レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

フルレストア済みの極上“ハコスカ”GT-R



いつの時代も人気の高いGT-R。
その中でも今回ご紹介するのは「ハコスカ」である。


ご存知のとおり、ハコスカとは歴代スカイラインのシリーズの中で1968~1972年に製造、販売されていたC10型のスカイラインのこと。今回は通称「45」と呼ばれるハコスカである。


その中でもGT-Rは、プロトタイプのR380用をデチューンした2リッター直列6気筒DOHC24バルブ S20というセミレーシングエンジンを搭載したGT-Bの後継車種として誕生。100mm以上広げられたトレッドや後輪独立懸架の採用により、操縦性も大幅に改善された。


当時としては驚異的な最高出力160ps、最高速度200km/h、0-400mではなんと16秒というパフォーマンスを誇り、サーキットでも1972年3月までに49連勝を含む通算50勝を達成。スカイライン神話を確立するなど数々の栄光に輝いた、日本を代表する名車中の名車である。


ハコスカGT-Rはワイドなタイヤを履くべく、リヤフェンダーのサーフィンラインがカットされている。サーフィンラインはボディ剛性を上げるためにスプライン(折り目)を入れるというもので、ハコスカの大きな特徴のひとつ。ほかにも、ウインドウが青の熱線吸収タイプではなく無色透明、リヤウインドウの曇り防止のプリント式熱線がない点もハコスカGT-Rの特徴だ。速さを追求し、余計なモール類や装備を省いて軽量化されている。


ハコスカGT-Rの当時の販売価格は150万円。フルレストア済みで販売されている極上のハコスカGT-Rは、現在の中古車の取引価格もこれを下回ることはない。


現オーナー様は、内外装、エンジン、足まわりをフルレストアし、新品同様の状態で現在保管している。


詳細は以下のコンテンツにてご確認いただきたい。



■外装

ほぼホワイトボディ状態にしてからレストアしたというだけあり、とても40年も前のクルマとは思えないほどピカピカ。やや赤みがかったシルバー色が繊細なプレスラインを引き立たせる。

■内装

現行の前のカタチのワーゲン・ビートルでよく使われるエアコンユニットが装備されており、夏も冬も快適。もちろん、ナビやETCなどの最近の電子機器も装備されており、ノスタルジックな雰囲気を残しつつ、現代に合った機能をバランスよく取り入れている。

■走行フィーリング

R380のエンジンのデチューン版とはいえ、精度の高いオーバーホールを施しているようで、車重の軽さも相まって軽快かつパワフルなドライブを楽しめる。特にフロントについては足まわりがピロボール化されており、スポーティな走りも問題なさそう。3連装のMIKUNI SOLEXキャブレターの吸気音が非常にレーシー。

■総評

PCG10型のハコスカは現在のクルマには見られないボディラインとすさまじいメカニカルノイズによって、最新型のクルマを圧倒するような存在感がある。クルマは単なる移動手段となりつつあるが、日本にパワーのあった時代を、そして日本を代表する歴史的名車の威力をカラダで感じていただきたい。


売約済み



年式

1970年式

走行距離

不明

ミッション

5速MT

車検

検切れ

現在色

シルバー

元色

不明

排気量

1989cc

ハンドル位置

乗車定員

5名

車体寸法

ー×ー×ー(mm)

車両重量

ーkg

駆動方式

FR

使用燃料

レギュラーガソリン

装備

エアコン

燃料タンク容量

100L

車体番号

車両形式

PCG10

入手経路

中古

メーター交換

不明

エアバッグ

無し

修復歴

不明

オーナー数

国内1オーナー

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

検切れのため未払い

リサイクル券

済み

現所在地

埼玉県

保管方法

屋内


タイヤ

DUNLOP LM702 前後195/65/R14 9分山

ホイール

スチール風アルミホイール

ブレ-キパッド

不明(キャリパーはプレジデント用)

ブレ-キロ-タ-

ノーマル

サス仕様

ノーマル

ダンパー

KYBノーマル形状

スプリング

ノーマル

スタビ

ノーマル

クラッチ

ノーマル

ギアレシオ

OH済み

ファイナルギア

R200

LSD

ノーマル

エキマニ

ノーマル

触媒

なし

サイレンサー

ノーマル

プラグ

ノーマル

プラグコ-ド

ウルトラ

ラジエター

ハイプレッシャーキャップ・ワンオフシュラウド

ブッシュ類

全て交換

ドライブシャフト

ノーマル

タワーバー

フロントのみ

アンダーコート

あり

ロールバー

なし

フレーム修復歴

不明

ボディ補強

CUSCO製調整式ピロアッパーマウント

シート

ノーマル

ハーネス

シンプソン4点式

エアロ

ノーマル


消火器

FEV DP 1500R 使用期限:2012年末 点検日:2007年

燃料タンク

ノーマル 100L

メンテナンスガレージ

佐藤コンペティション

エンジンチューン

小山エンジニアリング

補器類・ECU変更

MIKUNIソレックス

競技歴

なし

パーツの状態確認

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

その他:ー

走行時期:ー

点検時期:ー

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:良好

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

アピールポイント

エアコンをはじめ、ETCやナビ・レーダー探知機なども備わっている。フルレストア後から5〜6年経過してるが、熱害もクリアできているので何の心配もなく乗れます。完全街乗り仕様。

気になるポイント


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

日産スカイラインGT-R

昭和45年式のPGC10型ハコスカGT-R。通称「45」と言われる前期モデルで、いまだ多くのスカイラインやGT-Rファンから愛される、日本を代表する名車。

精悍なフロントマスク

精悍でスパルタンな顔つき。グリルにはGT-Rであることを示す赤のエンブレムが付く。ライトはKOITO製が装着されている。

リアビュー

シンプルながらも美しいボディラインを形成するリヤビュー。ブラックホイールがレーシーな印象を与える。リヤフェンダーのカットされたサーフラインがGT-Rの証し。

フロントガラス助手席側にスリキズ

ワイパーで異物を引っかけてしまったと思われるフロントガラスのスリキズ。助手席側に約20cm、ワイパーのラインに沿って付いている。

フロントバンパーのキズ

フロントバンパー下部、左右にそれぞれ複数のキズがある。右側で最大10cm程度、左側で最大5cm程度。

マフラーの熱による焼け

リヤバンパーのマフラー上部側に排気の熱による焼けが確認された。これもレーシーさを醸し出している。

リヤガラス部のモール

リヤのモールに経年劣化のためと思われる若干のキズと浮きを確認。

ドア取り付け部

ボディと各ドアの取り付けはガタツキもなく、非常にしっかりしている。腐食や錆も見られず、とてもキレイな状態が保たれている。

エンジン・トランクルーム

GT-Rの証

このクルマが本物のGT-Rであることを示すプレートがエンジンルーム内に付いている。「PGC10型、機関形式S20」という刻印すら存在感がある。

名機S20が鎮座するエンジンルーム

キズや錆もなく、キレイなエンジンルーム。エンジン本体からオイルの滲みや漏れなどもない模様。ULTRA製プラグコード、ストラットバー、CUSCO調整式ピロアッパーが装着されている。また、ラジエターキャップやバッテリーのターミナルも交換済みだ。

キャブレター

「S20と言えば」のMIKUNI SOLEX 3連キャブを装着。

エキゾーストマニホールド

ステンレス製の等長エキゾーストマニホールド。芸術作品のような美しい造形。

オイルリザーバータンク

ブレーキ、クラッチのオイルリザーバータンクも新品に換えられている。

ボンネット裏側

外観同様、ボンネットの裏側もキレイ。ボディとの取り付け部のガタツキもない。

リヤトランク

最初に目につく大きなガソリンタンク。燃料フィルターも交換済み。スペアタイヤは購入当時の標準品と思われるもの(6.45-14 4プライ)が搭載されている。

タイヤはダンロップのルマンを装着

タイヤは4輪ともにDUNLOPのLe Mans LM702(195/65R14)を装着。約8~9分山でまだまだ使えそう。ホイールは黒のスチール風のアルミ製を装着。リム部の引っ掻きキズも見受けられなかった。

リヤ下まわり

マフラー出口とタイコ部に若干の錆を確認できた。ダンパーはKAYABAの減衰力調整タイプに交換されている。シャフトやアーム類の曲がりなどもなく、デフケースも外観から非常にキレイだ。

インテリア

運転席まわり

オリジナルの状態が保たれた運転席まわり。ウッドパネルが美しい。大型フットレストを装着しているので、スポーティな走りも楽しむことができる。また、快適にドライブするための装備も充実。中央に見えるナビゲーションのモニターはALPINE製。FETのフロアマットも全席に配置されている。

GT-R専用のメーター類

240km/hスケールの速度計、10,000rpmまで刻まれたタコメーターなど、GT-R専用のメーター類を装着。走行距離は57,988kmを指している。

バケットシート

オリジナルのバケットシートは破れやタバコの焦げ跡などはない。運転席にはSIMPSON製シートベルトを装着。

ヘッド部

気にならないレベルの擦れなどはあるものの、破れやほつれなどはなく、年式を考慮すれば保存状態は最高と言えるだろう。

助手席には消火器を装備

FSV DP 1500Rの消火器を助手席下に装着し、万一の緊急時に備える。製造・充填は2007年、使用期限は2012年末。

ETC

高速道路を使うドライブには必需品となったETC(DENSO製)をフロアシフト付近の助手席側に装備。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。