レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

ヒストリックカーの定番をフルレストア済みの個体で楽しむ



ロータス・スーパーセブンは「ロータス・マーク6」の流れを汲むチューブラーフレームにアルミ外板を貼ったセミモノコック構造採用の、オープンホイール・クラブマンレーサーである。


1957年秋のロンドンショーで、斬新なFRPモノコックシャシーを持つ「ロータス・エリート」と同時に発表され、自動車メーカーとして第一歩を踏み出したロータスの屋台骨を支えるヒット作となった。


余分な装備を廃した車体は近年のものでも600kg程度、最初期のシリーズ1なら350~450kg程度と非常に軽量だ。シンプルな構造、低い着座位置、サイドマフラーの排気音と軽快な走りなど、クルマの本来の魅力に溢れた一台だ。


1960年、セブンはフレームが再設計、リヤサスペンションがモディファイされ、従来15インチだったホイール径を13インチに縮小したシリーズ2に進化した。ボディワークにも変更が加えられ、マーク6以来ボディパネルと同様にアルミ製だったノーズカウルや前後のフェンダーはすべてFRP製に置き換えられ、丸みを帯びたボディラインとなった。


エンジンは、シリーズ2でも数種のタイプ、チューンが選択可能だったが、シリーズ1時代に搭載されたフォード100Eサイドバルブ1172ccは116E・OHV1498ccにスープアップ、BMC・Aタイプユニットも1098ccバージョンが追加された。


これらとは別に、フォード109Eを85psに、116Eを95psにそれぞれチューンアップした高性能バージョン、スーパーセブンも設定されていた。ほかのロータスの例に漏れず、完成車だけでなく、税制上の利点やユーザーの造る楽しみといった観点から、キットカーとしても販売され、高い人気を誇っていた。


足まわりは、スタビライザー兼用のダブルウィッシュボーンによるフロントサスペンションと、Aアームの一点で前後・左右・回転の3方向の力を支えるリヤサスペンションが特徴的で、これにより部品点数の削減によるコストダウンと軽量化が図られていた。当時のタイヤの性能から見ればこれでも充分な強度があり、必要以上の強度を持たせることによる重量増加を嫌う、ロータス創業者コーリン・チャップマン(Anthony Colin Bruce Chapman、1928~1982年)の思想が伺える秀逸な設計である。


長いフロントボンネットの中にエンジンを積み、ドライバーは一番後ろに座るというスタイルは1930年代から1950年代のレーシングカーのスタイル。メーカーはケータハムに変わった今日でも、ずっとこのスタイルのまま生産が続いている。


このスーパーセブンは現オーナー様が30年前に中古並行で購入した1台。長い歳月をかけてコツコツとフルレストアをしてきたが、車両の入れ替えのために今回売却の意向となった。


詳細は以下のコンテンツにてご確認いただきたい。



外観

シリーズ2のボディをまとったロータス・スーパーセブン。レーシングフォーミュラに限りなく近いそのカタチは、乗り込んだだけでも期待を裏切らないタイトで低い非日常的な空間だ。

内装

余計なものが極力排された車内は走りに特化したものだけが装備される。赤いインストルゥメントパネルがタイトで低いドライビングポジションと相まって、ドライバーのスポーツマインドを刺激する。

走行フィーリング

まるでバイクのようにハイレスポンスなエンジン、そして限りなく低い着座位置とクイックな動き。どんなクルマも真似できないこのフィールが、ロータス・スーパーセブン独自の世界感を作り上げている。

総評

英国ライトウエイトスポーツを体現したようなロータス・スーパーセブン。誰もが振り返るそのクラシカルな佇まいが魅力のひとつ。しかし、真の魅力はクルマとしてのプリミティブさにあると言っていいだろう。ムダなものをそぎ落とした装備や独特のドライビングポジション、鋭いハンドリングや力強いエキゾーストは風となって走る楽しさを思い出させてくれる。

売約済み





年式

1966年式

走行距離

不明

ミッション

4MT

車検

検切れ

現在色

ブリティッシュレーシンググリーン

元色

不明

排気量

1500cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

不明

車両重量

不明

駆動方式

FR

使用燃料

レギュラーガソリン

装備

ヒーター

燃料タンク容量

不明

車体番号

不明

車両形式

不明

入手経路

中古並行

メーター交換

不明

エアバッグ

無し

修復歴

不明

オーナー数

国内1オーナー

記録簿

不明

取扱説明書

不明

自動車税

検切れのため未払い

リサイクル券

検切れのため未払い

現所在地

埼玉県

保管方法

屋内


タイヤ

ダンロップSP7 前後145/70/SR13 7分山

ホイール

純正スチール風レプリカアルミ13インチ

ブレ-キパッド

ノーマル

ブレ-キロ-タ-

ノーマル

サス仕様

ノーマル

ダンパー

ネジ式車高調整式

スプリング

ノーマル

スタビ

ノーマル

クラッチ

ノーマル

ギアレシオ

ノーマル

ファイナルギア

ノーマル

LSD

ノーマル

エキマニ

HOLBAY

触媒

無し

サイレンサー

ワンオフ

プラグ

ノーマル

プラグコ-ド

ノーマル

ラジエター

ノーマル

ブッシュ類

ノーマル

ドライブシャフト

ノーマル

タワーバー

ノーマル

アンダーコート

有り

ロールバー

無し

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

無し

シート

ノーマル

ハーネス

サベルト

エアロ

無し


消火器

燃料タンク

メンテナンスガレージ

エンジンチューン

ポート研磨・ヘッド加工

補器類・ECU変更

ウェーバーキャブ2連装

競技歴

パーツの状態確認

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

その他:ー

走行時期:ー

点検時期:ー

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

アピールポイント

35年前に中古並行で購入した個体をフルレストアしました。なので絶好調です。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

おなじみのフォルム

スタイルはおなじみのものだが、ボディパネルはすべて貼り直しているようだ。

フォーミュラカー然とした顔立ち

ムキ出しのスプリングダンパーユニットや小さいフロントウインドウなど、ハコ車とは一線を画す表情だ。

サイドマフラーがレーシー

スチール製ワンオフサイドマフラーが目を惹く。テールからの排気音に慣れた耳だと、サイドから聞こえてくるエクゾーストノートは非常にビビッドかつ新鮮。

内外のコントラストもGood!

いくら走りに特化した装備しかないとは言え、オープンカーたるもの、言葉は乱暴だが「見られてナンボ」でもある。そういう意味では、ブリティッシュグリーンとレッドの内装はコントラストが際立ち、存在感は抜群である。

リアも限りなくシンプル

後ろから見ると、全高が非常に低いことが分かるはず。現車を間近で見ると、想像以上に低い。

アルミフレームのフロントウインドウ

フロントウインドウのアルミフレームには腐食や割れもなく、特に問題はない。

名門ロータスのエンブレム

屋内保管のため、ボディ外装、エンブレムなどは色褪せやひび割れなどはあまりない。

サイド出しマフラー

エンジンから4-2-1エキマニを経てサイドエンドへ直線的に繋がるワンオフのマフラー。

フロント足回り

フロントの足まわりはフォーミュラカーのようにムキ出し状態なのがロータス・スーパーセブンの特徴のひとつ。スプリングダンパーユニットはネジ式車高調に換わっている。

リアサスペンション

リヤのサスペンションまわりにもキズやヒットした形跡などは見受けられなかった。

エンジン・トランクルーム

セブンの心臓部

オーナーにより手の加えられたエンジンは、現在はKENTと呼ばれて久しいHOLBAYエンジンだ。ポート研磨やロッド加工等、オーバーホールを施した事により、スーパーセブンにふさわしいスーパーレスポンスなフィーリングを得ている。

スーパーセブンの“スーパー”な部分

さらにハイパワー&ハイレスポンスにさせるべく、キャブレターをWEBER製に交換。

インテリア

クラシカルなコックピット

赤いパネルで覆われている車内はメーターが整然と配置され、シンプルかつ機能的な造り。

見やすさ重視

右から油温・タコ・水温と並ぶスミス製のメーター類。ナルディのウッドステアリングも車内の雰囲気とマッチしている。

ABCペダル回りもスポーティ

見栄え以上にタイトでスポーティなペダル配置。慣れるまではコツがいりそうだ。

助手席側の下回り

配線は再度引き直しているようだ。ダッシュボード下からサイドブレーキレバーが生えている。

板製シートは純正

シートはヘッドレストのない板製の純正タイプ。そこにSABELTフルハーネスを装備。

幌用の骨組みは装備

幌はなかったが、骨組みはそのまま生きている。

その他

超軽量のアルミボンネット

4つの金具で留められているボンネット。簡単に開けることができる。本国で書かれたのか、裏に「NO LOUVRES」とマジックで書いてあった。

トノカバーを標準装備

車内が汚れないように、トノカバーが用意されている。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。