レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

コンディション良好のCIVIC TYPE R




ホンダのライトウェイトスポーツの代名詞、CIVIC TYPE Rである。


ホンダのレーシングスピリットを象徴する「赤バッジ」を奢られたTYPE Rシリーズには、NSX TYPE R、INTEGRA TYPE R、CIVIC TYPE Rと3モデルが存在し、CIVIC TYPE Rはリリース順にEK9型(1997年)、EP3型(2002年。ヨーロッパ生産)、FD2/FN2型(2007年。FN2はCIVIC TYPE R EURO)という3世代が存在する。


EK9は、6代目CIVIC SiR(EK4)をベースにエンジンやサスペンションをチューニングされ、1997年に追加設定されたCIVICシリーズ初のTYPE Rで、登場するやいなやコンパクトスポーツ市場の主役に躍り出て、走り好きのドライバーを中心に大人気となった。


特にEK9を TYPE RたらしめたのはB16B型エンジンである。EK4搭載のB16A型(最高出力170ps/7800rpm、最大トルク16.0kg-m/7300rpm)からさらに高回転志向となり、高速側バルブリフト量アップによるカムプロフィールや進角によるバルブタイミングなどの各種見直し、VTEC切り替わり回転数の高回転化(EK4 5760~6000rpm→EK9 5920~6160rpm)、インテーク側バルブステム細軸化(-0.5mm)による軽量化、高圧縮比化(同10.4→10.8)、エアインテーク径拡大(同φ62mm→φ70mm)、マフラーメインパイプ径拡大(同φ48.6~50.8mm→φ57.2mm)などハードとソフトが徹底的に煮詰められ、最高出力185ps/8200rpm、最大トルク16.3kg-m/7500rpmを発揮した。


また、他のTYPE Rと同じように軽量化に重点が置かれ、車体重量はカタログ値でSiRの1100kgに対し、モータースポーツベース車両で1040kgまでスリム化。内装についても、TYPE R伝統の赤を基調としたインテリアで、専用RECAROシート、MOMOステアリング、チタン製シフトノブを標準装備。外装色は専用色チャンピオンシップホワイトとされた。


モータースポーツの世界では、EK9はワンメイクのシビックレース各シリーズやインターカップに1998年に登場。EK4との混走となった98年こそ、エントラント側の開発やセットアップが熟成されていたEK4に水を空けられていたが、99年はエントラントのEK4からの移行も進み、各陣営の開発も進んで本来のポテンシャルを発揮。EK4を上回るパフォーマンスでシリーズをリードしていった。また、全日本ジムカーナ選手権には1997年の第8戦にデビュー(Aクラス)。このデビュー戦こそ9位に沈んだが、最終戦第9戦に山野哲也が初EK9で出場、いきなり優勝を飾る。翌98年にはほとんどのEG6/EK4ユーザーがEK9に乗り換え、山野が出場6戦全戦優勝でタイトルを獲得した。スーパー耐久シリーズにおいても、98年十勝24時間耐久レースでS耐シリーズ優勝・総合4位(総合優勝はGTクラスのスープラ)など輝かしい実績を残している。


また、EK9はこうした大きなレースの世界に留まらず、軽量・コンパクト・ハイパワーといったベース車両としての高いポテンシャルを武器に、草レースやサーキット走行会、ストリートチューニングなど一般ユーザーの間でも高い人気を博した。EK9のチューニングやエアロパーツなどのカスタマイズパーツの数は、ニッサン・スカイラインGT-Rやシルビアなどと変わらないほどだ。


「走って楽しい」と言われるクルマが少なくなってきている中で、CIVIC TYPE Rのようなクルマはさらに少なく、本車両はコンディション良好の貴重な1台と言えよう。本車両は、カーボンボンネットやリヤまわりの内装剥がしなど軽量化、新品のATSクロスミッションやCUSCO機械式LSDなど駆動系リフレッシュ済みなので、これからスポーツ走行を楽しみたい方、街乗りでもスポーティにという方にはピッタリだ。


オーナー様はジムカーナなどのモータースポーツを楽しもうと思い、コツコツと車両を製作していたところに海外赴任が急遽決まってしまったため、一度も走行することなく、やむなく手放すことにしたようだ。

■外装

タイプRシリーズの専用色であるチャンピオンシップホワイトに、やや使い込まれた感のあるカーボンボンネットというレーシーな外装。

■内装

他のタイプRシリーズ同様に、赤を基調としたシンプル&スポーティな内装。さらに本車両はリヤシートや内装材を除去。さらなる軽量化を施している。

■総評

現状は軽量化を施し、約50万円かけてパワートレイン系をオーバーホールしてあるので、あとはタイミングベルトを交換し、シートとハーネス・タイヤを入れれば即参戦可能という状態だ。キズや凹みもない比較的キレイな状態な上に、ほぼノーマルに近い仕様のため、コンパクトなボディできびきびと走るダイナミックさと、高度なコントローラビリティを両立したEK9の特徴を、リーズナブルな価格で存分に堪能することができる。しかも、本車両は後期型なので高回転寄りのエンジンとなり、VTECのハイカムモードに入ればかなりパンチのある加速を味わえる。モータースポーツをこれから始める方にも、さらなるバージョンアップをしたい方のベース車両としても最適な1台だ。


売約済み





年式

平成11年式(後期型)

走行距離

105000km

ミッション

Hパターン5速ミッション

車検

検切れ

現在色

チャンピオンシップホワイト

元色

排気量

1595cc

ハンドル位置

乗車定員

2名

車体寸法

4180×1695×1360(mm)

車両重量

1080kg

駆動方式

FF

使用燃料

装備

エアコン・ABS

燃料タンク容量

ーL

入手経路

中古

車両形式

EK9

車体番号

エンジン形式

B16B

エンジン番号

メーター交換

なし

エアバッグ

修復歴

あり

オーナー数

不明

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

未納(検切れのため)

リサイクル券

預託済み

現所在地

千葉県

保管方法

屋外



タイヤ

YOKOHAMA ADVAN NEOVA

前:195/55/R/15 後:195/55/R/15

初走行:ー

ホイール

純正

リム径 前:ー 後:ー

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

不明

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

純正ソリッドローター

ブレ-キキャリパ-

純正

サス仕様

ダンパー

純正

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

EXEby Rメタル HC-04 HD06

ギアレシオ

ATS 4速クロス

レシオ:2.9ー2.1ー1.6ー1.3ー0.8(2008年新モジュールタイプ)

ファイナルギア

DC2 R純正

レシオ:4.785

LSD

CUSCO RS 1.5way

エキマニ

社外品

触媒

純正

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

純正

タワーバー

アンダーコート

あり

ロールバー

フレーム修復歴

フロントコアサポートまわり(フレームの歪みはなし)

ボディ補強

シート

純正

ハーネス

純正

エアロ・カウル

消火器

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:ーL

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

補機類・ECU変更

競技歴

なし

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:最近

点検時期:ー

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:ー

ホイール:ー

アピールポイント

現オーナーが2年間所持し、クロスミッションやファイナルギア、LSD、クラッチなどのパワートレインのOH後、走行ほとんどなし。

気になるポイント

タイミングベルト・タイヤ・ドライバーズシートは要交換。


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

タイプRのベース車両

タイプRのシリーズの中で最軽量のEK9シビック・タイプR。外装は特に大きなキズや凹みは確認できなかった。

軽量なカーボンボンネット

ボンネットピンで留められたカーボンボンネット。経年劣化のため、表面のクリア層が剥がれてしまっている点が少々残念ではあるが、機能的には問題はない。フロントまわりの軽量化にひと役買っている。

四つ角もきれいなまま

バンパーのコーナーもスリ傷や凹みもなくキレイな状態。

真横のフォルム

リヤサイド下に貼られていたタイプRのステッカーは除去されている。

フロントセクションを俯瞰

やや上部から俯瞰したフロントセクション。白と黒の外装と赤い内装の組み合わせがレーシー。

リヤセクション

リヤセクションには、ルーフに設置された純正リヤウイングが目につく。

ボンネットピン

軽量ボンネットのため、ボンネットピンが装着されているが、盗難防止のため、純正のボンネットリリースは残してある。

憧れの赤バッヂ

タイプRだけに与えられるホンダの赤バッヂ。経年劣化のため、やや色褪せているが交換は容易だ。

タイプR専用ホイール

ホイールも専用色チャンピオンシップホワイトを採用。タイヤは交換時期だ。

左リヤホイールアーチのサビ

左のリヤのホイールアーチに5cm程度のサビが確認できた。まだ腐ってはいないので簡単な処置で改善できる。

フロントからの下まわりの眺め

フロントからの下まわり。特に大きなヒット跡や腐食部分も見当たらない。

リヤからの下まわりの眺め

リヤから下まわりを眺めても、フロント同様に大きなヒット跡や腐食部分は見当たらない。

エンジン・トランクルーム

当時最高峰のタイプRエンジン

長年モータースポーツに挑み続けてきたホンダならではの高出力化技術を採用することで、SiRの1600ccDOHC VTECエンジンをもとに、吸排気系の徹底したチューニングと圧縮比をアップ。NAエンジンでは当時世界最高峰の116ps/Lを発揮。185ps/8200rpm、16.3kgm/7500rpmを誇り、リニアなアクセルレスポンス、EK9後期型特有の高回転寄りの痛快なパワー感を実現させた。

赤いヘッドカバーがタイプR

赤い結晶塗装のヘッドカバーがタイプRの証。耐熱バンテージが巻かれたエグゾーストマニフォールドがレーシー。

ダイレクトエアクリーナー装備

メーカーは不明だが、効率の良さそうなダイレクトタイプのエアクリーナーが装備されている。

リヤハッチ内は軽量化

リヤまわりはいさぎよくシートもカーペットも除去し、軽量化を施している。

インテリア

特別感を煽るインテリア

赤いカーペットが特別感を煽るインテリア。運転席のバケットシートは仮付けしたものなので、自分の体型に合ったシートを用意しよう。

メーターまわり

シンプル&カーボン調のレーシーなメーターまわり。走行距離は多めだが、エンジンの調子はタイプRらしく軽快だ。

センターコンソール部分

センターコンソールには、オーディオやナビなどが入る部分はフタがされており、走りに特化した装備となっている。ただし、エアコンは残されており、効きもいい。

専用設計のABCペダル

タイプRモデルはABCペダルまでも専用設計されており、ブレーキペダルの剛性感を高めた他、踏み込んだ場合のアクセルとの段差を低減。さらにアクセルペダル側へ寄せることで、通常走行時からサーキット走行時まで、ヒール&トゥのアクセル操作を容易にしてある。

ドアの内張りも問題なし

特に浮きやほつれのないドア内張り。

真っ赤な純正レカロ

助手席側のシートはタイプR専用のセミバケットタイプの真っ赤なレカロシートが備わる。

高剛性のテールゲートまわり

テールゲートまわりの板厚をきめ細かくチューニングし、特にリヤの剛性を大幅に強化。これにより、エキサイティングな走りを実現する高いボディ剛性を獲得している。

ルーフの内張り

ルーフの内張りには、垂れやシミなどもなく、キレイな状態だ。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。