戦している中で、純レースベースの新車からセッティングされた本車両は、スーパーGTやスーパー耐久など、長年に渡りレースに参戦してきたチームならではのノウハウも詰まったホンモノのレーシングカーに仕上がっている。腕に自信のある方はもちろん、これから本格的にレースを始めたい方も、トータルコストを安く参戦するには最適な1台になろう。
 

車両本体価格:3,698,000円(税込)

年式

2015年式

走行距離

8,000km

ミッション

6MT

車検

現在色

ブルー&ホワイト(ラッピング)

元色

プレミアムホワイトパール

排気量

1,496cc

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

3,955×1,695×1,525 (mm)

車両重量

970kg

駆動方式

FF

使用燃料

無鉛ハイオクガソリン

装備

PS・PW・ABSなど

入手経路

正規新車

車両形式

GK5

車体番号

834(下三桁)

エンジン形式

L15B

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

あり

オーナー数

1オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

栃木県

保管方法

屋内


タイヤ

YOKOHAMA ADVAN A050(M)

前:195/55 R15 後:195/55 R15

初走行:ー

ホイール

ENKEI RC-T4

リム径 前:ーJ×15 後:ーJ×15

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

F:エンドレス R:エンドレス

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

F:純正 R:純正

ブレ-キキャリパ-

F:純正 R:純正

ダンパー

クスコ

スプリング

クスコ

バネレート:前:ー 後:ー

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

エクセディ

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

クスコ(1.5Way)

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

純正

触媒

無限

サイレンサー

無限

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

F:ー R:ー

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

無限

フレーム修復歴

あり

ボディ補強

シート

BRIDE

ハーネス

TAKATA

エアロ・カウル

純正

消火器

あり

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL


 

エンジン

純正

補機類・ECU

純正

競技歴

2015〜2016年:FIT 1.5チャレンジカップ参戦

2015年:もてぎエンジョイ耐久レース参戦

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好(OH後、1500km走行)

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2017年3月

点検時期2017年3月

その他仕様詳細

 

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:ー

アピールポイント

■2015年式

■希少レースベース

■低走行8000km

■程度良好

動態保存

気になるポイント

■なし

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

ワンメイク専用車両

某油脂メーカーのカラーを纏った1.5チャレンジカップ参戦用のGK5のワンメイク専用車両。ナンバー付きの中古車をレギュレーションに則ってチューンするエントラントも存在するようだが、M-TECよりごく僅かに販売されたレースベースから組み上げた車両の方が、安く、速く作れるそうだ。ちなみにナンバーの取得はできない。

斜め後ろ

右のサイドシルをレース中に当てられ修復した履歴はあるが、完璧に直したのでドライビングに何ら影響は無い。もちろん、目立つような凹みやキズも無い。

フロントマスク

レギュレーションにより純正エアロのままだが、それでもナンバー付き車両よりも明らかに威圧感のあるフロントマスク。

リヤビュー

リヤまわりもノーマルのままだが、リアウィンドウ越しに見える斜行バーが存在感をアピールしている。

サイドフォルム

クスコ製の車高調によって限界まで車高が下げられた本車両は、エンケイのレース用ホイールと相まって、ノーマル車とは一線を画するスタイリングとなっている。

フロントウインドウ

飛び石キズやヒビなどで目立つものはない。

ボンネット

ボンネットピンで留められたノーマルのボンネット。

ルーフ

ノーマルのアンテナ穴こそ残っているが、凹みや色あせもないルーフ。

フロントまわり

ブレーキダクトが確認できるフロントまわり。レース特有の無数の飛び石キズやタイヤのカーカス跡はあまり無い。

リアまわり

リアゲートもピンで固定されてはいるが、ノーマルのまま。突かれたり幅寄せされたような跡は無い。

マフラー

無限製の専用マフラーを装備。ノーマルよりも太く、触媒も2つから1つになっているからか、1.5Lのコンパクトハッチとは思えぬ野太いサウンドを放つ。

タイヤ&ホイール

タイヤはアドバンA050のミディアムコンパウンドで、4輪ともに195/55 R15。ホイールはレース用としては定番のエンケイRC-T4。大きく見苦しいようなガリキズは無い。
 

フロントの下回り

激しくヒットしたような跡や目立つようなオイル漏れなどは無さそう。

リアの下まわり

クリーンな印象のリアからの下回り。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

1.6リッター直列4気筒DOHC L15B型エンジンユニットからは、最高出力132ps/6,600rpm、最大トルク15.8kgm/4,600rpmを発する自然吸気ユニット。レギュレーションにより、完全ノーマルながらも1tちょっとまで軽量化されたボディや専用の足回り等によって、EG6やEK9シビックなどと遜色無いコーナリングスピードを有す。

ボンネット裏

オイルを噴いたような跡は無い。

■インテリア

車内全景

助手席はもちろん、内張りやカーペットも剥がされたN1車両たる風景。汗臭さや埃っぽさは感じない。

コクピット

ノーマルのメーター前のステアリングポストにAim製のデジタルメーターが装備されたコクピット。まだ8000キロ弱程の実走行で、使用感はあまり感じない。当然だが、センターコンソールにマウントされていたエアコンやオーディオユニットも外されている。

リアゲート

凹みや歪みの無いノーマルのリアゲート。

トランクルーム

ボルト留めされた無限製のロールケージが目につくトランクルーム。サビやカビ臭さなどは無い。

運転席

ブリッドのフルバケットシートが備わった運転席。激しく破れたり解れたりはしておらず、まだまだ使えそうだ。

ドア

内張りやパワーウィンドウも残されたノーマルのドア。リアもノーマルのまま。

天井

ほぼ全てがストリップダウンされた車内は天井も鉄板のみ。隙間なくロールケージが這わされている。

ブリッピング

エンジンノーマルとはいえ、FITとは思えない野太いサウンドを確認いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。