レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】


TOYOTA 86 RC Turbo


ZN6/2013年/日本

86の理想形を具現化したストリートレーサー登場!

パワフルで軽快な86ターボが登録された。
 
小型・軽量・低重心、そしてかつてのAE86がそうだったように、ユーザーと共に進化するスポーツカーを目指して企画・開発された『直感ハンドリングFR』をコンセプトとしたトヨタ渾身の一台、それが86である。
 
スバルと共同開発された高効率な水平対向D4-Sエンジンの超低重心マウントや空力性能、軽量化などによって、街乗りレベルでもドライビングプレジャーを味わえるバランスの優れたパッケージで、最近では中古車市場にも多くの台数が出回ってきたことにより、若年層には特に人気のある車種だ。
 
今回紹介する車両は、そんな手足のように操れる86をもっと豪快に振り回して愉しい仕様にするべく、ターボ化した個体だ。

サーキットやラリーなど、快適装備を一切省いた競技車両に最適なスパルタンモデル『RC』をベースに、専用ターボキットや大容量ブレーキシステム、ワイドトレッド化など、ノーマルではちょっと物足りない部分を軽量なRCで製作。
 
95mmものワイド化を施したオーバーフェンダーや特注のGT300仕様のカーボン製GTウイングなど、チューニングショップのデモカーとして扱われる程に完成度の高い迫力のフォルムと、背後から強烈にプッシュされるようなエクストラパワーを有した本車両は、ノーマルのNAでは絶対に到達のできない未知なる領域に達している。
 
次世代の86にはターボ化されるという情報が噂されているが、一足先に次世代の異次元空間に飛び込むべく、人馬一体感のあるちょっと刺激的なドライビングを愉しんでみてはいかがだろうか。
 
 

■外装

オレンジメタリックとカーボンのコントラストによってレーシーさが増したボディは、ランボルギーニ・ディアブロのように大きくくり抜かれたリヤバンパー周りや、ブラックのオーバーフェンダーによって、写真では感じとることのできない奥行き感のある迫力を感じとることができる。

■内装

RC特有の簡素で質素な雰囲気は全く無く、追加メーターやバケットシートなど、『競技車両以上・フル装備未満』的な雰囲気の車内。サーキット走行やワインディングなどのドライブメインの乗り方がベターだが、真夏以外はエアコンレスでも意外と必要性を感じない。

■総評

カーボンやアクリル素材にコンバートした軽量化とボルトオンターボによる圧倒的なパワーアップ化が施された本車両は、86の持つ素性を引き伸ばすべく、総額600万円以上をかけてチューンしてきたが、今後は更なる軽量化やフルロールケージなどの補強系を施工すればほぼコンプリート状態といっても良いレベルで、そのままサーキットに持ち込んでポテンシャルを試してみたい衝動に駆られる仕上がりだ。もちろん現状のまま街乗りドライブ用としても全く問題無く使用できる上に、流しているだけでもノーマルの86の倍以上に愉しさも増しているのではなかろうか? そんなRCベースのパワフルな86ターボを、あなたの鋭い感性で試していただきたい。
 

車両本体価格:2,800,000円(税込)→ ASK

年式

2013年式

走行距離

15,000km

ミッション

6MT

車検

平成30年11月

現在色

オレンジメタリック

元色

排気量

1,998cc

ハンドル位置

乗車定員

4名

車体寸法

4,310×1,870×1,270 (mm)

車両重量

1270kg

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

PS・PW・ABSなど

入手経路

正規新車

車両形式

DBA-ZN6

車体番号

265(下三桁)

エンジン形式

FA20

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

なし

修復歴

なし

オーナー数

2オーナー

記録簿

あり

取扱説明書

あり

自動車税

済み

リサイクル券

預託済み

現所在地

福岡県

保管方法

カバー保管


タイヤ

F:ATR SPORT R:NANKANG Sportnex ns-ZR

前:255/35 ZR18 後:255/35 ZR18

初走行:ー

ホイール

WORK D9R

リム径 前:10.5J×18 後:10.5J×18

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

F:エンドレス R:純正

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

F:エンドレス R:純正

ブレ-キキャリパ-

F:エンドレス4pod R:純正

ダンパー

HKSハイパーマックス車高調

スプリング

HKS

バネレート:前:ー 後:ー

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

ATSカーボンブレード

フライホイ-ル

純正

ミッション

純正

レシオ:ー

ファイナルギア

純正

レシオ:ー

LSD

OS技研スーパーロック

イニシャルトルク:ーkg

エキマニ

BLITZ製

触媒

SARDスポーツキャタライザー

サイレンサー

東名パワードEXPREME Ti フルチタンマフラー

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

マウント・ブッシュ

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

メンバ-・ロッド

純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

F:レイル製 

アンダーコート

あり

ロ-ルケ-ジ

なし

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

レイル製リアフレームバー

シート

レカロ製

ハーネス

純正

エアロ・カウル

VLESS製+D.speed製+URAS製

消火器

なし

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

純正

使用期限:ー

容量: ーL


 

エンジン

純正

補機類・ECU

BLITZ ターボシステム

HKS フラッシュエディター

競技歴

なし

コンディション

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

直近の走行時期:2017年9月

点検時期2017年9

その他仕様詳細

BLITZ オイルクーラーキット

CUSCO オイルキャッチタンク

5ZIGEN オーバーパイプ

BLITZ フロントパイプ

VLESS エアロフルキット(フロントバンパー・サイドステップ・カーボントランク・GT300車両レプリカ仕様フルカーボンGTウィング)

D.speedフルカーボンボンネット(流水加工済)

URAS オーバーフェンダー

SONAR テールランプ

CUSCO アクリル3面ウィンドウ

TRD 3連メーター

ピボット タコメーター

atcステアリング

カロッツェリア サウンドシステム

チューンナップウーハーシステム

ETC

アルミシフトノブ

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション

シャーシ

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

その他:純正触媒・純正サスペンション

アピールポイント

■2013年式

■ショップデモカー

■希少RCベース

■低走行15000km

■ボルトオンターボ250ps

即走行可能

気になるポイント

■なし

 

※写真を クリックすると拡大します。

 

■エクステリア

素性を生かしたスポーツカー

軽量なRCをベースに、ノーマルで物足りない部分を補うようにして製作された本車両。『スポーツカーはこうあるべき』という部分が大幅にバージョンアップされ、高速道やワインディングはもちろん、ちょっとした街乗りでも86の良さが倍増されていることが誰でも確認できるはずだ。

斜め後ろ

高くそびえ立つGT300用レプリカのカーボンウィングと、ブラックのオーバーフェンダーにホワイトのコントラストが映える深リムの大径ホイールによって、86とは思えぬ重厚な佇まいを魅せる。

フロントマスク

VLESS製のバンパーとURAS製のオーバーフェンダーと相まって威圧感が増したフロントマスク。BLITZ製のインタークーラーとオイルクーラーが前置きにマウントされているのはターボモデルならでは。

リヤビュー

樹脂部分がくり抜かれたリヤバンパーからは、メンバーやアーム類も丸見えのワイルド仕様。ランボルギーニ・ディアブロを彷彿とさせるような見せ方だ。

サイドフォルム

HKSハイパーマックス車高調によってバランス良く下げられた車高は、オーバーフェンダーによって低さを助長しているのか、意外とストロークも確保されており、段差にもさほど神経質にならなくても大丈夫そうだ。

フロントウインドウ

大きく目立つような飛び石キズなどはない。

ボンネット

D.speed製の流水加工済みカーボンボンネットに換装し、軽量化とクーリングに貢献している。

ルーフ

色褪せなどもない艶感のあるルーフ。

リアウィンドウ

リアとリアクォーターのウィンドウは、CUSCOのアクリル製にコンバート。大幅な軽量化に一躍買っている。

リアウイング

強力なダウンフォースを生み出すVLESS製の巨大なカーボンリヤウイング。もちろん角度調整は可能。

フロントまわり

VLESS製のフロントバンパーとURAS製オーバーフェンダーを組み合わせたフロントまわり。低さを強調したデザインだが、大きく割れたりもせず、キレイに保たれている。

お約束のズレ

バンパーとフェンダーのチリが合わないのはこの車種のあるあるのひとつ。もちろん走行に支障は無い。

トランクまわり

VLESS製のカーボントランクに換装し軽量化が施されたトランクまわり。飛び石のようなクリア禿げが若干あるが、気になるほどでは無い。

リアアンダーまわり

メンバーが丸見えなリヤアンダーまわり。ボディの補強にレイル製のリアフレームバーが備わっている。2つのLEDはバックランプ。

フルエキゾースト

BLITZ製のエキゾーストマニフォールドからフロントパイプを経て、SARD製スポーツキャタライザーと5ZIGEN製オーバーパイプを抜け、東名パワード製EXPREME Ti フルチタンマフラーに至るフルエキゾーストシステムを構築。パワー&レスポンスアップに大幅に役立っているのはもちろんの事、サイレンサーを外せば野太くも乾いたボクサーサウンドを奏でる。ノーマルの触媒もあるので車検も問題無い。

タイヤ&ホイール

タイヤはATR SPORTで、フロントが255/35 ZR18、リヤがNANKANG Sportnex ns-ZRで、255/35 ZR18。ホイールはWORK D9Rの10.5J。大きく目立つようなガリキズは無い。奥に見えるのは、ENDLESS製4ポッドブレーキキャリパーとローター&パッドをフロントに装備。これで大幅にパワーアップした本車両も安心して止まることができる。

フロントの下回り

特に大きくヒットしたような跡や、酷いオイル漏れの跡などは無い。

リアの下まわり

極太のエキゾーストパイプが這った下まわりも、見苦しいような凹みやキズはなく、むしろ『見せる下まわり』のようにキレイに仕上がっている。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

重心高460mmという超低重心化の実現と、ボクサーエンジン初のリッター100psも実現した水平対向4気筒DOHC2.0リッターのFA20型は、最高出力200ps/7,000rpm、最大トルク20.9kgm/6,400〜6,600rpmを発する高回転型NAユニットだが、本車両はブリッツ製の専用ターボシステムをボルトオン装備。エンジンやインジェクターなどはノーマルながらも約50psのエクストラパワーを得ている。

ターボシステム

トラストのターボキットよりも安全マージンが多めで低回転域からトルクが太くて乗りやすいと評判のブリッツのターボシステムは、オリジナルのアクチュエーター式B06-380Rメタルフロータービンを採用した86/BRZ専用ボルトオンターボシステム。増えた熱量は追加したオイルクーラーでしっかり冷却しているのでハードな走行でも安心だ。

パワーチェック

ターボシステム装着後に某ショップでパワーチェックをした際のデータシート。実測で249.2psを記録している。もちろん圧縮比を下げたり、インジェクター容量をアップしたりすれば更なるパワーアップも可能だろう。

ボンネット裏

流水加工が施された軽量なD.speed製のカーボンボンネット裏。オイルなどの吹き跡も無い。

■インテリア

コクピット

閑散としたRCのコクピットから一変し、最高グレードのGTリミテッド以上にスポーツカーらしいレーシーな雰囲気に仕上がっている。ツーオーナー目でまだ2万キロ未満の個体ということもあり、埃っぽさや油っぽさは無い。

メーターまわり

ノーマルのメーターも生かしつつ、その前にピボット製のタコメーターがメータークラスタのセンターに鎮座する。

センターコンソール

TRD製の3連メーターが2DINのオーディオスペースに備わる。左から水温計・油圧計・油温計。ちなみにエアコンは無いがヒーターは装備しているので真冬でも快適だ。

天井

キレイにクロス張りされている天井。もちろん垂れや破れはない。

トランクリッド

軽量化のため、VLESS製のカーボントランクに換装。

トランクルーム

ストリップダウンされているトランク内。特にサビやカビ臭さなどはない。

ドア

ドアはノーマルのまま。ドア落ちなどもない。

運転席

ドライバー側にはレカロ製のフルバケットシートを装備。破れやほつれもないキレイな状態だ。パッセンジャー側は外す予定だったので純正のまま。

ペダル類

特にクセの無い配置のABCペダル。

リヤ空間

音響にも拘り、リヤシート上にウーハーとアンプを配置。スポーツ走行などの時にすぐに外せるようにしているようだ。

オーディオ

オーディオレスのRCだが、助手席の足元にカロッツェリア製のオーディオシステムを追加。

ダッシュボード

歪みや割れのないキレイなダッシュボード。

書類

取扱説明書や記録簿などの書類も揃っている。

ボクサーターボサウンド

レガシーやインプレッサなどとは一味違ったボクサーサウンドをご確認いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。