レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】


NISSAN SUNNY TS ver.(B110)


B110/年式不明/日本

こだわりの70年代仕様で当時のTSブームに浸ってみる

B110型のTSサニーが登録された。
本サイトでは2台目の登録となる。
 
国内モータースポーツの黎明期となる1970年代から1980年代前半まで、超軽量なボディと超高回転チューンが施されたA12エンジンで一大ブームを巻き起こしたTSサニーは、四半世紀以上経った現在でも高い人気を誇る名車中の名車であり、各チューナーの当時のレーシングテクノロジーと、託されたドライバーのレーシングテクニックによって繰り広げられた、抜きつ抜かれつの激しいレース展開は今でもファンの間で熱く語られるほどのインパクトを残した。
 
その後、80年代中盤以降にAE86が台頭するまで、長きに渡ってプロダクションカーレースを支え、FRクーペの代表格としても君臨していたB110型サニーは、その後もTSレース仕様にチューンする個体が多く存在するようになった。
 
そのうちの1台が今回紹介する個体となる。
 
クリームがかったドンガラのボディに大型のFRP製の前後バンパーとオーバーフェンダー、キャブやエキマニ、デスビやオイルポンプ、サスやブレーキ、ミッションや燃料タンクなど、多くのレーシングパーツで構成されている点は他のTSサニーと何ら変わらないが、本車両はそのほとんどのパーツが当時のレーシングパーツで組み上がっているのである。
 
当時のレギュレーションに合わせてチューンしたことによって、現代の最新技術が投入された個体とは違って、70年代に人気を博した当時のままの雰囲気や乗り味を再現することのできる希少な個体なのである。
 
しかも本車両の持ち主は、某自動車メーカーのF1やル・マンなどのメカニックを経て、現在はエンジンの研究部門に属する自動車の技術開発のスペシャリスト。つまり、最前線のモータースポーツの現場で培った目利きによって選ばれた1台でもある。
 
そんな厳選されたTSサニーで当時の走りを堪能してみてはいかがだろうか。
 
 

■外装

屋内で保管はされていたものの、所々に塗装の浮きや割れ、剥がれが確認できる。しかし、そんなに多くの箇所でもなく、面積も小さいものなので、少しのリペアで済みそうだ。もちろん、大きく目立つキズや凹みは無い。

■内装

4連メーターが存在感を放つ内装は、1シーターに簡易な2点式のボルト留めロールケージがあるだけで、他は見事にドンガラのストイックな雰囲気。車内に響くストレートのエキゾーストサウンドが気分を盛り上げる。

■総評

最近になってようやく軽量のスポーツカーが見直され、新車でリリースされるようになったが、さすがにクーペスタイルで軽自動車より軽い車種は出てこない。また、際限なく回りそうな超絶レスポンシブルなエンジンとの組み合わせは、数千万円もの高額なスーパーカーでも成し得ることのできないスペシャルな仕様だ。しかし、それをTSサニーが実現させていたのだが、本車両は、TSマシンブームが起きていた真っ最中に、当時のパーツと技術で製作された、ある意味ホンモノのTSサニーなのである。何重ものスリップストリームを駆使してデッドヒートを繰り広げていた当時の熱き時代に本車両でタイムスリップしてみてはいかがだろうか。
 

車両本体価格:2,480,000円(税込)→ ASK

年式

不明

走行距離

不明

ミッション

5速MT

車検

現在色

アイボリー

元色

排気量

不明

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

ー/ー/ー (mm)

車両重量

不明

駆動方式

FR

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

装備

入手経路

正規新車

車両型式

B110

車体番号

不明

エンジン形式

A12

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

不明

オーナー数

複数オーナー

記録簿

取扱説明書

自動車税

リサイクル券

現所在地

静岡県

保管方法

屋内


タイヤ

F:YOKOHAMA ADVAN HF-R R:YOKOHAMA ADVAN HF-R

前:175/70HR13 後:175/70HR13(転がし用)

初走行:ー

ホイール

不明(転がし用)

リム径 前:6J  後:6J

オフセット 前:ーmm 後:mm

PCD ー

ブレ-キパッド

不明

残厚 前:ー% 後:ー%

ブレ-キロ-タ-

不明

ブレ-キキャリパ-

F:日産純正レース用オプション(MK63) R:日産純正レース用オプション(アルフィンドラム)

ダンパー

日産純正レース用オプション(フロント車高調整式)

スプリング

日産純正レース用オプション

バネレート:前:ーkg 後:ーkg

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

不明

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

不明

フライホイ-ル

不明

ミッション

日産純正レース用オプション(56Aローバック5F)

レシオ:

ファイナルギア

日産純正レース用オプション

レシオ:4.625

LSD

不明

イニシャルトルク:

エアクリ-ナ-

SOLEX

エキマニ

日産純正レース用オプション

触媒

サイレンサー

不明

プラグ

不明

プラグコ-ド

ULTRA

ラジエター

日産純正レース用オプション

オイルクーラー

日産純正レース用オプション

マウント・ブッシュ

サス:不明

エンジン:不明

デフ:不明

ミッション:不明

メンバ-・ロッド

不明

ドライブシャフト

不明

タワーバー

アンダーコート

ロ-ルケ-ジ

2点式(不明)

ボディ補強

シート

PRE

ハーネス

Sabelt

エアロ・カウル

日産純正レース用オプション

消火器

あり

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

日産純正レース用オプション(中のスポンジは新品交換済)

使用期限:ー

容量:ー L

その他

フロントガラス:ボカシ入りガラス(合わせガラス)

日産純正レース用オプションパーツ多数:キャブレター&インテークマニホールド、タコ足、オイルクーラー、オイルエポンプ、ラジエーター、ファンベルト&プーリー(ウオーターポンプ、ダイナモ、クランク)、キャッチタンク、デストリビューター、計器類(KS製)

デフケース:バッフルプレート付きオイル増量加工済みデフオイルポンプ付き


エンジン

不明

補機類・ECU

不明

競技歴 

不明 

コンディション

エンジン:良好

駆動系:良好

シャーシ:良好

電装系:良好

足回り:良好

その他:ー

直近の走行時期:2014年

点検時期:2016年9月

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ドライスリックタイヤ(ADVAN)210/490R13×2本+230/500R13×2本

ホイール:スピードスター×4本(F:8J R:9J)

その他:ー

アピールポイント

■レストア済み

■程度良好

■メンテナンス済み

■日産純正レースパーツ多数

■動態保存

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します。


■エクステリア

当時のTSサニーを再現

JCCA参戦を目的に数年前に旧車専門店より購入し、現在の仕様のまま富士スピードウェイショートコースでシェイクダウンをしただけという本車両。当時のパーツを使ったチューン内容なだけにボディのしなりやエンジンの吹け方など、現代のチューンでは再現できないテイストを味わえるというとてもマニアックな個体だ。

斜め後ろ

アイボリーホワイトのボディカラーに関しても、所々にサビや塗装の浮きなどが散見され、完璧な状態ではないが、そんな状態であるからこそ愉しめる雰囲気がそこにはある。

フロントマスク

丸目1灯の愛想のあるグリル周りには、FRP製の日産純正レース用オプションのオーバーフェンダーやスポイラーが装備され、一線を画する迫力を醸し出している。

リヤビュー

フロントに対して、スッキリとした印象のリヤビューは、ダッグテール風のFRP製のリヤスポイラーが目に付く。ちなみに、フロントも同様にリヤバンパーも専用のFRP製で軽量設計となっている。

サイドフォルム

ナローポルシェを彷彿とさせるようなリヤハッチ型のクーペスタイルは、今見ても斬新なフォルムで、当時の人気の高さを伺える。

フロントまわり

大きくせり出した厚みのあるリップスポイラーも専用品のFRP製。大きく割れたり欠けたりはしておらず、状態は良い。

ボンネット

ボンピンで留められたボンネットも専用品のFRP製。一部で塗装の浮きはあるが、歪みや凹みはない。

フロントウィンドウ

よく見るとNISSANのボカシが入っている合わせガラスは社外品。大きなキズやヒビは無い。

トランクリッド

トランクリッドも軽量なFRP製。Cピラーに這っているホースは安全タンクのエア抜き用。

リヤまわり

ピンで留められたトランクリッド同様に、リヤバンパーも専用パーツ。

ルーフ

若干塗装のひび割れはあるが、凹みなどはない。

タイヤ&ホイール

タイヤは現在は転がし用が装着されており、走行用は別途付属する(下記参照)。ホイールから覗いているのはフロントはMK63ベンチレーテッドディスクブレーキが、リヤには大径化されたアルフィンドラムブレーキが装備されている。もちろん、足回りも日産純正レース用オプションパーツで固められている。

マフラー

リヤまでストレートに延びているエキゾーストパイプ。いかにもハイコンプで弾けるような音色を奏でる。

下まわり(リヤ側)

安全タンクやサスペンション、デフケースなど、レース専用パーツが多数確認できるリヤ側の下回り。

下まわり(フロント側)

特に大きくヒットした跡もない比較的キレイなフロントの下まわり。

フェンダー裏

大概は適当に切って仕上がっているフェンダー裏も、このようにキレイに溶接で仕上がっているのは、他の見えない部分もキレイに仕上がっているという証拠。

■エンジン・トランクルーム

エンジンユニット

自然吸気のOHVユニットながら、10,000rpmもの高回転パワーで度肝を抜く走りを見せる名機A12エンジンは、低回転域はやや燻ることもあるが、高回転になればなるほどスコーンと抜けるような澄んだ快音を放つ。その周りに装備されるキャブレターやインマニ、エキマニ、ラジエター、ファンベルト、プーリー、デスビなど、ほとんどが日産純正レース用パーツで構成されている。
 

A12

向かって左脇にA12の刻印が確認できる。

トランクリッド裏

FRP製ではあるが、現代のものとは違ってかなり厚く固く作ってある。バンパーなど、他のパーツも同様のクォリティを有す。

トランク内

トランク内は日産純正レース用の安全タンクが鎮座。中のスポンジは新品に交換されているので安心だ。

■インテリア

車内全景

まさに“ドンガラ”という言葉がピッタリの車内。スティール系でまとめられた車内は、カーボン等のレーシーなパーツも配されず、当時の雰囲気のままに保たれている。

メーターまわり

10000rpmまで刻まれたタコメーターを中心に、水温・油温・油圧計が整然と並ぶ超シンプルなレイアウト。これもまた日産純正レース部品。

ドア

内張りにアルミ版が貼られたレーシーな雰囲気のドア。窓の開閉は当然レギュレーター仕様。

シート

シートも当時のオートルック製のフルバケットシートを装着。多少の汚れはあるが、大きく目立つような破れもなく、まだまだ使えそうだ。

リヤ空間

ボルト留めの2点式ロールケージが目に付くリヤ空間。スポット増しなどの補強はしていないようだ。

天井

鉄板剥き出しの天井にもロールケージが横に1本這っているが、オープンカー等に使われるような形状なので、剛性アップというよりは、転倒時の保護の役割の意味合いが強そうだ。

スリックタイヤ&ホイール付き

走行時に使用するADVAN製のドライスリック(F:210/490R13、R:230/500R13)とスピードスター製のホイール(F:8J、R:9J)が付属する。ちなみにタイヤはFSWのショートコースを1回だけ走っただけなので、まだ使えそうだ。

エンジン始動〜ブリッピング

高回転域になればなるほど粒ぞろいに音色が澄んでゆく名機A12のレーシングサウンドをご確認いただきたい。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。