レーシングカー・スポーツカー・希少車・限定車の個人売買仲介サービス【イオタガレージ】

 

元GT300チャンピオンカー登場!




ポルシェ 996型 911GT3R である


1997年に996型が発表され、伝統の空冷エンジンが水冷化されたのは、当時大きなトピックとなった。


当初はティアドロップといわれるフロントフェイスや大きくなったボディが不評だったが、性能自体は993型に比べ大幅に向上した。


中でもGT3Rに至っては、レースに勝つためのレーシングカーとして「走る・曲がる・止まる」という一連の動作が高次元でバランスされたパッケージングでPORSCHE MOTORSPORT より販売され、世界中のレースシーンで数々の好成績を収める。


特にル・マンにおいては、デビューした2000年から2005年までは“無敵”といわれた速さと耐久性に優れたベストな1台だったといえよう。


また、プライベーターとしてレースに参戦するエントラントにも好評で、工場出荷後、油脂類の充填・補給と若干の調整でエントリーできてしまうという即戦力性とトータルコストの低さが魅力だった。


そんなGT3Rだが、この度売りたし車両として登場する運びとなった車両を紹介しよう。


本車両は、2000年に行われた全日本GT選手権にて出走していた「Shell TAISAN ADVAN GT3R」で、年間チャンピオンを獲得した実車そのものである。

  • ■MOTEGI GT CHAMPION RACE Round1:GT300クラス1位(松田秀士・福山英朗)
  • ■ALL JAPAN FUJI GT RACE Round2:GT300クラス1位(松田秀士・福山英朗)
  • ■SUGO GT CHAMPIONSHIP Round3:GT300クラス9位(福山英朗・水野文則)
  • ■JAPAN GT FESTIVAL in MALAYSIA:GT300クラス5位(福山英朗・D.マラガムワ)
  • ■JAPAN SPECIAL GT CUP Round4:GT300クラス7位(松田秀士・福山英朗)
  • ■GT CHAMPIONSHIP in TI Round5:GT300クラス7位(松田秀士・福山英朗)
  • ■CP MINE GT RACE Round6:GT300クラス1位(松田秀士・福山英朗)
  • ■SUZUKA GT 300km Round7:GT300クラス2位(松田秀士・福山英朗)

その後、現オーナーの元に渡った後は、PCJ CUPやポルシェGT3 Cup Challrengeなどのレースに参戦、数々の好成績を収めている。


もちろん、メンテナンスはきっちり行なわれており、エンジンは2002年後期型の3.6L軽量バージョンをオーバーホール、ミッションやデフ・ドライブシャフトもオーバーホールし、いずれもその後わずかしか走行はされていない。もちろん、これまでフレームまで至るようなクラッシュ歴もない極上の個体だ。


今回、オーナー様は新たな車両へのバージョンアップのため、出品することとなった。


ピックアップの良いフラットシックスと軽量ボディによってもたらされる至高のハイパフォーマンスを味わってほしい。





■外装

ポルシェの人気色であるホワイトの外装は、目立つようなキズや凹みもなく、総じてキレイに保たれている。イエローのヘッドライトカバーをアクセントに、大きく張り出したオーバーフェンダー、高くそびえ立つリヤウイング、地を這うような低い車高がとってもレーシーかつカッコイイ。

■内装

張り巡らされたロールケージや、鉄板むき出しのフロアはレーシングカーたる内装の眺めではあるが、GT3R専用に配されたメーター類やスイッチ類、ヘッド部分まで覆われたフルバケットシートがレーシングポルシェを操っているという特別感を煽る。

■総評

不人気モデルとして一般市場価格でも低めに設定されていることが多い996モデルだが、ことGT3Rともなるとティアドロップだろうが水冷エンジンだろうが、文句をつけようがないほどにスタイリッシュだ。まさに速いクルマはカッコイイという言葉はこのクルマにあるようなもの。しかも年間チャンピオン経験もある程度極上の由緒正しき現役参戦マシンで、世界的にも超希少なモデルである。ポルシェファンならずとも、モータースポーツフリークやスーパーカーコレクターなど、間違いなく購入リストから外すことができない1台だ。


売約済み





年式

2000年式

走行距離

ミッション

6速マニュアルトランスミッション

車検

現在色

ホワイト

元色

排気量

3598cc

ハンドル位置

乗車定員

1名

車体寸法

ー×ー×ー(mm)

車両重量

1100kg

駆動方式

RR

使用燃料

装備

なし

燃料タンク容量

100L

入手経路

車両形式

996

車体番号

エンジン形式

エンジン番号

メーター交換

エアバッグ

修復歴

なし

オーナー数

不明

記録簿

なし

取扱説明書

なし

自動車税

リサイクル券

現所在地

静岡県

保管方法

屋内



タイヤ

DUNLOP スリック

前:250/640/R/18 後:290/675/R/18

初走行:ー

ホイール

BBS

リム径 前:10J×18 後:11J×18

オフセット 前:ー 後:ー

ブレ-キパッド

純正

残厚 前:ーmm 後:ーmm

ブレ-キロ-タ-

純正

ブレ-キキャリパ-

純正ブレンボ

サス仕様

ダンパー

純正

ネジ式スプリングダンパーユニット

スプリング

純正

バネレート:前:ーlbs/inch 後:ーlbs/inch

自由長:前:ーinch 後:ーinch

スタビ

純正

パイプ径 前:φーmm 後:φーmm

クラッチ

純正

ギアレシオ

純正

レシオ:カップカー仕様

ファイナルギア

純正

レシオ:4.0

LSD

ATSカーボンデフ

エキマニ

純正

触媒

サイレンサー

純正

プラグ

純正

プラグコ-ド

純正

ラジエター

純正

ブッシュ類

サス:純正

エンジン:純正

デフ:純正

ミッション:純正

ドライブシャフト

タワーバー

アンダーコート

ワンオフ

ロールバー

ワンオフ8点 ボルト止め

フレーム修復歴

なし

ボディ補強

シート

BRIDEフルバケット

ハーネス

TAKATA 6点式

エアロ・カウル

純正

消火器

FEV

使用期限:ー

点検検査日:ー

燃料タンク

容量:ーL

使用期限:ー

メンテガレ-ジ



エンジンチューン

2002年式後期3.6L軽量バージョンに換装

補機類・ECU変更

競技歴

2000年全日本GT選手権年間チャンピオン

PCJ CUP参戦

ポルシェGT3 Cup Challrenge参戦

パーツの状態確認

エンジン:良好

ミッション良好

シャーシ良好

電装系良好

その他良好

走行時期:数ヶ月前

点検時期:走行毎

スペアパーツ

エンジン:ー

ミッション:ー

シャーシ:ー

電装系:ー

タイヤ:合計3セット

ホイール合計3セット

アピールポイント

2000年の全日本GT選手権に出走した No.26の「Shell TAISAN ADVAN GT3R」でGT300クラスにおいてシリーズチャンピオンを獲得した実車そのもの。

【2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP】

MOTEGI GT CHAMPION RACE Round1:GT300クラス1位(松田秀士・福山英朗)

ALL JAPAN FUJI GT RACE Round2:GT300クラス1位(松田秀士・福山英朗)

SUGO GT CHAMPIONSHIP Round3:GT300クラス9位(福山英朗・水野文則)

JAPAN GT FESTIVAL in MALAYSIA:GT300クラス5位(福山英朗・D.マラガムワ)

JAPAN SPECIAL GT CUP Round4:GT300クラス7位(松田秀士・福山英朗)

GT CHAMPIONSHIP in TI Round5:GT300クラス7位(松田秀士・福山英朗)

CP MINE GT RACE Round6:GT300クラス1位(松田秀士・福山英朗)

SUZUKA GT 300km Round7:GT300クラス2位(松田秀士・福山英朗)


エンジンは2002年後期型の3.6L軽量バージョンをオーバーホール済み。

ミッション・ドライブシャフトもオーバーホール済みで、いずれもその後の走行わずか。

デフはATS製にカーボンタイプに交換済み。

クラッシュ歴もない極上車両。

気になるポイント

本格的にレースにシリーズ参戦するのであれば、エンジンやドライブシャフトは交換かオーバーホールを推奨。


※写真を クリックすると拡大します(元に戻す場合もクリック)。


エクステリア

現役のレーシングポルシェ登場!

今年もGT3チャレンジカップなどにエントリーしていた本車両。現役なだけに迫力がひしひしと伝わってくる。それでいて大きなキズや凹みもなく、極めてキレイな外装だ。

シンボリックなフロントフェイス

「ティアドロップ」と例えられた996型のフロントフェイスは当初は不評だったが、GT3Rに至っては黄色のライトカバーがとってもレーシーで、逆に独特のオーラを醸し出している。

ボリューム感あふれるリヤセクション

リヤセクションは、ポルシェ独特のリヤフェンダー付近の“ボリューミー”な膨らみが特徴だが、GT3Rになるとオーバーフェンダーが装着され、さらに強調されるようなカタチでフレアしている。

おなじみのサイドフォルム

サイドから眺めると、圧倒的に低い車高のGT3Rでもおなじみの911のフォルムを確認することができる。

ド迫力のリヤウイング

真後ろへまわると、大型のリヤウイングがそびえ立つ。頑丈そうな極太のステーでしっかり固定されている。

プレーンなルーフ

ひと昔前のレーシングカーにあったような無線用の大きめの穴もなく、フラットでプレーンできれいなルーフだ。

特徴的なヘッドライト

996型の象徴的なアイテムとして、このヘッドライトがよく取り上げられるが、GT3Rについては黄味ががったライトカバーが装着されており、逆にレーシーな装いだ。

ボンネット上に給油口

スピーディに燃料を供給できる給油口がフロントに備わる。

フロントのエアダクト

フロントバンパーのセンター部分にあるエアダクトには、網状のものが張られ、異物の侵入を防いでいる。

フロントサイドのエアダクト

同じくフロントバンパーの両サイドには、オイルクーラー用のエアダクトがカナードとセットになって備わっている。

ミニマムなサイドミラー

完全にレース専用のミニマムなサイドミラー

キルスイッチも装備

当然だが、フロントの右奥部分にキルスイッチも備わる。

リヤフード

リヤウイングと一体型になっているリヤフードを開けるとエンジンが収まっている。ピンで留まっており、フード全体が外れるようになっている。

リヤウイングのステー部分

鉈のように鋭利で太いステー部分には角度調整ができるように穴が開けてあるのが確認できる。

BBS&DUNLOPスリックタイヤ付属

フットワークには、軽量・高剛性のセンターロック式のBBSホイールと、ダンロップ製のスリックタイヤが収まる。ゴールドの大型ブレンボキャリパーも大迫力だ。

リヤからの下まわりの眺め

リヤから下まわりを眺めると、中空の太いメンバーがまず目に入る。奥を見渡しても特に大きなヒット跡やオイル漏れなどもなく、極めてよく整備された個体であることが確認できる。

エンジン・トランクルーム

極上のパワーユニット

リストラクターが目に飛び込んでくるエンジンルーム。本車両は2002年後期型の3.6L軽量バージョンのエンジンに換装され、さらにオーバーホール済みの極上状態のパワーユニットだ。

フロントトランク内

通常トランクルームとなるフロントフード内は、燃料タンクをはじめ、ブレーキサーボやバッテリーなどが適切な重量配分になるように設置されている。また、フロントフードはカーボン製で超軽量に作られている。

インテリア

選ばれしドライバーのコクピット

市販車のポルシェも男くさいコクピットとはよく言われるが、本車両については、戦闘機のように機能的に配されたスイッチや、センターに配されたSTACKメーターが、選ばれたドライバーのみに与えられた特別な空間であることを意識させられる。

センターコンソール部分

センターコンソール部分は、イグニッションやファン、ライトなどの電装系のスイッチが並ぶ。左にはティルトンのブレーキバランサーが備わる。

Hパターン6速ミッション

ミッションは市販車と同様のHパターンの6速ミッションが与えられている。

機能的なABCペダル

確実な操作と踏ん張りがきくように滑り止め加工されたブレーキペダルやフットレスト、アルミ製のアクセルペダルが装備される。

カーボンドア&アクリルウインドウ

ドアの内張りはカーボン製、ウインドウはアクリル製に交換され、軽量化されている。

BRIDE&TAKATA

シートはBRIDEのフルバケット。TAKATAの6点式ハーネスが付く。

ここは空冷

外気導入のためのダクト。ここはトップカテゴリーのレーシングカーと変わらない。

助手席側からの眺め

助手席側にシートはなく、消火器やバラストなどの重量物がバランスよく配される。

消火器も当然装備

いざという時のための消火設備も当然備わっている。

強固な補強

ロールケージは溶接。元GTカーらしく、強固な補強が施されている。


以上の掲載内容は、弊社が編集・制作したものです。ナンバープレートや車体番号など、個人を特定できるような被写体や情報は意図的に伏せてあります。また、整備履歴、修復歴などに関しては、弊社で裏付けを取ったものではありません。また、本サイトに記されてる走行距離は、成約時には多少伸びております。あらかじめご了承ください。