レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

フルレストア済みの名車シェブロン F3



1970年よりたった9台のみ製造された希少なF3カー、シェブロンB17である。


ロータスやクーパーに続く次世代のレーシングカー・コンストラクターとして、1970年代に名を馳せた代表的存在がシェブロンである。


1965年にデザイナーのデレック・ベネットによりイギリスにて設立されたシェブロンは、処女作となるB1やB2のクラブマン・フォーミュラから始まり、GTカー、F1、F2、F3、フォーミュラーB、Fアトランティック、Gr.5/6スポーツカーなど、1986年のB65まで、さまざまなカテゴリーのレーシングカーを世に送り出していった。


そのうちの1台がこのB17。1970年の英国F3にて Chris Skeaping が2勝、ヨーロッパ F3で Jurg Dubler が3勝するなど、優秀な成績を残した1台でもある。その個体を英国にてフルレストア、日本に輸入されてからは未使用という車両が今回売りに出された。


シャシーナンバーは1。
過去には前後にウィングを付けた形でのヒストリックレース参戦もあったようだが、現在はオリジナルの状態に保たれている。


エンジンはコスワースMAEエンジンを新品で組んであり、絶好調そのもの。ミッションも新品のヒューランドMK8-9を搭載。新設計されたアップライトを含むサスペンションを介し、余すことなくパワーを路面に伝えることができる。


コクピットまわりは、ツインチューブ・モノコック化されたセンターセクションにより、さらに強度をアップ。スミス製のクロノメタリックタコメーターなど全メーターを新品交換した、まさにブランニューコンディションだ。


ほぼ新品部品でフルレストアしているゆえ、F3の醍醐味を現在でも充分に味わえる仕様となっている。もちろん、初心者の方も安心して乗れる個体である。


今回、車両入れ替えのために出品となったようだ。

■外装

フルレストアされた個体ゆえ、とても40年前のものとは思えないクオリティ。ヒストリックカーにありがちな塗装のワレやボディの腐食なども全くない。こと渋めに見えてしまうこの手の個体も、くすみのない真っ赤なボディカラーによってとっても華やかな印象だ。

■内装

メッキ状にトリミングされたスミス製のメーター類や革巻きステアリング、シフトノブ、ハーネス、ペダルなど、目につくものはほぼ新品交換されているので、クラシカルな雰囲気はありつつも、気分は新鮮そのものだ。

■総評

カテゴリや仕様によって数多くのマシンを製造してきたシェブロン。そのうちの1台ということで、過去にはレース戦歴もあるものの、まるで博物館に展示してあったかのようなクオリティの高さは、隅々までフルレストアされた賜物であろう。そうかといって、油脂類さえきちんと充填・交換すればすぐに乗り出せる。見てよし、乗ってよしのヒストリック・フォーミュラはそうは出品されない中での貴重な1台と言えよう。


売約済み





年式

1970年

走行距離

フルレストア後100km

ミッション

Hパターン4速ヒューランド製MK8-9ミッション

車検

現在色

レッド

元色

排気量

997cc

ハンドル位置

センター

乗車定員

1名

車体寸法

ー×ー×ー(mm)

車両重量

450kg

駆動方式

RR

使用燃料

装備

なし

燃料タンク容量

30L

入手経路

新車

車両形式

車体番号

エンジン形式

Cosworth Ford 105E(MAE)

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

国内1オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

リサイクル券

現所在地

埼玉県

保管方法

屋内



タイヤ

AVONラジアル

前:7.5/21.0/13 後:9.2/22.0/13

ホイール

レボリューション

リム径 前:7J 後:9J

オフセット 前:ー 後:

ブレ-キパッド

ガーリング

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

ソリッドローター

ブレ-キキャリパ-

ガーリング製アルミ2ポットヒストリックキャリパー

サス仕様

ダンパー

ツインチューブ・ネジ式スプリングダンパーユニット

スプリング

ー 

スタビ

純正調整式

パイプ径 前:φ15mm 後:φ15mm

クラッチ

AP製 ドライシングルレース用

ギアレシオ

純正

ファイナルギア

純正

LSD

エキマニ

純正

触媒

サイレンサー

プラグ

NGKイリジウム9番

プラグコ-ド

ルーカス

ラジエター

純正 アルミレースコア

ブッシュ類

サス:純正ピロボール

エンジン:純正ピロボール

デフ:純正ピロボール

ミッション:純正ピロボール

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

ロールバー

純正3点溶接止め

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

純正

シート

レス

ハーネス

WILLANS 6点式

エアロ・カウル

純正

消火器

FEV

燃料タンク

純正

容量:30L



エンジンチューン

補機類・ECU変更

競技歴

1970年:英国F3にて Chris Skeaping が2勝、

ヨーロッパ F3で Jurg Dubler が3勝

ドイツF3で1勝

F.I.Aペーパー有り

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:2010年11月

点検時期:レース毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャシー:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

アピールポイント

フルレストア後はこれからシェイクダウンという新車のような個体。油脂類の充填・交換など、通常のメンテナンスをすればすぐにドライブすることができる。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

9台のうちの1台

シャーシナンバー1のシェブロンB17。当時たった9台しか製造されなかったうちの1台。1970年に英国F3で Chris Skeaping が2勝、ヨーロッパF3でJurg Dublerが3勝、ドイツF3で1勝している個体そのものをフルレストアした。F.I.Aペーパーも存在する由緒正しき1台。

独特な迫力

ややリヤ寄りのサイドビューでは、極太のリヤタイヤとディープなリム、後方へ突き出たヒューランド製のミッション、そして上に突き出たウェーバー製のダウンドラフトキャブレターが独特な迫力を感じさせる。

シンプルなノーズまわり

かつてはウィングを付けてヒストリックイベントにも出場したようだが、現在はオリジナルのままのシンプルなノーズまわり。

メカニカルな雰囲気漂うリヤまわり

AVONの極太タイヤをはじめ、サスペンションまわりのアーム類やミッションまわりなど、ノーズまわりとは打って変わってメカニカルな雰囲気が漂う。

サビひとつないクォリティ

左上方にはエキゾーストパイプが備わる。サスペンションアーム類もサビひとつなく、とても40年前の個体とは思えない。

コクピット後方

コクピット後方には、3点式のロールバーが備わる。さらに後方に目を向けると、ダウンドラフトのWEBERキャブがそそり立つ。

タイヤやブレーキも新品

AVONのラジアルタイヤとレボリューションのアルミホイール。スポークからのぞくのはガーリング製のヒストリックアルミ2ポットキャリパー。もちろんすべて新品。

新設計の足まわり

旧モデルより新設計されたアップライトを含むサスペンション。アップライトはマグネシウム製の新品。ネジ式のツインチューブダンパーが組まれたスプリングダンパーユニットももちろん新品だ。

エンジン・トランクルーム

フォード・コスワース105Eエンジン

リヤミッドに搭載されているエンジンは、フォード・コスワース105E(MAE)エンジン。もちろん新品部品で組まれたものなので、現在は最高のコンディションだ。赤いヘッドが美しい。

そそり立つWEBERキャブ

WEBER製ダウンドラフトφ48IDAキャブレターが、まるで煙突のようにエンジンヘッドからそそり立つ。

手曲げ加減が美しい

4−1と集合したφ38の等長マニフォールドからすぐにエンドへ抜けるエキゾーストパイプ。

いかにも冷えそうなコア厚のラジエター

センターからフロントまで続くFRP(強化繊維プラスチック)製のカウルを外すと、最前面には分厚いコアのアルミラジエターが鎮座する。

フロントセクション

太いフレームで組まれたフロントセクション。ラジエターや各種タンク類、ステンメッシュで繋がれたエキップメントも新品だ。

消火器は後方に設置

リヤのエンジン後方には、消火器が備わる。

インテリア

強度アップされたコクピット

ツインチューブ・モノコック化されたセンターセクションによりさらに強度がアップされたコクピットまわり。WILLANSのハーネスは6点式。シートはオーナーが決まり次第、専用シートが製作される。

シンプルな眺め

バスタブのようなセンターセクションのまわりには燃料が収まる。また、右側にはヒューランドの4速ミッションに繋がるアルミ削り出しのシフトノブが備わる。

コクピット左にシリアルプレート

1965年にイギリスにて設立されたシェブロンは、GTカーやF1など、さまざまなカテゴリーのレーシングカーを世に送り出していったレーシングコンストラクターだ。

クロームメッキ処理が美しいメーターまわり

メーターまわりも新品部品でレストア。クロームメッキ処理が施されたスミスのクロノメタリックメーターが美しい。

バッテリーはシート前方に配置

重量物のひとつであるバッテリーはシート前方あたりに配置されている。

ソリッドなABCペダル

複雑に交差するフレームの中に収まるABCペダル。一番左のペダルはフットレスト。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。